今使っている提案書を改善するときに確認すべき3つのポイント

「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提案書を少し改善させるだけで、クライアントにとっては見やすく、頭に入り込みやすくなり、受注率を高める要因になるでしょう。今回は現在の提案書の改善をする上で、確認すべき3つのポイントをご紹介します。


①文字の確認

チェックまず、今使っている提案書を客観的に眺めることから始めましょう。その企画書、客観的に見て読みやすいと感じるでしょうか。文字の「大きさ」「字体」「色」「量」、この4つを念頭において提案書を読み進めた時、文字があまりにも細か過ぎる・文字が読みづらい・量が多すぎると感じら、その点を重点的に改善してきましょう。伝えたいと思う事の核は、大きめに表示させ、それにまつわる詳細も3〜4行程度で簡潔にまとめましょう。また、一つの文章の中に複数の伝えたいことがある場合、箇条書きで表示させるようにすると相手の頭にも入りやすいです。

また、文字の色を決める場合、何色もの色を使うのではなく、多くても2〜3色までに留めておきましょう。多くの色を使った提案書は視認性が悪くなり、どれが重要な文言なのかの判断をしにくくさせてしまいます。以下にその他の細かな文字のチェックポイントを掲載します。

・字体は読みやすさを考慮して「メイリオ」を使用
・文字の大きさ
 見出し24pt
 本文16pt
 補足8pt
 注目ポイントとなる部分は32pt


②配色の確認

カラー次に色の確認をしていきます。独自に自社のイメージを提案書に取り入れたい場合、配色には十分に注意をしていく必要があります。色には心理的イメージがそれぞれあり、どのようなアイディア、製品を提案していくのかによって使用すべき色は異なります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業が楽しいと感じる6つの瞬間

    営業の楽しい・辛い理由を大公開!向き不向きを判断する6つの特徴つき

    会社の最前線でお客様との窓口役となる営業マン。正社員として働いた経験のない、就職活動中の学生の皆さん…
  2. 行動力と実行力の意味・違い

    行動力と実行力の意味・違い

    行動力や実行力は、仕事で活躍するために必要なビジネスマンの能力として頻繁に用いられます。この両者の言…
  3. 「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    日本語で多く見られる同音異義語ですが、微妙なニュアンスの違いについてはなかなか使い分けができず混乱し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「職場での人間関係には自分なりに精一杯気を配り、心も砕いてきたがそれも限界・・・疲れ果ててしまった」…
  2. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
  3. 転職において第一関門となる書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書が重要になってくることは申し…
  4. 営業を行う上で説得力を高めてくれる題材の一つが「導入事例」です。例えば「この商品を御社が利用すればこ…
  5. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
  6. 身内に突然の不幸があり、葬儀に出席、もしくは準備をする場合は忌引き休暇として会社を休むことが出来ます…
ページ上部へ戻る