初任給で親に贈りたいプレゼントランキングベスト10

新社会人として初めて会社から支給される初任給。これをどう使うかワクワクしながら考えている方も多いのではないでしょうか?特に、今まで育ててくれた親へ初任給を使ってプレゼントをしたいという方もいるでしょう。今回は、初任給で親に贈りたいプレゼントで人気の高いものをランキング形式でご紹介します。

初任給で親にプレゼントする人の割合

株式会社インテージ社が2013年度に新社会人(男女400名)となったフレッシュマンを対象に行った調査結果によると、初任給で「家族へのプレゼントを行う」と回答した割合は61%という回答でした。

男女別割合でみた場合は男性が61.5%、女性が60.5%であり、その差は殆どないと言って良い状況でした。つまり男女問わずフレッシュマンの6割が、初任給で親や家族に何らかのプレゼンを渡していることになります。

学生生活を支えてくれた親に感謝の気持ちを込めて、初めて正社員として働いて稼いだお金でプレゼントしたいと考える意識の高さが浮き彫りになった結果といっても良いでしょう。

初任給のプレゼント予算・相場

初任給のプレゼント予算・相場では初任給で親にプレゼントを贈る場合、フレッシュマンの皆さんは平均的にどのくらいの予算で検討しているのでしょうか、初任給でプレゼントを購入する相場を確認してみることにしましょう。

様々な企業が行った調査データの集積や聞き取り調査を行った結果として、およその目安として見えてきた予算とは「手取り額の10%前後」。

例えば初任給の手取り額が15万円の場合は1万5千円、手取り額が20万円なら2万円といった具合に自分の給料額を踏まえた上で、その割合により予算を決めているフレッシュマンが多いといえます。

こうした発想は近年の新社会人の性格的特徴を表していると言え、なかなか堅実な発想と評価できます。例えば手取り12万円の方にとって「相場が2万円」と言われれば20万円の手取りをもらったフレッシュマンよりかなりきつい金額になってきます。

しかし「手取額の10%」と考えれば、残り90%を必要な自身の支出にあてる上でそれほど無理が生じない割合になるとも言えます。そのため、皆さんにも自身の初任給手取り額の10%を予算の目安として親へプレゼンすることをオススメします。


初任給で親に贈りたいプレゼントランキング

第1位:外食

最も多く、人気の外食は物として残るものではありませんが、良い想い出として残ります。なかなか普段行かないようなお店をチョイスすることで、さらに喜ばれますよ。

例えば、フレンチ料理のお店だったり、隠れ家的レストランでゆっくり食事を楽しむのも良いでしょう。お寿司もいつもは回るお寿司でも、今回は回らないお寿司にしてみてはいかがでしょうか?

第2位:グラス・茶碗

グラスや茶碗といった、普段から使えるものを選んでプレゼントする人は多く見られます。グラスや茶碗は夫婦で使えるように、ペアのものを選ぶと良いでしょう。グラスを選ぶ時はデザインなども大切ですが、良く飲んでいるものなどを考えて決めると良いですよ。

例えば、ワインを良く飲んでいるのならワイングラスが良いですし、焼酎なら焼き物を…というように、それぞれの飲み物に合ったものを選びましょう。お酒を飲まないという方なら湯のみやインテリアとしても美しい江戸切子などをプレゼントすると喜ばれます。

第3位:お酒

プレゼントとしても定番のお酒は、親へのプレゼントとしてもやはり人気の商品です。20歳を過ぎているのであれば、親と一緒に飲むというのも親としては感慨深いものがあるのではないでしょうか?ただ、お酒は好き嫌いもあり、事前にどういったお酒が好きか聞いておく必要があります。

お酒をプレゼントするなら、ラベルにメッセージや写真を入れてもらえるギフト用のお酒もあるのでそちらを利用しても喜ばれるでしょう。また、ワインを選ぶ際に想い出の年、例えば初任給をもらった年のワインを選ぶのも魅力的なポイントと言えます。

第4位:マッサージグッズ

毎日仕事でお疲れなお父さんも、毎日家事や仕事をこなすお母さんも、喜んでもらえるプレゼントとしてマッサージグッズがあります。マッサージチェアはなかなか高くて手が出せなくても、マッサージクッションや磁気ネックレスなどであれば初任給のプレゼントとして最適でしょう。また、リラックス出来るアイテムなどもセットでプレゼントすればさらに喜ばれます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…
  2. 外回り営業マンのサボり方

    外回りの営業といえば、時間の使い方を自分で設計する仕事ともいえるのではないでしょうか。営業をしっかり…
  3. ワンマン社長の特徴と3つの対策

    皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 事務系の仕事に限らず、ビジネスマンが様々なビジネスシーンで活用している表計算ソフトと言えばマイクロソ…
  2. 顧客が怪我をして入院する・・・頻繁に起こることではないだけに、顧客へ送るお見舞いメールを書き慣れてい…
  3. 社会人になると取引先の方と、社外で打ち合わせや商談をすることが日常茶飯事になります。そのため、打ち合…
  4. 面接は性格や人柄、会社に入社したい熱意を確認するために重要な試験です。また面接者にとって自分を理解し…
  5. メールの宛先が複数となった場合、特に社外に向けたメールでしかも複数の企業にまたがるような場合には宛名…
  6. 就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…
ページ上部へ戻る