会社を辞めて後悔する4つのこと

会社を辞めて転職した結果、自分の理想を手に入れる人と会社を辞めたこと自体を後悔する人の差は、やり直しがきかない人生の中ではとても大きいものになってしまいます。会社を辞めたいと思っているあなたに、その選択が間違っていないか、もう一度考え直して頂きたいと思います。

今回は「会社を辞めて後悔した」と皆さんがならないためにも、どのような項目に注意すべきかご紹介して参ります。

会社を辞めて後悔する人の4つの特徴

会社を辞めて後悔する人の4つの特徴会社を辞めて「後悔すること」の大小は人によっても異なってきます。そこで会社を辞めて特に後悔しやすい人の特徴を確認してみることにしましょう。

1.今の会社から逃げ出すことで頭がいっぱいになっている

今働いている会社のノルマや職場の人間関係が辛くてプレッシャーを感じ、現職を辞めることばかりに気を取られてしまっている人は要注意。ここで辞めてしまうと、次の会社でも嫌なことがあったら「辞める」という選択しか頭の中にない状態になってしまいます。

せめて転職先が自分の求める条件をクリアしているか調べたり、少しでもステップアップできる環境を探しましょう。退職後のキャリアプランがない人は会社を辞めて後悔する典型的なタイプです。

2.ネームバリューやブランドだけで憧れを抱いている

仕事内容などお構いなしに、社名やブランド力だけで他社に憧れを抱いてしまい、その会社に転職することだけがパラダイスのように感じてしまっている人も、辞めて後悔しやすいタイプです。

大事なことは自分が会社のために貢献できることはなにか、やりたい仕事はどんな業務か明確にすること。浮ついた気持ちを理由に転職しても、面接官にあなたの熱意や気概は伝わりません。

3.仕事の本質を理解していない

仕事の本質的を理解せず、ただ仕事に対して「キツイ」「嫌だ」「面倒だ」などの感情で会社を辞めてしまう人はどこへ転職しても後悔することになります。楽なだけの仕事など在り得ないのに、どこかにそんな仕事があると思い込んでいるピーターパンタイプの方が該当します。

仕事の楽しさ・やりがいは苦労や責任の大きさに比例します。一度、脇目も振らずに仕事に没頭してみましょう。見える世界が変わります。

4.自分の判断ではなく、他者の考えに従って辞める

色々悩んだ末、それでも自分自身が納得して仕事を辞めたのなら後悔する可能性も減りますが、他人のアドバイスを頼りに、自分でほとんど考えることなく会社を辞める人は必ずといって良いほど後悔します。信念なき意思決定は、後悔という形ではあなたに返ってきます。

会社を辞めて後悔する4つのこと

会社を辞めて後悔すること会社を辞めて後悔することは一つだとは限りません。ではどのようなことを後悔するのか、後悔する内容を紹介しましょう。

1.前職との人間関係が希薄になる

会社を辞めてしまえば、毎日のように親しく顔を合わせていた職場の同僚や上司と接する機会がなくなるため、前職との人間関係は一気に希薄になります。こちらが親しくしたいと考えても、働いていた時のような関係を取り戻すことはほぼ無理になってきます。

2.転職が実現しない限り社会的な孤立感を味わう

辞める際は「一刻も早く会社を辞めて自由を満喫したい」といった思いで一杯だったのに、いざ辞めて自由な身になった途端に襲ってくるのが社会的孤立感や孤独感です。怒鳴る上司もいなければ、そりが合わない同僚にも悩まされることもありません。しかし、嫌な職場であってもその職場を通じて自分が社会と繋がっていたことは辞めた後、身にしみて分かります。その接点を失えば、社会とのつながりがなくなってしまうため猛烈な孤独感を味わうことになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事がつまらない7つの原因とその対処法

    入社当初は、仕事を覚える楽しさや新しいことに挑戦する刺激を感じていたのに、時が経てば仕事に対する情熱…
  2. 自分の糧にできる嫌いな上司との付き合い方7選

    仕事をしていると、職場内で嫌いな人や苦手な人が1人や2人はいるものです。そして、そんな嫌いな人に限っ…
  3. 【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    役職を与えられるなどによって社内での立場が変われば、仕事で果たすべき役割も当然変わります。これまでは…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. お世話になった上司が職場を去る場合、新たな人生の門出を祝う意味とこれまでの感謝の意味を込めてできるだ…
  2. 書類選考という第一関門を突破する上で、履歴書の出来栄えがいかに大切であるかは改めて申し上げるまでもな…
  3. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
  4. 就活生向けに企業が行っている「会社説明会」に参加することで、その会社はどんな会社なのか、事業は何をや…
  5. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
  6. 転職を果たした場合、比較的まれなケースながら履歴書に記載した学歴を証明するために卒業証明書が必要とさ…
ページ上部へ戻る