リフレッシュできない人が有意義な休日を過ごす方法【実体験】

リフレッシュできない人が有意義な休日を過ごす方法【実体験】

社会人にとって休日の過ごし方はとても大切です。多くのビジネスマンが一週間のうち、5~6日間働き、残りの1~2日が休日だと思いますが、リフレッシュできずに出勤日を迎えてしまうと体が重く、やる気も起きないまま仕事に向き合わねばなりません。

どうすれば有意義に週末を過ごせるのか、これは非常に難しい問題です。私も非常に悩んでいた頃がありました。私は前職時代、転勤族でした。縁もゆかりもない土地への配属を命じられ、友人は誰一人いないなか、なんとか有意義に週末を過ごしてストレスを発散しないといけない環境下にいました。

職場の若手(30歳未満)はわたし一人で、上司や先輩は既婚者だったため、週末は誘いにくく、また私に彼女もいなかったので、配属当初はせっかくの週末を無駄に過ごしてしまっていたのです。その地に慣れてきた頃には次の勤務地への異動を命じられたりと、いろいろな地域を転々としていました。

それはそれで面白い、羨ましいと思う人もいるかもしれませんが、私にとっては苦痛以外の何物でもありませんでした。最初の頃は一人で外出するにも寂しくなり、常に携帯電話で大学時代や地元の友人と話している、淋しい週末。

なんでこんな会社に就職したんだろう、そもそもここまで仕事に熱を入れる必要はないんじゃないかと、ジレンマに陥ったりしていましたが、だんだん仕事のモチベーションにもそのマイナスな気持ちが影響していき、これは何とかしないといけない!と強く思い始め、自分なりに有意義な休日を過ごしてリフレッシュする方法を模索していました。

ここでは、私がリフレッシュするために試したことや、是非実践してほしいことをご紹介していきます。あなたが価値ある週末を過ごせるようお伝えするので参考にしてくださいね。

休日は必ず事前に予定を入れておこう

今週末、来週末の予定はすでに埋まっていますか?わたしの経験則からいって、休日にリフレッシュできない人、週明けの仕事で気持ちの切り替えができていない人のほとんどは、休みの日の予定を立てていません。休みの日の午前中に「今日は何をしようかな~」と考え、午後の遅い時間に出かけたりします。これはまだマシな方で、なかには何をしようか考えている間に夜になり、そのままその日が終わるパターンです。

ダラダラして過ごすのが悪いと言っているのではありません。過ごし方を事前に決めていないことが原因なのです。私も、以前使っていたスケジュール帳を開けると、週末の予定は真っ白でした。無計画であるが故に、結局なにも行動せずに終わってしまうのです。週明けに重たい気持ちで仕事と向き合わなければならなかったのです。まずはこの段階から脱出することが重要。あなたにも思い当たる節があるのであれば、そこを変えることを意識するのが先決でしょう。

あなたから動かなければいつまで経ってもリフレッシュできない

あなたには興味や関心があることはありますか?多分、どんなに少ない人でも一つくらいはあるはずです。私は人見知りではありませんが、自ら興味や関心のあることに飛び込んでいく勇気はありませんでした。

しかし、それでは結局何も変わらないし、そもそもスケジュールを埋めることなど到底不可能だと思いました。また、興味ある事に触れることで、日々の生活が豊かになるのだろうとも思いました。そこで、週末は無理してでも予定を入れることにこだわりました。

マンネリをどうにかしたい、楽しくない今の生活を変えたいと思ったら、あなたが動くしかありません。周りから誘われるのを待っていてはいけません。

有意義な過ごし方は人それぞれ

先に注意事項をお伝えしておくと、人によってリフレッシュの方法は違います。A君はジムで体を動かすことでストレスを発散でき、リフレッシュできたと考える一方で、B君は家でコーヒーを飲みながら読書を楽しむことが一番のリフレッシュ方法だと考えるかもしれません。

つまり、あなたの仕事や生活環境、これまでの習慣によって、有意義だと感じるかどうかは大きく変わります。

例えば、あなたの今の仕事がデスクワーク中心なら、体を動かすことによってストレスが発散できる可能性が高いでしょう。また、体力仕事ならマッサージや整体、温泉施設に行くと心身ともにリラックスできると思います。学生時代に運動部に所属していた人なら、社会人が集まるミニクラブなどで汗を流すのもリフレッシュする効果的な方法のひとつ。

興味のないことや楽しいと思えないことにチャレンジしても、はっきりいって辛いだけ。リフレッシュなんてできません。

ここから先は、私が実際にやってみたことを中心にご紹介しますが、大事なことは何をやるかよりも、なぜそれをやるのかということ。それを見出しに記載しています。そのなかであなたが本当に自分がやってみたいことか考えて読み進めてもらえると、きっと行動した先に、充実した休日を手に入れることができるでしょう。あなたがちょっとでも興味を持ったことがあれば挑戦してみてくださいね。

1.健康的なカラダ作りに挑戦する

私は社会人になってから運動不足と暴飲暴食が災いして典型的なメタボ体型になっていました。営業職ではあったものの、車移動が中心だったことから体を動かす機会がなく、筋力も衰えていました。自分が学生時代、奇しくもこんなサラリーマンにはなりたくないと思っていた、そのままの人物になってしまっていたのです。

運動系のサークルも入っていないし、ランニングしてダイエットするのも面倒だと思っていたのですが、自分への金銭的な負荷をかけることにより継続するのではと思い、近くにあるコナミスポーツに入会しました。

それをキッカケに、健康面に気を遣うようになったのはもちろん、リフレッシュできるようにもなったので健康に関する週末の過ごし方をご紹介します。

1-1.スポーツジムに通う

ジムに通う最初の頃の目的は、筋トレとダイエットでした。ランニングマシンや筋トレ器具を使って体を鍛えるのは辛いイメージを持っており、正直なところ、「楽しい」よりも「しんどい」という気持ちのほうが強かったです。

私が通っていたコナミスポーツでは、ダンスやエクササイズなどのスタジオがあり、そこでボディコンバットというボクシングを用いたエクササイズがあったのですが、これが非常に楽しく、毎週通っていました(終わったあとは全身筋肉痛でめちゃくちゃ疲れます)。

そこから脚力がついてきて、ランニングマシンも苦痛を感じなくなり、今ではほぼ毎週通っています。

あとは水泳。プールの設備もあったのでジムに行ったら必ず泳いでいます。水にはリラックス効果があるといわれていますが、自分も気持ちが良いので毎回泳ぐようにしています。

1-2.料理に挑戦する

私はおいしいものが大好きです。外出先でランチするときも、食べログをチェックして美味しそうな料理を探して行ったりしていました。料理ができる男はかっこいいイメージもあったのでやってみようと決心し、毎週末、レシピを見ながら作っていました。

ジムに通っていたことから健康的な食事を摂への意識が高まっていましたし、自炊すると節約にもなっていたので一石二鳥。料理も作り方が分からないうちは面倒だし外食のほうが手軽だと思っていましたが、自分で作ることによって、お店で食事したときに「どんな調味料が入っているのかな」などと考えたりするようになりました。今となっては蕎麦を打ったり、ときにはラーメンを材料から作ったりしています。

2.新しい出会いを探す

私にとっての一番のテーマは「出会い」でした。近くに気の合う友達が欲しい、彼女が欲しいと、そんな憂鬱な気持ちで過ごす毎日でした。友人や恋人と過ごした学生時代の休日は有意義だったので、もう一度その状況を作りたい!そう思って実践したのは以下の2点です。

2-1.ひとりで飲みにいける馴染みの居酒屋・バーを作る

これ、最初はめちゃくちゃ躊躇しました。ひとりでお酒を飲むお店に行ったことがなかったので、何度も「やっぱり辞めようかな」と思いました。店に入るとそうでもないのですが。また、何件か行ってみて、自分に合ったお店を探す必要もあります。

ですがカウンターに座って、店長と仲良くなっていくうちに、お店に通う同世代のお客さんと仲良くなったり、店長やお客さんとお互いプライベートな話をできる関係になり、女の子を紹介したりコンパに誘われるようになりました。新しい人との出会いを探すのにはすごくおススメです。

2-2.習い事をする

私は料理に挑戦していたこともあり、料理教室に通っていました。料理教室というと女性が多いイメージですが、全然そんなことはありません。男性も結構いて、楽しかったです。場所や時間帯によって年齢層はバラバラなので、仲良くなりたい世代を狙って通うのもひとつです。

自分は暇だったので毎週通う常連のひとりでしたが、何度も顔を合わせるうちに親しくなり、皆で飲みにいったりする仲の良いメンバーができました。これは料理教室に限らず、ほかの習い事でもきっと同じだと思いますが、できればコミュニケーションを図れる習い事を選びましょう。インストラクターと一対一になるようなものだと親交を深めることができません。

3.仕事の目標を立てて叶えるために実行する

私は当時、会社から与えられた目標をこなすだけで、「将来こんなビジネスマンになりたい」と思えるような明確な目標はありませんでした。浅はかではありますが、名刺に難関資格を持っていることを書きたい、英語が喋れるようになりたい、簿記が理解できるようになりたいと思い、資格を取得してからそれをどう生かすかは考えずに猛勉強を始めたのは今でも覚えています。

ですが、結果的に転職した先の会社ではそれらが必須だったし、今でも、そのときの知識が役に立っていることから、努力しておいて良かったと思えています。

今の私は傍から見ると仕事人間ですが、当初はオンとオフを大事にしたいと思っていました。ですが仕事の楽しさを理解すると、それにのめり込んでしまったのです。目標を立ててそこに向かって挑戦するのは大事なこと。あなたに将来のビジョンがないのであれば、週末の過ごし方を大きく変えて本気で夢を叶えるために行動してみるのもいいでしょう。

3-1.資格を取得する

資格で得た知識はキャリアアップに生かせます。現在、大手企業から中小企業まで人材不足と言われていますが、資格を持っている人は重宝されます。資格を取得することにより、知識がある程度保障されるからという理由もありますが、何よりも仕事への本気度が伝わります。

目の前の仕事は適当だけど資格を取るというのは順序が逆なのでそこは要注意です。

3-2.読書をする

学生時代、私は本をちゃんと読んだことがありませんでした。社会人になってからはビジネス書を少なくとも一週間に一冊は必ず読んでいましたが、興味がある分野は非常に面白かったです。知識はもちろん、考え方も成長させてくれるので、週末、カフェで本を読みながら一日過ごしたことも少なくありません。

あなたの将来像に近づくために必要な知識を得たり、または同じ道を歩んで成功している人の本はきっと目から鱗です。まずは本を読むことから習慣にすることも良いでしょう。

4.仕事で疲れたら銭湯でまったり過ごす

精神的にも肉体的にも疲れてしまったら、リラックスするのが一番。それができないまま週末を終えてしまうと翌週は更に辛くなってしまいます。

私はよく家の近くにある温泉施設に日曜の夕方に行って、体の疲れを癒していました。色んな種類の銭湯があるスーパー銭湯のような施設がおススメです。一人でゆっくりできるし、最近行っていない人は是非足を運んでみてください。

さいごに【ダラダラ休むだけでは疲れやすくなるだけ】

休日に身体を休めることは大切です。オンとオフがしっかりしているからこそ、健康が保たれ、仕事のパフォーマンス向上につながっていきます。休日に昼過ぎまで寝てしまっている人は要注意。生活のリズムが乱れてしまいリフレッシュどころか、かえって疲れやすくなってしまう場合があるからです。

また、「休日はガッツリ寝て、普段の寝不足を取り戻すぞ」という人がいますが、医学的にも「寝貯めは無意味であるばかりか、かえって害」ということが指摘されています。睡眠は貯金のように貯めたり、引き出したりできるものではなく、日々適切に取らなければいけないものなのです。

日頃から睡眠不足気味で、どうしても眠りたいという場合は、昼過ぎまで寝るよりも、一度起床して活動した後に、日中に短時間の昼寝をとった方が体調的にも良いです。13時以降に昼寝を始めて、1~2時間後に起きるとスッキリして体の疲れも改善されていることでしょう。これなら昼夜逆転の原因にもなりません。

今回ご紹介した休日の過ごし方は、どれも私が20代で実践したものばかり。ジム通いや料理作りは趣味にもなっています。リフレッシュできないときは今の生活リズムを変えたり、週末の過ごし方を見直すことが肝心。今のうちに解決しておかないと、どんどん悪化してしまいます。

まずは週末の予定を入れることにこだわってください。そうすればきっとリフレッシュして気持ちの良い月曜日を迎えられるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

    世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、 「元旦」と「元…
  2. 部下に嫌われる前に理解すべきボスとリーダーの7つの違い

    部下を持つ上司の皆さん、皆さんは皆さんの部下にとって「ボス」なのか「リーダー」なのかと問われた場合、…
  3. 「保障」「保証」「補償」の正しい意味・違い

    「保障」「保証」「補償」の正しい意味・違い

    仕事の中でも特に金融・保険関係を取り扱う業務では比較的使う頻度が高いと考えられる同音異義語、「保障」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社説明会に参加する場合、意外と悩ましい問題となるのが「説明会会場への到着時間」です。遅刻はナンセン…
  2. グループ面接は、個人面接に比べるとハードルが高く苦手意識を持っている就活生が多いです。一般的なグルー…
  3. 上品な人の10の特徴
    「上品な人」と一緒にいると、なんとなく心地よくて、自分も落ち着いた気持ちで、ワンランク上の振る舞いが…
  4. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  5. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
  6. 営業マンが外回りの営業活動を行う場合に携帯していると便利で重宝するアイテムを挙げるとしたら、皆さんは…
ページ上部へ戻る