100年後も生き残れると思う日本企業ランキング、1位はあの会社

「100年後も生き残る日本企業はどこか」と問われたら、皆さんはどの日本企業を選ぶでしょうか。一般的に企業の寿命は30年と言われていますので、その3倍以上の期間生き延びることは並大抵のことではありません。まして社会が複雑化し、時代の先行きに対する不透明感が増大している中で100年間企業を存続させることは「奇跡的」と言っても過言ではないかも知れません。

そんな100年後であっても、生き残っていると思う企業はどこかというアンケート調査がリスクモンスター株式会社において実施され、結果が公表されました。そこで編集部ではこのアンケート結果で1位に選ばれた企業を皆さんに紹介すると共に、なぜその企業が100年後も生き残る企業として選ばれたのか、独自の考察を行ってみました。


100年後も生き残ると思う日本企業ランキングの1位は!?

リスクモンスター株式会社が平成27年4月に実施した「100年後も生き残ると思う」企業のアンケート調査(※)結果のランキングにおいて、見事1位に輝いたのは「トヨタ自動車」です。(※出典:リスクモンスター株式会社「第2回 100年後も生き残れると思う日本企業」アンケート) ちなみに投票率ですが、1位となったトヨタ自動車が42.0%、2位はホンダで20.4%、3位はJR東日本で16.9%という結果でしたので、トヨタ自動車は2位以下を2倍以上もの差をつけて断トツの1位だったことがわかります。トヨタ自動車はリーマンショック以後しばらく赤字が続きましたが、2014年度では調整後の法人税納税額でも1位となり、こうした高い経営実績と長年世界的に培われてきたブランド力が結果に反映されたとみて良いでしょう。


なぜトヨタ自動車が選ばれたか真の理由を考える

では、なぜ多くの回答者はトヨタ自動車を選んだのか。経営実績やブランド力があったことは間違いないでしょうが、日本企業にはトヨタ自動車以外にも非常に高い経営実績やブランド力を築いてきた企業は多数ありますので、それだけではないと言えます。この理由ですが、2位がホンダと1位と2位をメーカーが独占したことから推察されることとして、日本人は「もの作り企業」に対して特に高い信頼を寄せており、そのもの作り企業の頂点に君臨しているのがトヨタ自動車であったことが、同社が選ばれた理由ではないかと考えられます。現在の花形産業といえばやはり「IT産業」であり、おそらく「自動車産業」と答える国民はそれほど多くはないはずです。

ところがIT産業を代表する楽天やソフトバンクといった企業名は、ベスト20位以内にも登場していません。また、おそらくグーグルやマイクロソフトといったITの巨人企業が日本企業であったとしても、日本人はグーグルやマイクロソフトではなくやはりトヨタ自動車を選ぶのではないでしょうか。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 働きがいのある会社の条件7つ

    入社してから定年までを1つの会社で勤め上げる終身雇用制度から、より良い職場を求めて転職を行う働き方へ…
  2. 可愛くない部下に共通する11の特徴

    可愛くない部下に共通する11の特徴

    上司が他の部下を可愛がる姿を見て、「なぜあの人が・・・」と思うことはありませんか。可愛がられる部下と…
  3. 仕事のミスが多い人の6つの特徴

    仕事のミスは誰しも起こり得ること。不注意によるミスもあれば、不可避のことだって中にはあるでしょう。し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  2. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
  3. 語学関連の資格は、特に国際的な事業に取り組んでいる企業への就職を考える場合、就活で有利になると言うよ…
  4. グループ面接は、個人面接に比べるとハードルが高く苦手意識を持っている就活生が多いです。一般的なグルー…
  5. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
  6. 女性社員と会話する場合、特に男性社員が気をつけなければならないことがセクシャルハラスメント、いわゆる…
ページ上部へ戻る