パワハラとは

国の労働相談窓口に寄せられる相談内容のトップに「いじめ」が踊り出ました。ここでいう「いじめ」の大半がパワハラ案件であると考えられます。「いじめ」というと軽く聞こえてしまう人も多いと思いますが、会社に対しては非常に大きなダメージを与えます。優秀な人材が辞めてしまう、周囲の人間が不信感を抱き全体的に仕事の能率が悪くなる、裁判を起こされて会社のイメージが悪くなるなど、パワハラは会社にとって大敵なのです。

パワハラとは

パワハラとは、職場内で、立場の弱い人間に対して精神的又は身体的な苦痛を与えることで、被害者が働きづらくなり、職場環境を悪化させてしまう行為のことを言います。一般的には上司が加害者で部下が被害者になる事案が多いのですが、最近では同僚同士の事案や部下が加害者になる事案もあります。立場が弱いということの中に、人間関係も含まれるからです。

なぜパワハラが脚光を浴びるようになったのか

上司が部下に対して厳しく叱責するなどということは、今に始まったことではなく、昔からどの会社でも普通に見られた光景でした。それなのに、なぜそのようなことが、現代においてパワハラという形で脚光を浴びるようになったのでしょうか。原因は、大きく二つあります。

一つは、従業員に気持ちの余裕がないことです。長引く不況の影響で一人当たりの仕事の負荷が増え、それに反して労働条件の向上が望めないという状況に置かれた従業員たちは、気持ちの余裕を失っています。そんな中、愛情を持った接し方ができなくなっているのです。

一昔前の上司による部下への叱責の中には愛情がありました。育ててやろうという思いからくる叱責であり、部下にもその思いが通じていました。しかし、今の叱責は、やり場のないストレスや鬱憤を晴らす目的で行われているケースが多く、やり場を向けられた方は堪ったものではありません。

二つ目の原因は、世代間による感受性の変化の問題です。昔の子どもは、親や学校の先生から叱られながら育ってきました。親や先生も、「なぜ叱ったのか」ということを教えてきました。よって、上司から叱られた場合でも、叱られる原因を考える気持ちの余裕を持つことができます。

しかし今の子どもは、叱られることに慣れていません。そのように、社会の環境が変化してしまったのです。そんな中、子どもたちが叱られることへの免疫を持たないまま社会に出てくるため、問題化してしまうのです。

同僚同士のパワハラや部下から上司への逆パワハラについても同様です。他人に愛情を持って接することができない人が増え、他人から厳しく接せられることへの免疫のない人が増えていることが、パワハラ問題が急増する原因となっています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  2. 人望が厚い人に共通する7つの特徴

    皆さんの周りにも人望が厚い人物がいると思います。その一方で、周囲に信頼してもらえない、人望がない人物…
  3. 外回り営業マンのサボり方

    外回りの営業といえば、時間の使い方を自分で設計する仕事ともいえるのではないでしょうか。営業をしっかり…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  2. 学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経…
  3. 貧困撲滅に取り組んでいる国際NGO「オックスファム」が驚くべき報告書を発表しました。それは2015年…
  4. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
  5. 社長として会社経営をしていると、どのように考え、どのように振る舞えば社員はついてきてくれるのだろ…
  6. 転職を考えた際にネックになるのが「退職時のトラブル」です。退職するということは、新しい道に進む自分に…
ページ上部へ戻る