職場の上司と喧嘩をしたときの謝る方法まとめ


上司と喧嘩したときに謝る方法・仲直りの対処法

上司と喧嘩したときに謝る方法・仲直りの対処法我慢の限界を感じて上司と喧嘩をしてしまいました。その後、一体どうしたらよいのでしょうか。同じ会社で仕事を続けていく以上、上司と不仲でいることほど窮屈なことはありません。上司と喧嘩をしてしまった際に仲直りをするための方法、またそうした際の対処法をご紹介します。

1.早めに謝る

難しいようで簡単な方法です。喧嘩をしたときはだれでも頭に血が上っているもの。しかし、少し時間をおけば怒りもトーンダウンするのではないでしょうか。冷静になったときに、上司と喧嘩をしている状態が如何に不都合な状態かが分かるでしょう。自身に非がなかったとしてもとりあえず謝りましょう。そうすることにより、とりあえず上司の怒りは緩和されます。

2.自分から謝る

喧嘩の原因が上司にある場合、自分から謝ることに抵抗感があるのは仕方がないでしょう。しかし、上司と喧嘩した状態で仕事を続けることはそれ以上に大変なことです。周囲の人にも迷惑をかける可能性もあります。そうした状況を避けるためにも、自分から謝るようにしましょう。

3.相手の話を聞く

上司を怒らせてしまった場合、相手の話をよく聞くという対処法があります。相手の話をよく聞くことはカウンセリングでいう「傾聴」にあたり、怒りを鎮める効果があります。また、上司の意見はある意味、会社の意見でもあります。間接的に会社と喧嘩をしている行為にもなりかねませんので、話し合うことが大切です。

4.謝った方が得

「負けるが勝ち」という言葉がありますが、上司とのけんかはこれと同じように誤った方が結果的には自分の得になります。あれやこれや悩むよりも「申し訳ありませんでした。」この一言が上司の怒りを鎮めます。時間を置かずに早めに謝ること、これが上司との喧嘩を収束させ、居心地の悪さを解消する近道です。

5.穏やかな口調を心がける

上司と喧嘩をする、これ自体褒められる行為ではありません。もちろん自分自身にとっても損な行為です。しかし、やむを得ず喧嘩をしてしまった場合は謝罪する必要があります。その際は穏やかな口調を心がけましょう。また、意見をする際にも穏やかな口調でいうことにより相手の反感を買うことが少なくなります。

6.仲立ちしてもらう

自分から声を掛けにくいときは、喧嘩をした上司と同列の役職の人か、上司と仲良い先輩に仲立ちしてもらう方法もあります。間に人を入れることで、上司も冷静に話をしてくれる可能性があります。但し、喧嘩した上司よりも上の立場の人に仲立ちを依頼すると「告げ口をした」と思われて状況が更に悪化するかもしれないので気をつけましょう。また話し合うときは言い訳したり反論せず、素直に上司の話を聞き入れましょう。


上司と喧嘩したまま放置すると自分に返ってくることも

上司と喧嘩したまま放置すると自分に返ってくる

・上司に無視される

謝罪せずにそのままの状態で仕事を続けると、上司に無視されるようになり、仕事が割り当てられなくなることも。どんどん気まずい状況になってしまうため、早めに仲直りしておきましょう。

・異動になる

「上司の指示に従わない部下」というレッテルを貼られて、他の部署やチームに異動になる場合もあります。異動すれば嫌な上司との接点は少なくなりますが、やはり同じ会社の人間とは良好な人間関係を築いておいて損はありません。


パワハラやセクハラは会社としての問題

上司と喧嘩する理由がパワハラやセクハラによるものである場合、話が変わってきます。上司と自分だけで解決しようとせず、部署の責任者や管理職者に相談するようにしましょう。この問題は喧嘩として片付けることができません。心身を傷つける前に、早めの対策をオススメします。


上司と喧嘩するメリットはない

職場の上司と喧嘩する前に理解しておきたい対処法についてお伝えしました。上司と部下のような上下関係においては腹の立つことも多々あるでしょう。中には、喧嘩したことでお互いを理解し合え、絆が深まることもあります。しかし多くの場合、あなたに何のメリットも与えません。上司と喧嘩する前に大きく深呼吸して冷静になってみてはいかがでしょうか。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 潔い人の10の特徴

    潔い人の10の特徴

    「なんて潔い人なんだろう」そう思える人、近くにいませんか。潔い人は傍目から見ても気持ちの良いものです…
  2. 感受性が強い人の5つの特徴

    感受性が強い人の5つの特徴

    あなたは「感受性が強い」と言われたことがありますか?「感受性」を構成する漢字を見る限りでは、何かを感…
  3. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ボーナスの使い道は会社員の人生設計においてとても重大なことであり、また悩ましいテーマでもあります。そ…
  2. トップ営業マンはトップの営業成績を生み出すために仕事の進め方において様々な工夫をこらしているものです…
  3. 女性のおしゃれの代表でもあり人気のあるネイル。もちろん学生の時やネイルをしていてもOKという仕事であ…
  4. 面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…
  5. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
  6. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
ページ上部へ戻る