女性の新社会人が入社するまでに準備する必要なものまとめ

新社会人が入社するまでに準備するものリスト、以前はこちらの記事で「男性の新社会人が入社するまでに準備する必要なものまとめ」男性編をご紹介しましたが、今回は女性編として準備する必要があるものをご紹介したいと思います。身だしなみを中心にやはり男性に比べ必要な物も多くなりがちな女性の方は、これらのリストを見ながら、抜けているものなどないかいま一度チェックしておいて下さい。


外見、身だしなみを整えるもの

1:スーツ、ネクタイ、Yシャツ


職種によりますが、やはり男性と同じようにスーツなどの準備は必要となります。女性の場合、パンツスーツが必要なのか、スカートでもOKなのかは職種や職場環境などによっても変わります。ネクタイは不要となることが多いのですが、シャツなどはやはり多めに用意しておくことも大切で、会社にも予備を準備してことを考えると複数枚準備しておくことを忘れないようにしましょう。

2:ストールやマフラーなど


女性の場合、ストールやマフラーが必要な人も多いかもしれません。職場環境によって変わってきますが、冷房の利いている職場だったりすると手放せない物となる人も多いかもしれません。新社会人として入社する時期では微妙かもしれませんが、夏場などはもちろん寒くなる秋や冬などを考えるとあらかじめ準備しておくと便利です。

3:ビジネスシューズ


女性の場合はパンプスやヒールなどを着用することが多いと思いますが、新社会人のうちは慣れないヒールなどで足が痛くなったりすることも多いはずです。そうしたケースも考慮して例えば絆創膏なども準備しておくようにしましょう。またシューズの汚れなどは社会人として恥ずかしいことなので、ケアするためのアイテムも揃えておき会社などにも準備しておきましょう。

4:ストッキング


職種を問わずストッキングを着用する人は多いと思いますが、伝線してしまうことも多いはずなのでやはり数を準備しておくことが大切です。特に仕事中に伝線してしまったりすると大変なので、自宅のみならず会社にも予備を準備しておくことが大切です。

ビジネス小物など

5:ビジネスバッグ


男性と同じく、女性の場合もオーソドックスなものを選ぶことが大切です。ビジネスバックのような堅苦しいものである必要がなくとも会社の出勤時などに使うものであれば社会人としてふさわしいもの、恥ずかしくないものを選ぶことが大切です。

6:名刺入れ


社会人になると名刺を持つことになる人も多いと思いますが、名刺入れが必要になります。女性はどうしても派手目の物や高級ブランドの物を選びがちですが、新社会人として過度の派手すぎないものを選ぶようにしましょう。高級ブランドの物なども新入社員のうちは避けておく方が無難だと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業マンがモテる6つの理由

    営業マンがモテる6つの理由

    営業は、営業マン自身がお客様に人として認めてもらうことが、契約に至るまでの第一歩となります。そのため…
  2. 何度言っても同じミスを繰り返す部下への注意の仕方

    上司にとって、部下を繰り返し注意することは決して心地良いものではありません。ましてや、それがたった今…
  3. 仕事の効率化を大幅にアップする6つの方法

    他国と比べると、日本は労働生産性と呼ばれる仕事の効率性が悪く、それが長時間労働につながり、社会人のス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
  2. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
  3. 営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  4. 体育会系学生は、一般的に就活において有利になると言われています。では体育会系学生が就活において有利と…
  5. 年収額に対する手取り額や貯金額、支払い可能な家賃額を紹介するシリーズ記事において、今回は「年収400…
  6. 面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
ページ上部へ戻る