会社の上司に入籍報告をするタイミングと注意点

社会人として入籍や結婚の報告を行うにはタイミングとマナーがあり、これを守らないと大変失礼に当たることがあります。結婚は個人で行うものであっても、入籍や結婚によって職場へ与える影響があるため、必ず事前に報告をする必要があります。男性の場合は仕事を続ける場合が多いため、まだ影響は少ないのですが、女性は寿退社なども考えられるため、影響が大きくなる可能性もあるでしょう。また、会社には手続きなどをする必要も出てくるため、早めに報告することを心がけましょう。これ以外にも上司や会社に入籍報告をするタイミングとその注意点について紹介していきます。


会社で入籍報告をする場合の注意点

入籍報告のタイミング会社で入籍の報告をする場合、まずは直属の上司に報告することが大切です。報告の時期としては挙式の3〜4か月前で、挙式や披露宴を家族で行うのか、多くの方に出席してもらうのかなど、簡単に予定も伝えると良いでしょう。

また上司によっては報告の場を設けてくれる場合もあるため、同僚に向けてはその場を借りて報告しても良いです。次に会社で報告をする場合、先輩に報告し、同僚は最後に報告する方が良いでしょう。また女性が上司に報告する場合は、今後の予定、たとえば退社をして家庭に入るのか、このまま仕事を続けるのかなども合わせて報告することで、会社にかける迷惑を減らすことができます。


ケースバイケースの報告の仕方

もしも自分が派遣社員として働いている場合、会社の上司ではなく、まずは雇用主である派遣会社へ報告をすることが大切です。派遣の登録の変更手続きなどが必要な場合もあるためで、上司への報告はそのあとにするようにしましょう。その上で今後の働き方をどのようにするのか希望を伝えるとわかりやすくなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業ができる人とできない人の3つの違い

    営業マンの評価は「営業成績」で決まるといっても過言ではありません。 そのため、営業の世界は…
  2. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    営業の本質的な役割は、顧客が抱える悩みを解決すること。 今では常識的なこの考えも、これまでの営業の…
  3. 謙虚な人の6つの特徴

    謙虚な人の6つの特徴

    社会人に求められる能力のひとつである「謙虚さ」。この能力はもともとの性格的要素が強く、新たに身につけ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  2. ボーナスの使い道は会社員の人生設計においてとても重大なことであり、また悩ましいテーマでもあります。そ…
  3. 「エビデンス」という言葉の意味や使い方について説明を求められた場合、皆さんは正確に説明できる自信はあ…
  4. 就活生向けに企業が行っている「会社説明会」に参加することで、その会社はどんな会社なのか、事業は何をや…
  5. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  6. 取引先を怒らせた営業マンの失敗談と4つの対処法
    「自身のミスが原因で取引先に迷惑をかけてしまった」 「激怒した取引先から本社に大クレームが…
ページ上部へ戻る