説得力のある話し方を身につける10の方法

説得力のある話し方を身につけることは、ビジネスマンにとって優先度の高いテーマと言って良いでしょう。皆さんは説得力のある話し方ができている自信はあるでしょうか?自信がない方は、そもそも説得力の出る話し方を理解できていない可能性があります。今回は、説得力のある話し方をするにはどのような条件を押さえる必要があるのか、訴求力を高める方法をご紹介します。


説得力のある話法・話術5選

説得力のある話法・話術5選

(1)数字で示すことを意識して話す

話す内容に説得力を持たせるには、数字を示して伝えることが不可欠と言っても過言ではありません。例えば「この街では数年前と比べて高齢化がすすんでいる」という表現だけでは、その街でどの程度高齢化が進んでいるのか、漠然としすぎていて理解することができません。

ところが「この街では8年前、高齢者の比率が10%だったのが、現在では35%まで高まっている」と表現すれば、その街における高齢化の急速な進み具合が具体的に理解出来るようになります。説得力のある話し方をしたい場合には、文字だけに頼ろうとせず、数字をできるだけ使って説明することも大切です。

(2)第三者の有効事例を用いる

論理立てて話せていたとしても、どうも説得力に欠けるときがあります。そんなときは話のテーマに関連する著名人や権威者の言葉を借りて伝えると、説得力を高めることができます。

例えば「成功するためには努力は必要不可欠です」と伝えるだけだと、いまいち納得感がありません。しかし「ベートーベンの残した言葉に“努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力している”という名言があります。つまり成功するには努力は必要不可欠といえます」と伝えると、成功した人が体現したメッセージが説得力を高めます。話法の中でも効果が大きいため、是非試してみてくださいね。

(3)Yes but法

Yes but法とは「相手の主張をまずは受け止め、次に相手の主張に反論することを伝える応酬話法」のことをいいます。Yes but法を使うことによって、相手は素直に提案を受け入れやすくなります。

例えば相手が「この商品を導入したときの効果はあるんだけど、料金が他社と比べると高いんだよね」と言った場合、まずは「おっしゃる通りですね。確かに料金は高いと思います」と相手の言葉を受け止めます。その上で「ですが、弊社の商品は他社にはないアフターフォローサービスも付与しています」と伝えると、相手の気持ちを逆撫ですることなく、素直に意見を聞き入れてくれる姿勢を保つことができます。

自分の主張に対してすぐに反論されると、相手は自分の意見を否定されたように感じてしまい、建設的に話ができなくなってしまうのです。

(4)ブーメラン話法

ブーメラン話法とは「相手の否定的な意見や断り文句を、売り文句に変えて伝える話法」です。ブーメラン話法によってネガティブな考え方をポジティブに転換することができるのです。

例えば相手が「この商品は他社の商品と比べて高い」と断り文句を言われたとき、「だからこそ、他社とは品質が違うんです。品質の違いによってこんな効果があります」といった具合に、品質の差をメリットとして合わせて伝えることができれば説得力が増すでしょう。

(5)論理的に話す

頭では理解できていても、いざ購入するとなると、なかなか一歩を踏み出せない…。そんなお客様は少なくありません。そこであなたも感情的になってしまうと、話は前に進まなくなります。説得するためには、ロジカルに話すことを心掛ける必要があります。具体的には、話の展開を「紛れもない事実→あなたの意見→提案」の順で話すということです。以下をご覧ください。

◎論理的に話す順序
1.事実
「円安や資材価格の高騰により、原材料費が昨年と比較すると20%も上昇しています」
2.意見
「コストは随時見直して抑制しているものの、このままの価格を維持すると品質を下げないといけません」
3.提案
「今まで通りの品質を保つことは守りますので、販売価格を10%値上げさせて頂けませんか?」

論理的に話すことによって説得力が増し、相手はあなたの提案を受け入れやすくなるのです。


説得力のある話し方のコツ5選

説得力のある話し方のコツ5選

(1)姿勢を正す

説得力のある話し方をするには、会話の内容だけでなく、話をする様子や姿も実は大変重要な要素になります。話す内容がわかりやすくても、猫背でうつむきかげんに話していれば、見た目の印象から説得力が欠けてしまいます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. G8・G20・G7のそれぞれの参加国と違い

    テレビのニュース番組や新聞記事の見出しにおいて「G8」「G20」「G7」といった言葉をしばしば見かけ…
  2. 【効率良く質の高い意見を引き出す】良い会議の進め方

    会議は社員の意見をまとめて会社の方向性を定めたり、意思決定を行う大事な役割を果たしています。ですが会…
  3. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
  2. アルバイトの中で皆をまとめるリーダーとなり、社員のような管理業務を経験したり、他アルバイトを指導した…
  3. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  4. プライドが高い人の9つの特徴
    あなたの周辺にプライドの高い人はいるでしょうか。プライドの高い人に対して、周囲の人は、そんなに意固地…
  5. ランチェスターの戦略について、皆さんはどの程度ご存知でしょうか。大戦時に生まれた戦争の戦略、ランチャ…
  6. 今回は、ビジネス英語で使われる部署名と役職名を一覧にしてご紹介します。英語表記の名刺を見たときに、相…
ページ上部へ戻る