【営業マン必見】ノルマのプレッシャーに負けない3つの方法

多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤しんでいる状況と言って良いでしょうが、中には「ノルマ達成のプレッシャーが苦しくてたまらない」「プレッシャーで押しつぶされそうだ」といった悲痛な叫びをあげている方も決して少なくはありません。

そこで、ノルマという精神的重圧をどうすれば克服できるか、あるいはプレッシャーに負けないようにするにはどうすれば良いのか、ノルマと言うプレッシャーをはねのけるための有効な方策を3つご紹介することにします。


①根拠のない自信を持つこと

ノルマが重圧となるのは、簡単に言えば「ノルマが達成できないのではないか」といった不安や自信のなさが原因となっています。従って「自信を持つこと」が大切です。しかし「簡単に自信を持てるのだったら苦労しない」といった反論が聞こえてきそうですね。実はその「簡単に自信が持てるはずがない」という思いがノルマに対する重圧を余計に高めていることに、そろそろ気付く必要があります。

つまり、「自分が納得できる合理的な理由」を懸命に探そうとするから容易に見つからず「自信が持てない」となり、その結果ノルマがプレシャー化してしまうのです。だからこそノルマにプレッシャーを感じている営業マンはまず「”根拠のない”自信」を持つべきであり、また根拠がなくとも自身を持って良いのです。

なぜなら根拠のない自信を持つことの大切さや有効性は、全受験生の上位5%以内に入らないと合格できない某難関大学を突破した受験生の間では随分前から広く知れ渡っていることなのです。半ば常識だと言っても良いぐらいです。つまり、現状の成績如何に関わらず、「自分はとにかく天才だ。だから落ちるはずがない」といったことを根拠がなくとも信じることができた受験生が栄冠を勝ち得ている多くの事実があるのです。

できない理由やできる根拠を探すことばかりに神経をすり減らしても良いことは一つもありません。自信をもつことは皆さんの心の内の話なので、根拠など答えられなくとも誰からも責められる心配もありません。「私は必ずノルマが達成できる優秀な営業マンだ」と根拠を求めずに自信を持つことから始めましょう。


②小さな成功体験を意識的に重ねることで自信を取り戻す

根拠のない自信を持つことの大切はわかるが、自分自身に自身がないので営業のノルマに対する自信などなかなか持てないという方がそれでもいるかも知れません。そのような場合に有効な対策は「小さな成功体験」を数多く積み重ねることで自信を取り戻すことです。

営業マンが陥りやすいのは、例えば人が羨むような大きな商談をまとめる等「大きな成功体験」ばかりを追い求めてしまい、「小さな成功体験」を通じて自信を深めることを忘れてしまうことです。小さな成功体験とは極論すれば何でも構わないのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  2. 営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    ビジネスを継続的に行っていると、お客様に営業をする立場だけでなく、営業される立場になることも少なくあ…
  3. 商談後にお礼の手紙・メールを送るときの注意点と例文

    商談後にお客様へお礼の手紙やメールを出す以上、やはりお客様との関係を更に良好にしたいものですし、次の…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
  2. お世話になった上司が職場を去る場合、新たな人生の門出を祝う意味とこれまでの感謝の意味を込めてできるだ…
  3. 今回は、ビジネス英語で使われる部署名と役職名を一覧にしてご紹介します。英語表記の名刺を見たときに、相…
  4. 本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだ…
  5. 会社の説明会において一通り会社側の説明が終わった後、通常実施されるのが学生側からの質問受付です。では…
  6. 心が狭い人の6つの特徴
    「この人、心が狭いなあ」 相手の行動や発言に対して、なんとなく不快な気持ちを抱いてしまった…
ページ上部へ戻る