社長・部長が組織マネジメント力を高める8つの方法

経営戦略をマネジメントする力と、対人をマネジメントする力。いわゆる組織マネジメント力は、社長・部長などの役員・管理職が仕事を遂行するにあたり欠かせない能力として求められています。成功者たちはこの組織マネジメント力をどのように高めようとしていたのか、組織が最大限に力を発揮するためにどんな方法をとればいいのか、具体的にご紹介していきます。

社長・部長が組織マネジメント力を高める8つの方法

組織マネジメント力を高める8つの方法

1.組織全体の目標を共有する

会社が是とするものというと少し大げさに感じるかもしれません。しかし、信念となるべき芯の部分である経営理念を「こうあるべき姿」「到達したい将来像」として明確にビジョン化した目標があることは、組織において1つの方向性がより大きな収益を生むことはよく知られています。そのためには、社長・部長であるあなたは目標を立てるだけでなく、文字通りのあらゆる方法で、その目標の意味を語り、視覚に訴えかけ、達成イメージを共有する努力をしなければなりません。

2.部下に与える仕事はギリギリできる水準にする

人は簡単すぎる仕事ではモチベーションが上がらず、難しすぎる仕事でも同じようにモチベーシがあがりません。そのため、できるかできないかギリギリのラインの仕事を上司のさじ加減で与えるのが適切といえます。上司にとっては、少し頑張ればできると感じていても、部下本人としては難易度が高く感じている場合もよくあること。一度仕事を与えたあとも部下の様子をよく観察し、必要に応じてサポートをする準備をしておくことももちろん重要です。

3.気づきをあたえられる存在でいる

自分の中で答えが決まっており、そこに誘導するような質問をすることは、部下から自立性を奪ってしまいます。「はい」「いいえ」で答えられるような質問はなるべく避けて、自由に答えられるような質問をし、そのことで部下が新しいきづきができるようにしなくてはなりません。普段意識していないような質問をしたり、他に方法がないのかを問いてみたり、別の選択肢を引き出せるよう自然と思考を促せるようなものがふさわしいでしょう。

4.自分より優秀な人も手元に置く

社長や部長は自分にとって、組織を居心地のよい場所にするだけでなく、自分より優秀な部下が出てきたときには、よりその能力を伸ばせるような組織作りをし、仕事をきちんと譲ることが大切です。会社をいずれ引っ張っていくのは、その優秀な人材です。人材確保は決して妥協してはいけません。優秀な後継者を多く育てる事が出来れば、将来的な組織の安定化にもつながることを忘れないようにしましょう。

5.仕事を分散させて時間を生み出す

いわゆるデキる社長や部長にありがちなのが、自分で仕事を抱え込みすぎてしまう事。仕事の新たなアイデアが生まれない時は、同僚や部下はもちろん、時には社外に分散して時間は作りましょう。こうして生まれた時間を、別の仕事に割り当てるといった効率化が、仕事のワンパターンを防ぎ、組織の生産性をあげるだけでなく、自分自身の強みになっていきます。

6.部下には自由に遊べる空間を与える

部下には、仕事を丸投げするのではなく、この範囲で自由にやっていいという指示をすることが効果的です。新人とベテランではもちろん能力も違うため、個人に応じた範囲を設定します。このことは部下の自立性を多いに養ってくれます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自分の性格を変える12の方法

    「できれば自分の性格を変えたいが、云10年以上にわたって築かれた自分の性格はそう簡単には変えられない…
  2. 男性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイントとおすすめブランド

    新入社員として好スタートを切るために、自分の分身でもある名刺を交換する場面は特にスマートに決めたいも…
  3. しつこい電話営業の断り方【断り文句集】

    しつこい電話営業の断り方【断り文句集】

    毎日のようにしつこくかかってくる営業の電話、うんざりしていませんか。「社長さんはいらっしゃいませんか…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
  2. 転職がキャリアップ上必須となっている米国などと異なり、日本はまだまだ終身雇用的な労働文化が根強い国で…
  3. ニュースや新聞などでもよく聞く言葉「GDP」、GDPとはどんな意味なのか正しく説明することが出来ます…
  4. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  5. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  6. メガネは目が悪い人の実用的な道具であるとともに、顔の印象を変えることができる一つのアイテムです。最近…
ページ上部へ戻る