就活で役に立つ取りやすい資格4選

就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対する合格率が極めて低い資格のことであり、そのような資格は短期間で取得することはほぼ不可能です。では比較的に短期間で取得できるのに就活に役立つ、そのような虫の良い資格はないものでしょうか。

結論から先に申し上げれば、いくつか有望な資格は存在します。今回はそのような就活生にとってありがたい資格をご紹介して参ります。

①知的財産管理技能士3級

近年、ブロードバンドの普及と共にクローズアップされているのが「知的財産(知的財産とは例えば著作物や商標、企業秘密等々)」の保護や管理です。

とりわけ映像や写真等の著作物はネット上で無法状態にあると言って良いほど基本的な権利が無視されている状況になっており、行政のみならず、民間企業であっても看過できない状況になりつつあります。

そのため、知的財産管理におけるエキスパートと言える「知的財産管理技能士」は熱い注目を集めている資格の一つです。

知的財産管理技能士は1級から3級の3つの階級があり、理想的には合格率が1桁パーセントの1級が、一番価値が高いと言えますが、知的財産管理技能士自体がまだ有資格者が少ないこともあり、3級でも一定の評価が得られる状況です。

しかも3級であれば合格率は70%前後と大変高く、短期集中でテキスト学習を行えば比較的容易に資格を取得することが可能です。

②マイナンバー実務検定(3級)

平成28年度よりスタートを切ったマイナンバー制度は、一般国民のみならず企業に対しても大きく関わる制度です。にも関わらず制度がスタートして間もないこと等もあって、マイナンバー制度に熟知した人材が企業におらず、そのため、マイナンバー制度に精通した人材への需要が民間企業の間でも高まっています。

そのため、比較的簡単に取得できるのに重宝される穴場的資格となっているのが「マイナンバー実務検定の3級」です。マイナンバー実務検定は知的財産管理技能士同様1級から3級までの3つの階級があり、具体的な合格率等の数値は発表されていません。

しかしながら受験体験者の話として3級は容易な試験であり、尚且つ1級や2級より試験範囲も狭いため、短期間で容易に取得できると考えられます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    日本語で多く見られる同音異義語ですが、微妙なニュアンスの違いについてはなかなか使い分けができず混乱し…
  2. 部下が仕事を辞める「7つの原因」と「引き止めるポイント」

    部下が仕事を辞めるという時は、部下の心の奥底には退職を決意するだけの、会社に対する大きな不満を持って…
  3. 仕事のミスが多い人の6つの特徴

    仕事のミスは誰しも起こり得ること。不注意によるミスもあれば、不可避のことだって中にはあるでしょう。し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. グループディスカッションは、協調性を大切にしたり、それぞれに与えられた役割をきちんとこなすなど、選考…
  2. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  3. 日本は時代のグローバル化と共に欧米先進国に見習って、オフィスや公共施設等を中心に禁煙化を進めてきたこ…
  4. 課長は個人の仕事だけでなく、「課」に求められている結果を実現する役割を負っています。その役割を果たす…
  5. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  6. 仕事のサボり癖が一度付いてしまうと、簡単に改善・克服することは困難です。サボるのを止めて悪い習慣を断…
ページ上部へ戻る