プライドが高い人の9つの特徴

プライドが高い人の9つの特徴

あなたの周辺にプライドの高い人はいるでしょうか。プライドの高い人に対して、周囲の人は、そんなに意固地にならなくてもと考えているかもしれません。もっと素直になってほしいと思っているかもしれません。では実際に、プライドの高い人の頭の中ではどのような心理が働いているのでしょうか。今回は、プライドの高い人の特徴について解説していきたいと思います。

プライドが高い人とは?

プライドが高い人というのは、自分自身の価値を低く見積もる傾向があります。人として精神的に安定している人の中に、「プライドが高い人」はあまり見かけません。しかし、自分のことを認めてほしいと考えている人(承認欲求が強い人)の中には、「プライドが高い人」が多く存在しています。この状況から考えれば、「自己信頼」や「自己肯定」をしっかりとできていない人が、プライドが高くなる傾向にあるようです。

プライドが高い人の9つの特徴

プライドが高い人の特徴

1.自分の責任は自分で負う

プライドが高い人は、自分に与えられた業務や、関わりのある物事に対して、最後まで責任を全うしようとします。また、途中で逃げ出したりすることがないことが特徴です。自身の仕事に対して誇りを持つことはとても大切ですが、プライドが高すぎると、できないこと、初めて取り組むことにも一つ返事で「やります」と言ってしまう傾向があり、ひとりで問題を抱え込んでしまうことも。プライドが邪魔をしてしまい、誰にも相談をせずに作業を進めてしまった結果、あとで問題が発覚して大きなトラブルを引き起こしてしまう場合もあります。

2.絶対に言い訳をしない

自分の仕事にプライドを持っている人は、自分が関わった仕事で、問題が発生しても周囲に責任を押し付けるようなことはしません。そして、その時々の環境によって一喜一憂することがなく、最大限の成果が出るように努力します。結果的に失敗してしまったとしても、責任追及することが全くないのです。自分の責任は、自分でとるものであるという徹底した考え方から言い訳をすることがないのが特徴です。

3.常に効率化することを考えている

プライドが高い人は、作業に1つも無駄がありません。通常、1時間かけて行うことでも、作業の無駄を発見し、30分で終わらないか頭をフル回転して考えます。この考え方が習慣化されているため、誰よりも早いスピードで仕事を完了させることができます。ただし、プライドの高い上司のしたに仕事が遅い部下がつくと、厳しい指導が待っている可能性が高いといえるでしょう。しかし、プライドが高い上司から学べる点は多いので、歯を食いしばって頑張ることをおすすめします。

4.常に選択肢を導き出せる

プライドが高い人は、どのような仕事が振られても「できない」と断ることはありません。できない理由を並べて諦めるよりも、どうすれば達成できるのかをしっかり道筋を立てて考える傾向にあります。このような人は、1000人の人が不可能だと言うことでも、必ず実現できると信じているため、絶対に諦めません。

5.他人に頭を下げることができない

他人との付き合いのなかや、仕事を進める際に、相手に頭を下げることで事がうまく進む場合があります。組織のメンバーとして働いていれば、そのような状況を経験したことが一度はあるのではないでしょうか。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業のクロージング力を高めるテクニック7選

    営業のクロージング力を高めるテクニック7選

    みなさんはクロージングという言葉をご存知でしょうか。そもそも何の用語かもわからないといった方もいらっ…
  2. 自分の性格を変える12の方法

    「できれば自分の性格を変えたいが、云10年以上にわたって築かれた自分の性格はそう簡単には変えられない…
  3. 仕事に自信がない人が自信をつけるための9つの改善方法

    性格の特性上からか、日本人は何事にも謙虚な姿勢で取り組む傾向があります。その一方で、現代の若者は自分…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 部下との何気ない会話の中で、自分としては全くそうした認識がなかったのに「パワハラ発言」となってしまっ…
  2. 住居や事務所などの家賃は消費税込みなのか、それとも別なのか、こうしたお金にまつわること税金にまつわる…
  3. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  4. 世の中のあらゆる物や現象・出来事にはメリットとデメリットの両方が存在しています。メリットしかない、デ…
  5. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  6. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
ページ上部へ戻る