これで完璧!領収書を受け取るときのルール・注意点

皆さんは領収書を受け取る際、どのようなことに注意されているでしょうか。領収書は発行した側ではなく、受け取った側が使用・保管する責務を負う重要な書類であり、記載ミス等があれば記載した側でなく、殆どの場合、不利益を被るのは皆さん自身または皆さんの勤務先の会社と言うことになります。

つまり領収書は、発行時より受け取る際に色々と注意を払う必要があるものなのです。ではどのような点に注意を払えばよいか、5つの重要事項をご紹介することにしましょう。

①日付漏れや間違いは厳禁。受け取ったら即座にチェック

会計は年度単位で行うことが基本となっていることから、いつその領収書が発行されたのかは会計上とても大切な情報と言えます。うっかり記載漏れ、あるいは記載してあったとしても日付が間違っていたとすれば、領収書として認めて貰えない場合があらからです。その際、税務署に対し「発行者が間違えて記載した」「発行者が書き忘れていた」といった発行者側へ責任転嫁しても、残念ながらそのような言い訳は通用しません。

従って領収書を受け取る際は発行者任せにせず、日付が漏れていないか、正確であるかどうか受け取ったら必ず確認するようにしましょう。

②「上様」ではなく社名を正確に記入して貰う

領収書を受け取る際、社名を伝えるのが面倒だからといった理由から、時々「上様」で領収書の宛名を依頼してはいないでしょうか。「上様」ではその領収書が皆さんの会社宛として発行されたものかどうか「不明」となりますので、税務署から領収書として認めて貰えない可能性があります。

従って、領収書としてちゃんと認定してもらえるよう、多少面倒であっても必ず正確に社名を伝え、宛名に明記して貰うことを心掛けるべきと言えます。

③但し書きも記載して貰った上で受け取るようにする

その領収書は何に対する金額なのかを明示する目的で記載して貰うのが、「但し書き」の目的と言えます。但し書きがなかったからと言って即座に領収書が無効となる訳ではありませんが、こちらも受け取る際には必ず記入して貰うようにしておいた方が良いと言えます。

何故なら領収書としての信憑性が高まることと、但し書きがなければ税務署から説明を求められる場合がありますが、その際、「忘れてしまった」あるいは「わからなくなってしまった」といった事態になれば、その領収書は認めて貰えなくなる可能性が一気に高まります。そうした事態を防ぐ意味でも、但し書きも具体的に、正確に記載して貰うことを依頼するようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…
  2. 営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業活動を続けていると、どうもやる気が出なかったり、モチベーションが下がってしまうことがあります。モ…
  3. 上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    日頃からお世話になっている上司や目上の人が、病気やケガなど体調を崩して入院してしまった場合、部下から…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
  2. 大企業に在籍していながら、「自分の実力で勝負してみたい」といった理由等から敢えてベンチャー企業への転…
  3. 新社会人が入社するまでに準備するものリスト、以前はこちらの記事で「男性の新社会人が入社するまでに準備…
  4. この記事をご覧になっている方は「部下から毎回のように質問攻めにあい、ほとほと困っている」という方が多…
  5. 就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団…
  6. 大企業へ就職しても生涯安泰とは言えない時代になってきましたので、これからの成長の可能性等にかけてベン…
ページ上部へ戻る