みんなが転職を決めたときの本音の理由ランキング

現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきました。しかしながら、現在の職場を変えて新天地で働くということは程度の差こそあれ、人生を左右する大きな決断であることに変わりありませんし、その大きな決断に至るには人それぞれ何らかの「理由」があったことは間違いないと言えます。そこで今回は転職を決断した方々の「本音の転職理由」を独自調査致してみましたので、その理由をランキング形式で紹介することに致します。


転職理由の本音1位「職場の人間関係がこじれてしまった、嫌になった」

転職理由の本音で最も大きく聞かれた理由が職場の人間関係を原因としたものです。一言で「人間関係」と言っても、具体的なケースは実に様々なものがありました。例えば上司とそりが合わず我慢に我慢を重ねてきたけど耐え切れなくなってしまった場合や、職場の同僚と激しくぶつかってしまった後関係がぎくしゃくしてしまい、職場に居づらくなった等々です。また、「人間関係」だけが理由ではないけど、職場の人間関係に嫌気をさしたことが転職を真剣に考える「大きなきっかけとなった」と答えている方も多く見られました。


転職理由の本音2位「休日が取得できない、長時間残業が常態化していた」

長時間残業や満足に休日が取得できない「勤務状況」に対する不満が、本音の転職理由として二番目に多かった理由です。連日の長時間残業に加え、休日がなかなか取得できない状況が続けば心身ともに疲れてしまい、転職を考えたくなるのも当然と言えるかも知れません。但しこれらの理由があげた方の勤務先が「全てブラック企業」との見方はやや早計です。

例えば同じ企業でも部署や上司によって概ね定時で帰宅できている場合もあり、そうした労働環境の格差を目の当たりにしたため余計に不満を募らせたといったケースや従来は普通に休日が取得出来ていたのに、新プロジェクト推進メンバーに選ばれたことでそうした状況に陥ってしまった等々、こちらも様々なケースがあります。


転職理由の本音3位「他の仕事をやってみたくなった」

何か著しい不満があったという訳ではないけれど、現在の仕事に「なんとなく飽きてきた」「あまり意欲を感じられなくなった」といった感情が徐々に高まっていった結果、他の職種への関心がわき、転職に至ったという理由をあげた方も決して少なくありませんでした。

具体的なケースとしては、例えば転職前は終日パソコンに向かってのデスクワーク中心だったという方が、もっと人と接する機会が多い職種に移りたいと考えてルート営業職へ転職したり、長距離ドライバーの方が製薬業界での仕事に関心が高まったためMRに転職したり等、こちらも様々なケースがあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【マネジメント層必見!】言うことを聞かない部下を動かす上司の資質

    「自分はリーダーに向いていないのではないか…」 マネージャーなどの部下を管理する立場になってから、…
  2. 仕事のモチベーションを維持する6つの方法

    仕事のモチベーションが下がっていると感じたことはありませんか?やらなくてはいけない仕事なのに、なかな…
  3. 仕事の効率化を大幅にアップする6つの方法

    他国と比べると、日本は労働生産性と呼ばれる仕事の効率性が悪く、それが長時間労働につながり、社会人のス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 社員のモチベーションが高く職場の雰囲気が良い状態だと、自然と会社の売上も上がるといわれますが、おおむ…
  2. 「優秀だ」あるいは「仕事ができる」とよく言われる人物は、皆さんの同僚、部下、上司といった役職の違いは…
  3. 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時間の関係で夜遅くで…
  4. 課長は個人の仕事だけでなく、「課」に求められている結果を実現する役割を負っています。その役割を果たす…
  5. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  6. 人間にはそれぞれの個性やタイプと言ったものがありますから、部下を多数抱える上司の方なら苦手なタイプの…
ページ上部へ戻る