転職の準備に必要な期間・書類・貯金まとめ

いざ転職をしようとすると気になるのが、「いつまでに何をしなければならない?」「転職までにはどのくらいの期間が必要?」「お金はどのくらい必要?」といったことではありませんか。毎日の生活に影響を与えないようにしながらスムーズに転職をするためにも、何がどの程度必要なのかという点について解説していきます。

転職計画を立てる

最初に、転職できるまでの期間について、しっかり把握しておく必要があります。転職できるまでの期間は少なくても3ヶ月以上かかることを念頭に置いておきましょう。

転職の際、今はキャリアコンサルティング会社を利用する人が多いと思います。キャリアコンサルティング会社に登録をする前に、履歴書や職務経歴書を準備しつつ、自分自身がどのようなキャリアを送ってきていて、今後どのような職に進んでいきたいのかという点を考える時間が必要です。おそらく、仕事をしながら履歴書や職務経歴書を作成したりするケースがほとんどだと考えると、キャリアコンサルティング会社に登録するまでに2週間ほどの余裕を持っておいた方がいいでしょう。

また、キャリアコンサルティング会社に登録をして、担当をしてくれるキャリアコンサルタントと面談をして、いくつか希望する企業に履歴書や職務経歴書を送付するところまでであっても、1か月かかることもあります。

そして、その後、転職先が実際に決まるまでの期間ですが、これは面接回数やその時の景気や業界動向等によっても異なります。最低でも2ヶ月はみておいた方がよいでしょう。

さらに、現在勤めている会社の就業規則も確認しておきましょう。一般的に、就業規則には『自己都合退職する場合は3か月前に願い出ること』と記載されていることがほとんどです。正社員等の期間の定めのない雇用契約に該当する場合、民法627条で定められているように「雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する」という内容が適用されますが、社内での業務引き継ぎを問題なく進めることや有休休暇を消化することを考えると、退職したい旨を伝えてから、実際に退職するまでには2か月はあったほうが良いでしょう。

転職活動中に準備しておくべきもの

①履歴書・職務経歴書

履歴書の住所氏名や職歴の覧は、どの企業に提出する場合でも同じ内容を記入するはずです。面接が決まってから書き始めるのではなく、事前に予備の分も含めて記入しておきましょう。職務経歴書は、今ではパソコンで作成したものを使用することがほとんどで、使い回しが可能です。

ただし、職務経歴書については、応募をする会社によって、内容を書き換えることが頻繁にあります。例えば、営業職で面接を受けるとしても、製造業の面接では製造費関連した知識や強みに繋がる様な職務経歴書の方が、面接官に好印象を与えることができますし、広告業であれば、人脈や最新の情報の収集に関する強みに繋がる様な職務経歴書の方が面接官に好印象を与えることができます。

なお、外資系企業を受験する場合は、履歴書や職務経歴書について、英語版での提出を求められることもありますので、注意が必要です。

②スーツなど面接で着用する衣類

現在では「面接時には普段着で着て下さい」という会社も見かけますが、多くのケースで面接時にはスーツ着用ということが一般常識化しています。現職でスーツを着ていない人は、特にスーツの準備を忘れないようにしましょう。

就職活動時に使ったスーツを何年かぶりに出してきて使うという人もいるかもしれませんが、スーツはその年代や流行によって、形やボタンの数に変化があるため、場合によっては面接官に服装への違和感をもたれてしまうこともあります。

転職時に必要になると理解しておくべきもの

①住民票

住民票ですが、転職先が決まるとすぐに必要になるものです。発行から3か月以内の日付のものを求められることがほとんどですので、転職活動が始まったら、余裕を持って住民票を取得するようにしましょう。なお、住民票が現在住んでいる場所ではなく、実家などにある場合、転職先によっては、現在住んでいる住所に住民票を移してほしいという要請をされることもあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業で行われている実態の一つとして聞かれるようになった「自爆営業」。精神的な苦痛に加えて、経…
  2. マネジャー必見!仕事ができない部下を育成するたった一つのポイント

    「さっきも注意したのに、何度言ってもやっぱりできない」 「なぜこれが大事だと理解してくれないんだろう…
  3. チームワークを乱す人の特徴と対処法

    チームワークの重要性が叫ばれる一方で、「良い」チームを作ることは非常に難しく、チームワークを乱す人も…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 大企業に在籍していながら、「自分の実力で勝負してみたい」といった理由等から敢えてベンチャー企業への転…
  2. ブラック企業と言う言葉は新語・流行語大賞にノミネートされるほど有名になりましたが、ブラック企業の対義…
  3. 京セラおよびKDDI創業者であり、現在は見事に経営再建を果たした日本航空の名誉会長である稲盛和夫氏は…
  4. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  5. 米国の経済誌「フォーブス」は毎年世界の大富豪をランキングで紹介していますが、その長者番付に日本人も数…
  6. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
ページ上部へ戻る