社会人の収入から考える家賃の目安

どのくらいの収入ならどのくらいの家賃を払うのが妥当なのか、このことを考える上でまず念頭におくべきは自分の「収入」がどのくらいあるのかという事です。家賃は収入と密接な関係にあり、収入がどれくらいなのかは目安を大きく左右します。

一般的な家賃相場に関しては「社会人の年収別家賃相場」こちらの記事でもお話してきましたが、ここではどのくらいの家賃の家に住むべきかの目安を、収入の面から考えてみたいと思います。収入が少ないのに家賃の高いところに住んでしまうと、生活費などに負担がかかります。どのくらいの家賃であれば適正な金額なのか、ご自身の収入と照らし合わせながらお読み下さい。


家賃の目安は収入の25%

収入から考える家賃の目安は、「収入の25%あたり」と言われることが一般的には多いようです。例えば月収30万円の人であれば7.5万円、40万円の人であれば10万円、といった感じになりますが、無理のない生活を送るためにはこれくらいの比率であることが理想的だと言われています。

ただやはり現実には目安通りの範囲でいかないケースが多く、特に所帯を持つ人などの場合どうしてもこうした理想の比率を越えてしまうことも多くなります。例えば月収20万円の場合ですと5万円ぐらいの家賃が目安となりますが、家族構成として人数が多い場合5万円では手狭になってしまい快適な暮らしにはほど遠くなるかもしれません。このように、月収の低い人の場合どうしても目安を越えた家賃を払っていることが現実にあり、理想通りにはいかないことも多くあります。


収入に応じて目安は柔軟に考えること

このように収入が低くなればなるほど目安と現実とがかけ離れてしまう事もありますので、あくまでも目安は目安として柔軟に考える必要があります。ただ1つの指標として知っておくことは重要で、いくら家族の人数が多いからと言って生活に影響がでる家賃を払う選択をしてしまうことは本末転倒です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    役職を与えられるなどによって社内での立場が変われば、仕事で果たすべき役割も当然変わります。これまでは…
  2. 無責任な上司に仕事を丸投げされたときの対処法

    上司に仕事を丸投げされたときの対処法

    仕事をしない無責任な上司は、苦手な業務や面倒な仕事を、平気で部下に丸投げします。部下に対して、適切に…
  3. ルート営業で成功するための必要なスキル・工夫・コツ

    サービスの質や料金を基準として、取引先の見直しがシビアに行われる昨今、これまでのルート営業に有りがち…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  2. 就業時間が過ぎ、自分の仕事も全て終わったので帰ろうとしたところ、上司も先輩も忙しそうにしており帰りそ…
  3. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
  4. 営業マンにとって大事な数字、「営業成績」。売上が悪い月などはノルマが達成出来ず気が重くなることもしば…
  5. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
  6. 忙しい人に話しかける9つのコツ・タイミング
    相手が忙しい時に話しかけてしまい、見るからに嫌そうな顔をした。一体どのタイミングで声をかければ良いの…
ページ上部へ戻る