パワーポイントでプレゼン資料を作るときのコツ4つ

パワーポイントは企画書やプレゼン資料を作成する際に便利なソフトです。パワーポイントを使うことで、口頭で説明するよりもより分かりやすく、伝えたいことをしっかりと伝えられるようになります。しかし、パワーポイントの作成に苦手意識を持っていたり、作成した本人は満足していても顧客にとってはピンとこない資料になってしまうことも多いです。

それは内容ばかりに気を取られていることが大きな要因でしょう。せっかく作成したパワーポイントがまったく意味をなさない資料にならないよう、気をつけていきたいものです。伝えたいことがしっかり伝えられる資料というのは、演出にも工夫がちりばめられています。そこで今回は、パワーポイントで資料を作成する際にぜひとも取り入れていただきたいコツをご紹介していきます。


①パワーポイントで資料を作る前にまずは骨子を考えていこう

骨組みパワーポイントで資料を作成するからといって、最初からいきなりパワーポイントを使い始めるのはお勧めできません。まずは伝えたいことを箇条書きで書き出していきましょう。頭の中にあるアイディア、アピールしたいことなどを整理するためには書き出すのが一番です。これが骨子であり、骨子がしっかりしていないと、伝える力が弱まってしまいます。続いて、目次やタイトルを考え、1スライドにどのようなメッセージを入れるかを具体的に考えていきます。


②文字の「大きさ」「形」「色」で見やすさを考慮する

フォントパワーポイントで資料を作るときに忘れてはならないのが「見やすさ」です。文字が小さくて詰まっているスライドに興味を持ってくれる人はいないでしょう。文字が詰まっていると見るだけで疲れたり、興味を失ってしまうものです。文字の間隔を考えること、そして図やイラストを適宜入れるなどして、顧客が読みやすく視覚的に伝わりやすい演出が必要です。

スライドごとに文字の大きさが変わっていたり、文章が多すぎるといったことがないように気をつけましょう。またフォントを統一することも大切です。フォントは、「MSゴシック」や「メイリオ」がパワーポイントには適しています。反対に「明朝体」は不向きです。いろいろなフォントを使ってしまうと統一感が損なわれ、「素人が作った資料」という印象が強くなってしまいます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    よく考えること、それ自体は大事なことであり必要なことです。しかし、営業のときにお客様が発する「検討し…
  2. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!

    できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!

    できる営業マンには共通する特徴があります。頑張っているのになかなか成果が上がらない人は、まずはできる…
  3. ワンマン社長の特徴と3つの対策

    皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 新しい職場は誰しも緊張するもの、慣れるまでにはある程度の時間が必要になるかもしれません。新しい職場に…
  2. 「仕事のストレス」は、どんなにケアをしていても時々肌に悪影響を与えてしまう場合があります。鏡の前で「…
  3. 会社を詳しく知る機会として会社説明会は、有効に就活へ活かしたいものです。会社説明会を有効に活かすには…
  4. 社員のモチベーションが高く職場の雰囲気が良い状態だと、自然と会社の売上も上がるといわれますが、おおむ…
  5. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  6. 学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけです…
ページ上部へ戻る