円満退社するために退職の意思を伝える正しい時期・時間帯

退職の意思を伝える場合には、その内容もさることながら伝える時期や時間帯、つまりタイミングというものがとても大切になってきます。退職する場合には退職の意思を伝える時期や時間帯に気を遣い、円満な退職を目指すことは勤務先への礼儀でもあり、何より退職する皆さん自身のためでもあります。では退職の意思を伝えるにはどのような時期や時間帯が望ましいのか、その考え方も含めて指南致します。


①退職の意思を伝える上で避けた方が良い時期とは

まずは、退職の意思を伝える上で望ましくない、避けるべき時期から考えることにしましょう。退職の意思を伝える時期を考える上で、最も優先して考えなければならないことは「勤務している会社の状況」です。

会社には、程度の違いはありますが、繁忙な時期と比較的それ程でもない時期にだいたい区分できますが、退職する時期として繁忙期を避けるのは当然ですが、「退職の意思を伝える時期」もそうした繁忙期はできるだけ避けた方が良いと言えます。

なぜなら職場全体が慌しい中退職の意思を告げられたとしたら、告げられる側に心のゆとりがなく迷惑に思われてしまう可能性が高まると共に、引き継ぎに向けた準備等への柔軟な対応も検討しにくい時期でもあるからです。

また、そうした繁忙期とそうでない時期がはっきりしないといった場合には、一般論となりますが「年末年始」や「夏季や冬季の長期休暇直前」「会社の決算前」といった時期はどのような会社も慌しくなりますし、避けた方が良いと言えます。一ヶ月の中で考えたときは月末付近よりも月初に伝えるほうが良いでしょう。


②退職の意思を伝える上で望ましい時期とは

①でご紹介した望ましくない時期を避けた上で、ではどのような時期が望ましいかと言えば、以下の2点を踏まえることが必要だと言えます。

・会社の就業規則と照合して規則に抵触しない時期
・業務の引継ぎを行う上で余裕があると考えられる時期

民法上退職の意思は2週間前に明示すれば雇用契約を解除することは出来ますが、仮に就業規則において1ヶ月前までに退職の意思を表示するよう求められているなら、その規則に従って1ヶ月以上前までに意思を伝える必要があります。

また、業務の引継ぎにおいては仕事内容や職場の組織体制等によっても多少異なりますが、一般的には2ヶ月から3ヶ月程度が余裕を持った引継ぎ期間の目安と言えますので、そのぐらいの期間的余裕を持った上で退職の意思を伝えることが適切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自己PRで飲食店バイト経験をアピールするコツ【例文付き】

    飲食店でのアルバイト経験を自己PRで伝える場合、どのようなポイントやコツがあるか就活生の皆さんはおわ…
  2. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法

    人とのコミュニケーションは、人間関係を構築するための基本的な能力。相手との距離感や状況を理解して、適…
  3. ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業で行われている実態の一つとして聞かれるようになった「自爆営業」。精神的な苦痛に加えて、経…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  2. 既卒者の就活は新卒者の就活より不利である・・・就活においてこのことは常識のように言われています。しか…
  3. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
  4. 営業にとって「新規開拓」がとても重要であることは改めて言うまでもありません。しかしながら、大変難度が…
  5. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
  6. 就活は最終的には学生個々の資質や人間性、能力が評価されて採用に至りますが、一般的な傾向として体育会系…
ページ上部へ戻る