今使っている提案書を改善するときに確認すべき3つのポイント

「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提案書を少し改善させるだけで、クライアントにとっては見やすく、頭に入り込みやすくなり、受注率を高める要因になるでしょう。今回は現在の提案書の改善をする上で、確認すべき3つのポイントをご紹介します。


①文字の確認

チェックまず、今使っている提案書を客観的に眺めることから始めましょう。その企画書、客観的に見て読みやすいと感じるでしょうか。文字の「大きさ」「字体」「色」「量」、この4つを念頭において提案書を読み進めた時、文字があまりにも細か過ぎる・文字が読みづらい・量が多すぎると感じら、その点を重点的に改善してきましょう。伝えたいと思う事の核は、大きめに表示させ、それにまつわる詳細も3〜4行程度で簡潔にまとめましょう。また、一つの文章の中に複数の伝えたいことがある場合、箇条書きで表示させるようにすると相手の頭にも入りやすいです。

また、文字の色を決める場合、何色もの色を使うのではなく、多くても2〜3色までに留めておきましょう。多くの色を使った提案書は視認性が悪くなり、どれが重要な文言なのかの判断をしにくくさせてしまいます。以下にその他の細かな文字のチェックポイントを掲載します。

・字体は読みやすさを考慮して「メイリオ」を使用
・文字の大きさ
 見出し24pt
 本文16pt
 補足8pt
 注目ポイントとなる部分は32pt


②配色の確認

カラー次に色の確認をしていきます。独自に自社のイメージを提案書に取り入れたい場合、配色には十分に注意をしていく必要があります。色には心理的イメージがそれぞれあり、どのようなアイディア、製品を提案していくのかによって使用すべき色は異なります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【商談で契約をいただく秘訣】営業のアイスブレイクのコツ

    アイスブレイクは、特に初対面のお客様との距離を縮めることでスムーズに商談をすすめたい場合に不可欠と言…
  2. エレベーターの行き先を取り消すキャンセル方法

    エレベーターの行き先ボタンを間違えて押してしまうと、ドアが開いて閉まる一連の動作をする間、しばらく待…
  3. 上司の悪口を本人に聞かれた時の対処法

    上司の悪口を本人に聞かれた時の対処法

    人の悪口や愚痴を言っているとき、ふと振り返ると本人がすぐ後ろに立っていた、などという気まずい思いをし…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスの様々な場面で目にしたり耳にしたりすることの多い「助成金」、その意味をなんとなく分かっても正…
  2. 誰しもが万が一のときや老後に備えて、少しでも貯金をしたいと思うものですが、実際に生活していると、急な…
  3. 商品の販売やサービスを行っている会社の多くは、クレーム対応の窓口を設けているところがたくさんあります…
  4. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
  5. 「日本のサラリーマンは、働きアリのように、本当によく働く」 日本人に対する、海外のそんなイメージを…
  6. 営業マンの皆さん、皆さんは営業フォローについて自信はありますか。顧客に応じて的確なフォローがなされて…
ページ上部へ戻る