口下手な性格を克服!特徴や原因から直す方法を理解しよう

口下手で人とうまく話す自信がない悩みを持つ人は少なくありません。他人との他愛もない雑談が苦手で、会話を盛り上げることができないことから、コミュニケーション能力がない、コミュ障が原因かもしれないと思うかもしれませんが、決して悲観することはありません。

口下手の男女別の特徴や原因・克服方法を理解し、前向きに取り組むことによって必ず克服することができます。ではどのような方法で口下手を克服できるのか、今回はその方法を皆さんへご紹介致します。

口下手の意味

まずは口下手に関連する言葉の意味を理解することから始めていきましょう。

口下手とは
話すことが不得意で、思うことをうまく人に入れないこと
引用:コトバンク

口下手な人の中には「コミュ障」と言われるケースのほか、ADHDをはじめとした大人の発達障害が原因で口下手になってしまう場合があります。後者の場合、まずは専門医に相談して症状等から改善策を見出す必要があります。前者のコミュ障とは具体的にどのような意味なのか、以下をご参考にしてください。

コミュ障とは
コミュニケーション障害の略である。実際に定義される障害としてのコミュニケーション障害とは大きく異なり、他人との他愛もない雑談が非常に苦痛であったり、とても苦手な人のことを指して言われる

コミュ障の場合、例えば仕事の現場で必要な会話や事務的な応対に関してコミュニケーションを取ることは問題なく行えるのですが、休憩時間などに同僚や上司と何気ない会話をするのが苦手で、何を話したらいいのか分からないと思ってしまうのです。

口下手な男性の仕事の特徴

口下手な男性の仕事の特徴

(1)同僚や取引先との雑談が盛り上がらない

職場は、本来仕事をする場所。とはいっても飲み会や休憩時間に、同僚や上司とコミュニケーションを取る場面はたくさんあります。口下手な人は会話に入りたいけど入れず、愛想笑いや相槌する程度になりがち。無口な性格をなんとかしたいと考えます。

(2)周りの視線が気になる

口下手な人は自分に自信が持てないため、自分が発した言葉を周囲がどう受け止めるか気にしてしまいます。「こんなことを言っても良いのかな」と不安になり、考えすぎてしまうため、緊張して余計に喋れなくなってしまいます。

(3)自信がないため部下や同僚をうまくリードできない

上司や先輩の立場になれば、部下に対して仕事の指示をしたりアドバイスをする場面も増えていきます。時には叱ったり、奮い立たせる発言が求められることも。ですが口下手で自信がないため、伝えたくても躊躇してしまうのです。

口下手な女性の特徴

口下手な女性の特徴

(1)無愛想に見られてしまう

人との会話に対して極度に緊張してしまうため、会話の機会そのものを避けてしまう傾向があります。友人同士が隣で楽しそうに会話していても、聞こえていないかのように振る舞ってしまう、忙しいフリをしてしまうなど、とても辛いと思います。ですが周囲は、会話に入ってこないあなたを見て無愛想だと思ってしまうのです。

(2)会話に入れない

口下手な女性は、みんなで話している場面でも会話に入れず、相槌や愛想笑いでその場を取り繕ってしまいます。本当は会話に入って皆と楽しく喋りたい、でも何を話したら良いのかわからないのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事の効率化を大幅にアップする6つの方法

    他国と比べると、日本は労働生産性と呼ばれる仕事の効率性が悪く、それが長時間労働につながり、社会人のス…
  2. ブラック上司へのパワハラ対策4選

    ブラック上司へのパワハラ対策4選

    一日の多くの時間を過ごす職場、そして生活の糧でもある職場でパワハラを受けてしまうほど辛いことはありま…
  3. メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    どの仕事をするにも責任感は付きまといますが、営業職は仕事の売り上げそのものを作るポジションのため、会…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスマンが会社を退職した場合には、会社での手続きだけでなく出来るだけ早めに自分で役所へ向かい、行…
  2. 職場で上司にセクハラを受けた、このような悩みは近年深刻な悩みとして取り上げられるケースが増えています…
  3. 転職活動は不用意に周囲へ打ち明けることができない場合もあり孤独になりがちですが、そんな孤独な転職活動…
  4. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
  5. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  6. 仕事で急な出張に出かけることになったとき、出先でうっかり忘れ物をしていることに気づいたことがある人も…
ページ上部へ戻る