ミシュラン一つ星ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」が海外展開へ!

ミシュラン一つ星ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」が海外展開へ!

「ミシュランガイド東京2016」でラーメン店としては世界初の一つ星を獲得した「Japanese Soba Noodles 蔦」が、海外第一号店をシンガポールの「Pacific Plaza」に11月中旬にオープンするとの発表を行いました。今後3年間でアジア、アメリカ、ヨーロッパを含む10ヶ国以上への展開を進めていく予定です。


「Japanese Soba Noodles 蔦」とは

ラーメンファンから圧倒的な支持を受ける「蔦」は、店主である大西佑貴氏が全国各地から厳選した素材に研究を重ねて創り出したこだわりのスープが絶品。営業開始時間は午前11時にもかかわらず、午前6時から行列ができるほどの人気店。※現在は整理券システムを採用しています。

巣鴨にある本店では、一番人気の「醤油Soba(1,000円)」をはじめ、「塩Soba(1,000円)」「大地のつけSoba(1,000円)」「太陽のつけSoba(1,000円)」など豊富なメニューが揃っています。


海外では空前のラーメブーム

現在、日本国内のラーメン店はすでに3万軒以上存在し、市場は飽和状態となっています。一方で海外では空前の日本ラーメンブーム。「博多一風堂」「味千ラーメン」「喜多方ラーメン坂内」など、多くの日本のラーメンチェーン店がすでに海外進出を果たしています。

特にシンガポールでは「東京らーめんけいすけ」など100店舗以上のラーメン店がしのぎを削っており、「Japanese Soba Noodles 蔦」も旗艦店として進出を果たします。今後、海外市場の規模は、日本市場を上回るとの見方も多く、アジア、アメリカ、ヨーロッパでラーメン市場が加速的に伸びていくと予想されます。


今後、個人店と企業が連携するケースが増える

今回、海外展開を進めるにあたって「Japanese Soba Noodles 蔦」の店主である大西佑貴氏は、株式会社オンデーズ(本社:東京都品川区、代表取締役:田中修治)、他1社の共同出資によって「持株会社Tsuta Global Pte Ltd」を設立しています。ミシュランが太鼓判を押すJapanese Soba Noodles 蔦の「味」と、株式会社オンデーズの持つ、海外出店立地及び店舗運営ノウハウの融合により、ビジネスモデルを確立させ、急速的に展開していく予定です。

今回のような企業が小規模店舗の海外進出のノウハウや資金をサポートするケースは、数年前から徐々に増加傾向にありますが、国内のラーメン市場が飽和状態の今、新境地を求めて今後さらにニーズは高まるといえます。そのなかで個人が経営する有名ラーメン店と、海外進出のノウハウを持つ企業の提携による出店も加速するでしょう。

ですが、そもそもラーメンは、素材や仕込みの方法が少しでも変われば、味も全くの別物になってしまうくらい繊細な食べ物。「蔦」は、ミシュランに認められた味を守り、海外で新たなラーメンファンを獲得できるのか、その動向に目が離せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 可愛くない部下に共通する11の特徴

    可愛くない部下に共通する11の特徴

    上司が他の部下を可愛がる姿を見て、「なぜあの人が・・・」と思うことはありませんか。可愛がられる部下と…
  2. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  3. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  2. ある民間企業の調査によると会社員は1日あたり平均100件前後、中堅以上の企業の役員クラスとなると30…
  3. 腹黒い人の6つの特徴と対処法
    あなたの周りに「腹黒い」との評価を受けている人はいませんか?あるいは、ある人の腹黒い行動に悩まされな…
  4. 退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
  5. 会社の印鑑に「角印」と「丸印」があることはご存知でしょうが、皆さんはこの二つの印鑑の用途の違い等につ…
  6. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
ページ上部へ戻る