就活に有利!役立つ語学の資格4選

語学関連の資格は、特に国際的な事業に取り組んでいる企業への就職を考える場合、就活で有利になると言うより「必須」と言っても過言ではありません。しかしながら語学の資格なら何でも良いという訳でもありません。企業から一定の評価を得られる語学の資格は限られます。ではどのような語学資格が就職活動に有利になってくるのか。有望な語学関連資格を4つご紹介します。

①TOEIC

日本におけるビジネス英語の代表的評価指標と言えばやはり「TOEIC」です。

正確にはTOEIC(R)と呼ばれる英語能力を評価するテストで、TOEICは資格というより990点満点でどのくらいのスコアを取得しているかで就職時の評価を大きく左右します。

ではどのくらいのスコアが必要かということですが、グローバルに活躍している大手上場企業への就職を考えた場合、最低でも700点以上が必要と言われており、就職時にプラス評価を得るには750点から800点は必要と言われています。

990点満点で750点は決して簡単ではありませんが、英語を得意とし、英語力をアピールしたいならぜひともぜひとも目指すべきスコアと言えます。

②中国語検定

英検の中国語版と言えるのが中国語検定です。
中国は近年経済力の低下が叫ばれており、かつてほどの勢いがなくなっているのは事実です。

しかし13億人という魅力的なマーケットを抱えており、且つ発展途上国と比較した場合にはインフラが行き届いていること等々により、今尚日本企業において中国が重要な国の一つであることに変わりありません。

そのため、英語だけでなく中国語においても一定レベルの能力を有している学生は就職時に高く評価されます。その中国語の実力を証明するのが中国語検定ですが、英検と同様どのような級でも評価される訳ではありません。

就職で評価される級数は準1級以上と言われていますので、中国語の能力をアピールしたい場合には準1級以上を頑張って取得するようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 飛び込み営業が怖いときに勇気を出す5つの方法

    営業職では新人時代に飛び込み営業を経験させる会社が多いです。これは若さというエネルギー溢れる時期に新…
  2. 上司が怖い原因と3つの対策

    上司が怖い原因と4つの対策

    職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくあ…
  3. ブラック上司へのパワハラ対策4選

    ブラック上司へのパワハラ対策4選

    一日の多くの時間を過ごす職場、そして生活の糧でもある職場でパワハラを受けてしまうほど辛いことはありま…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 証券会社は、株式や債券などの有価証券を取り扱い、大きなお金を動かすダイナミックな仕事です。また証券会…
  2. お世話になっている取引先の事務所等が移転した場合、移転祝いのメールを送ることはマナーと言って良いでし…
  3. 学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経…
  4. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
  5. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
  6. 女性のおしゃれの代表でもあり人気のあるネイル。もちろん学生の時やネイルをしていてもOKという仕事であ…
ページ上部へ戻る