職場の上司と喧嘩をしたときの謝る方法まとめ

些細な口論や大喧嘩をするなど、コミュニケーションが円滑に取れず感情的になって、言い争いになってしまうこともあるでしょう。簡単に仲直りができるような喧嘩ならいいのですが、部下と上司が喧嘩してしまった場合、大きなしこりを残すことになりかねません。今回は職場の上司との喧嘩について考えてみましょう。


新入社員が上司と喧嘩(ケンカ)する理由3つ

あなたの会社にも「ムカつく」上司はいませんか。部下という立場上、上司に従うのはある意味当然なのかもしれません。しかし、部下に対して理不尽な態度をとる上司も少なくありません。新入社員が上司と喧嘩する理由をいくつか挙げてみましょう。

1.手柄は自分のもの、ミスは部下のせい

一生懸命努力してやっと完了した仕事や成功したプロジェクトが、何もやっていない上司の手柄になっていたという経験はありませんか。指導も助言も、サポートさえも全くしてくれなかったのに、なぜか上司の手柄になる。悔しいことこの上ないですね。

加えて、自分のミスを部下のせいにする上司もいます。まさに嫌われる上司の典型的なパターンといっていいでしょう。正当に評価してくれない会社や一番おいしいところを持っていこうとする上司に怒りを感じて、不満が爆発してしまうケースです。

2.仕事を押し付ける上司

自分の仕事を部下に押し付ける上司にうんざりしている方もいるでしょう。「これやっといて。」その一言で仕事を押し付け、自分は椅子にふんぞり返っているような上司にムカつくのは当然です。中には、部下に仕事を押し付けて残業させておきながら、自分は飲みに行く上司もいます。管理職として失格であり、憤慨する気持ちも当然といえます。

3.自分論を語る

「~すべき」「~であるべき」そのような言葉をよく使う上司はいませんか。この「べき」は上司の持論にすぎません。自分が正しいと思うことを人に押し付けようとする行為です。

特に経験の浅い新入社員にとっては仕事の常識やマナーが身に付いていないことも多々あるものですが、上司は自分を基準として考える癖があるため、一般常識は通用しません。また「なんでそんなこともできないの?」と人格を攻撃してくるため、怒りが頂点に達して反論してしまいます。


上司と喧嘩する前に考えるべき3つのこと

上司と喧嘩する前に考えるべき3つのこと

1.自分の立場を考える

上司の発言や行動に対して怒りを感じることも少なくないでしょう。しかし、その怒りを上司にぶつける前に、少し冷静になってみましょう。あなたの怒りを上司にぶつけることであなたにメリットはあるのでしょうか。上司に文句を言った場合、あなたの会社での立場はどうなるのでしょうか。ほんの少し冷静になって考えてみましょう。

社内の上司の中にあなたの良き理解者がいるのであれば、喧嘩をしてしまっても仲立ちしてくれるかもしれません。ですがそれでも若気の至りと判断されることも少なくありません。

2.喧嘩をした後のことを考える

我慢したり怒りを鎮めたりすることが耐えがたい人もいるでしょう。いっそのこと、怒りをすべて上司にぶつけたらどんなにスッキリするだろうかと考えることもあるかもしれません。しかし、怒りをすべて上司にぶつけた後のことを考えてみましょう。あなたは会社で普通に過ごすことができるでしょうか。職場に居続けることが可能でしょうか。立場上、部下のほうが絶対的に不利なのです。

また、辞めるつもりで喧嘩をしても、次に働く転職希望先の面接官が喧嘩の一連の話を聞いたときに同情して「仕方ない」と思ってくれることはほとんどなく、「我慢できない人」と思われてしまうだけのことが多いです。怒りが生まれたとき、感情を出す前に喧嘩した後のことを考えてみましょう。怒りを鎮めるきっかけになるかもしれません。

3.理性を保って冷静に自問する

一時の感情で言いたいことを口に出すと、必ずといっていいほど良い結果を生みません。上司に対して生まれた怒りの感情が正しいものなのか・怒りを表に出すことが正しいことなのか、今一度自分の感情を確認してみましょう。自分の感情を再確認することは冷静になるきっかけにもなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. G8・G20・G7のそれぞれの参加国と違い

    テレビのニュース番組や新聞記事の見出しにおいて「G8」「G20」「G7」といった言葉をしばしば見かけ…
  2. 喫茶店やカフェで商談・打ち合わせをするときのマナー・注意点

    商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  3. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 銀行員は仕事に対する正確性や対外的信頼性が特に求められる職種ですから、専門的知識を有している証しとな…
  2. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
  3. 会社を詳しく知る機会として会社説明会は、有効に就活へ活かしたいものです。会社説明会を有効に活かすには…
  4. 証券会社は、株式や債券などの有価証券を取り扱い、大きなお金を動かすダイナミックな仕事です。また証券会…
  5. 契約書の作成や送付はビジネスマンにとって重要な業務であり、社会人にとって最低限のビジネスマナーだと言…
  6. あなたは仕事中に音楽を聞きながら作業をしていますか? 自分の好きな音楽を聞くと気持ちがリラックスで…
ページ上部へ戻る