仕事の移動費・出張費でクレジットカードのポイントを貯める方法4選

クレジットカード会社や航空会社間等の競争激化に伴い、以前は「ないよりあった方がいい」程度の位置づけだったポイントやマイレージサービスは、今やカード選定基準の最重要項目としてサイト上で比較されるようになる等、魅力的なサービスへと進化を遂げてきました。それだけに利用する側としてもできるだけ効率的にポイントやマイルを貯めたいものですが、特にビジネスマンは仕事で発生する移動費や出張費を有効に活用してポイントを稼ぎたいところ。そんなビジネスマンの皆さんの要望にお答えする意味で、仕事上で発生する交通費や出張費等での有効なポイントやマイルの貯め方を御紹介することにします。


貯め方①:航空会社のカード利用を一本化する

出張費で大きな金額となる移動手段といえば航空運賃。ポイントを効率的に貯めるには航空運賃で利率の良いポイントやマイレージサービスのある航空会社のカードを利用するのは必須中の必須事項と言えます。

そのマイルサービスを提供している大手航空会社といえばANAかJALとなり、どちらが得か、しばしば話題になりますがそれぞれ一長一短ありますし、また、各社が実施しているキャンペーン内容や実施期間によってどちらが良い、悪いは入れ代わるものです。従ってどちらが良いか悩んでいる方は、ポイント制度ではなくANAかJALかは皆さんが勤務している会社ではどちらを利用する機会が多いかで判断し、どちらか決めたらそのカード利用に集中することです。

逆に言えば、一番非効率な貯め方は例えばキャンペーン等のたびに両方のカードを利用してしまい、ポイントを分散させることです。ANAかJALかどちらかを選択したなら、あとは浮気せずにポイントを集中させるよう心掛けましょう。


貯め方②:「ANAまたはJAL+スイカ」の組み合わせにする

一言でANA、JALカードと言っても色々な種類のカードがありますが、仕事における移動交通費や出張費でポイントを貯めることを考えた場合に「最強」と言って良い組み合わせがANAまたはJALとJRが発行しているスイカの両方が合体したカードです。スイカは大雑把に言えば四国地方を除いた日本全国のJRで利用できる他、関東エリアなら殆どの私鉄、地下鉄でも利用できます。

また、車での移動が必要な出張場所ではレンタカーも利用する機会も多いでしょうが、レンタカー利用でもクレジットカードが利用できる他、例えば「トヨタレンタカー」ならクレジットカード払いだけでなく、スイカでの決済も可能です。つまりJR、飛行機、レンタカー、首都圏地下鉄、私鉄と仕事で移動するだけ自動的にポイントが貯まりますので、移動費や出張費でポイントを効率的に貯めたい方はこの組み合わせのカードを持つことをおススメします。


貯め方③:出張先の飲食はクレジットカードを利用する

特に宿泊を伴う出張が発生すれば、電車等の運賃やホテルの宿泊費だけでなく晩の食事にも支出が伴うものです。コンビニ弁当で済ますか、外食するにせよそうした支出の機会も逃さす、しっかりとポイントを貯めるようにしましょう。そのためには、外食時にはクレジットカードが利用できるかどうかを入店前に確認し、クレジットカードが利用でき店舗を優先すると共にクレジットカードで支払うようにすること。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 真面目系クズの11つの特徴を克服する3つの改善方法

    最近、「真面目系クズ」という言葉を耳にする機会が増えたと感じることはないでしょうか。真面系クズとは簡…
  2. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…
  3. 外回り営業マンのサボり方

    外回りの営業といえば、時間の使い方を自分で設計する仕事ともいえるのではないでしょうか。営業をしっかり…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
  2. 領収証はその字のとおり「領収を証する書類」ですので、正確でなければならない書類です。そのため本来ミス…
  3. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
  4. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  5. 巷では「資格は転職において有利になるか」が議論される場合がありますが、当サイトの賢明な読者の皆さんな…
  6. 転勤は単に職場が変わるだけでなく、転勤先によっては自分が慣れ親しんでいる住まいを変えなければならない…
ページ上部へ戻る