お中元など贈り物のお礼状の書き方

夏といえばお中元のシーズンでもあり、お中元は贈るだけでなく頂く場合も当然ありますよね。お中元を頂いたら、メールではなくやはり日本人のたしなみとして手紙や葉書でお礼状を出した方が良いと言えますし、お中元を贈ってくれた相手にもより感謝の気持ちも伝わります。そこでお中元等の贈り物を頂いた場合のお礼状の書き方について、例文などを交えながらマナーやポイントなどを解説しますのでぜひ参考にして下さい。


お礼状の文章構成について

お中元等の贈り物を頂いた場合の、お礼状の文章構成から確認することにしましょう。お礼状はおおよそ次のような文章で構成すれば、構成としては合格と言えます。

・頭語
・時候のあいさつと相手の安否を気遣う言葉
・贈り物を頂いたことに対してのお礼
・相手の身体や健康に対しての気遣いの言葉
・結びの言葉
・結語

それではご紹介した文章構成をそれぞれ確認することにします。まずは一番目の「頭語」と、一番最後の「結語」から説明致します。

「頭語」とは手紙における書き出し部分のことで、会話で言えば「こんにちは」にあたります。その「頭語」には多数の言葉がありますが、代表的な頭語と言えば「拝啓」、「前略」、「謹啓」の3つがあげられます。では多数ある頭語の中で、贈り物を頂いた場合の頭語として望ましいものは何かと言えば「拝啓」が一番スタンダードであり、無難だと言えるでしょう。「謹啓」は堅苦しく、あいさつを省く意味になる「前略」はお礼をする立場で使用するには失礼にあたるからです。

次に「結語」ですが、なぜ「頭語」に続いて説明するかと言いますと「頭語」が決まれば自動的に「結語」が決まるからです。つまり「頭語」と「結語」の組み合わせは予め決まっているのです。

頭語で「拝啓」を用いた場合の結語は自動的に「敬具」となります。従って「拝啓」と「敬具」は贈り物を頂いた場合のお礼状の定番の頭語、結語として覚えておくと良いと言えます。続いて「時候のあいさつ」から例文を交えて、それぞれ一項目ずつみてゆくことにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    仕事が終わって帰り支度をしていたら、上司から「このあと飲みに行かないか」と誘われた経験、ありませんか…
  2. えこひいきする上司の対処法・評価される人の5つの特徴

    えこひいきする上司の対処法・評価される人の5つの特徴

    会社で同じ業務を担当していたり、社内のポジションが自分と変わらないのに、なぜか上司からえこひいきされ…
  3. 【香典の金額・相場】上司・部下・親族が亡くなったとき

    【香典の金額・相場・マナー】上司・部下・親族が亡くなったとき

    冠婚葬祭の機会、けっこう多いのではないでしょうか。なかでも不幸の知らせなどは突然やってくるものです。…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職がキャリアップ上必須となっている米国などと異なり、日本はまだまだ終身雇用的な労働文化が根強い国で…
  2. 契約書の作成や送付はビジネスマンにとって重要な業務であり、社会人にとって最低限のビジネスマナーだと言…
  3. 営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  4. 名刺は管理しないまま貯めておくとあっという間に厖大な量となり、いざ「あの人に連絡を取る必要がある」と…
  5. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
  6. 高品質な仕事をやりとげるには頭や体をフル回転させる必要がありますが、人間である以上24時間仕事ができ…
ページ上部へ戻る