パワーポイントでプレゼン資料を作るときのコツ4つ

パワーポイントは企画書やプレゼン資料を作成する際に便利なソフトです。パワーポイントを使うことで、口頭で説明するよりもより分かりやすく、伝えたいことをしっかりと伝えられるようになります。しかし、パワーポイントの作成に苦手意識を持っていたり、作成した本人は満足していても顧客にとってはピンとこない資料になってしまうことも多いです。

それは内容ばかりに気を取られていることが大きな要因でしょう。せっかく作成したパワーポイントがまったく意味をなさない資料にならないよう、気をつけていきたいものです。伝えたいことがしっかり伝えられる資料というのは、演出にも工夫がちりばめられています。そこで今回は、パワーポイントで資料を作成する際にぜひとも取り入れていただきたいコツをご紹介していきます。


①パワーポイントで資料を作る前にまずは骨子を考えていこう

骨組みパワーポイントで資料を作成するからといって、最初からいきなりパワーポイントを使い始めるのはお勧めできません。まずは伝えたいことを箇条書きで書き出していきましょう。頭の中にあるアイディア、アピールしたいことなどを整理するためには書き出すのが一番です。これが骨子であり、骨子がしっかりしていないと、伝える力が弱まってしまいます。続いて、目次やタイトルを考え、1スライドにどのようなメッセージを入れるかを具体的に考えていきます。


②文字の「大きさ」「形」「色」で見やすさを考慮する

フォントパワーポイントで資料を作るときに忘れてはならないのが「見やすさ」です。文字が小さくて詰まっているスライドに興味を持ってくれる人はいないでしょう。文字が詰まっていると見るだけで疲れたり、興味を失ってしまうものです。文字の間隔を考えること、そして図やイラストを適宜入れるなどして、顧客が読みやすく視覚的に伝わりやすい演出が必要です。

スライドごとに文字の大きさが変わっていたり、文章が多すぎるといったことがないように気をつけましょう。またフォントを統一することも大切です。フォントは、「MSゴシック」や「メイリオ」がパワーポイントには適しています。反対に「明朝体」は不向きです。いろいろなフォントを使ってしまうと統一感が損なわれ、「素人が作った資料」という印象が強くなってしまいます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 成長する人と成長しない人の9つの違い

    入社した時期は同じでも数年後にはビジネスマンとして著しく成長し出世を果たす人もいれば、一向に成長でき…
  2. 男性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイントとおすすめブランド

    新入社員として好スタートを切るために、自分の分身でもある名刺を交換する場面は特にスマートに決めたいも…
  3. 責任転嫁する上司の対処法

    責任転嫁する上司の対処法

    あなたの会社には、ミスや失敗を責任転嫁する、無責任な上司はいないでしょうか?ミスが発覚すると「この問…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスなどの場でメールをいただいたときに、その最後に「返信不要」と書いてあることがしばしばあるかと…
  2. 営業マンは、新規開拓や商談、顧客フォローなどの営業活動を行う中で、様々なスキルが求められます。顧客の…
  3. 仕事で急な出張に出かけることになったとき、出先でうっかり忘れ物をしていることに気づいたことがある人も…
  4. 就活生向けに企業が行っている「会社説明会」に参加することで、その会社はどんな会社なのか、事業は何をや…
  5. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
  6. 就職もしくは転職を果たすためにまず突破しなければならない第一関門と言えば、「書類選考」ですよね。その…
ページ上部へ戻る