人事部の仕事のやりがいと厳しさまとめ

企業経営における4つの経営資源「人」「物」「金」「情報」の中で、「企業は人なり」という松下幸之助さんの言葉もあるとおり、「人」が企業経営の存続・発展において最も大切な経営資源であることは言うまでもありません。その最も大切な経営要素である「人」に関わる業務を仕切るセクションが人事部であり、その責任はとても重大です。それだけに人事部には、人事部ならではの「やりがい」もあれば「厳しさ」もあります。

それではどのようなやりがいや厳しさがあるのか、現役もしくは人事部に所属していた経験のある皆さんの声を中心にまとめてみました。

人事部の仕事のやりがい

やりがい①:面接した社員から「入社して良かった」と言われたとき

人を募集し、採用に至るまでは実に多くの工程がありますが、それらの全工程を、責任を持って仕切っていかなければならない人事部の仕事は決して楽ではありません。

また、採用される側にとっても会社の選択は自分の人生を大きく左右する重大な決断です。それだけに採用した人材が入社したことを満足してくれた時には、大変大きな苦労や責任が伴っていただけに喜びもひとしおと言えるのでしょう。

やりがい②:新入社員が社会人として成長している姿を見たとき

人事部の仕事は「採用」だけでなく「人材育成・教育」も非常に重要なテーマです。つまり人の成長を促すことに関わることができるのが人事部の魅力と言えますが、社員が成長してくれたり、活躍してくれたりすることは、人事部の社員が仕事の成果を実感できる場面であり、醍醐味であると言えます。

やりがい③:成績に応じた正当な評価をされる社員が増えたとき

人事部の仕事には「評価制度の設計や開発」といった仕事もあります。この③の事例の通り、会社への貢献度が高いのにあまり高く評価されていない部署や人材にスポットを当てて、活躍に見合う正当な評価を行えるようにできる制度を作るのも人事部だからこそできる仕事なのです。

やりがい④:採用した人材の努力で新規事業が成功したとき

企業が新規事業を展開する上で、やはり人の配置は重要だと言えます。例えば海外で新たに事業展開するとき、慣習や考え方、あるいは宗教等々様々な日本人との違いを理解した上で雇用を行わないと、生産性をあげることは困難どころか、日本では考えられないようなトラブルを招く場合もあります。

そのため海外事業を成功に導く上でも人事部の役割は重大となりますが、日本とは異なる様々な違いを乗り越えて海外の社員を採用し、そうした社員が活躍してくれた場合は人事部冥利に尽きると言っても過言ではないでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. テレアポのコツ10選【法人営業編】

    法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
  2. 男性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイントとおすすめブランド

    新入社員として好スタートを切るために、自分の分身でもある名刺を交換する場面は特にスマートに決めたいも…
  3. 営業マンがモテる6つの理由

    営業マンがモテる6つの理由

    営業は、営業マン自身がお客様に人として認めてもらうことが、契約に至るまでの第一歩となります。そのため…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  2. 転職するとき、内定を獲得するまでの第一関門となるのが履歴書・職務経歴書による書類選考。書類選考では、…
  3. ある民間企業の調査によると会社員は1日あたり平均100件前後、中堅以上の企業の役員クラスとなると30…
  4. 法人間に限らず、個人間の社交の場面でもよく登場するものに「菓子折り」があります。この菓子折りの定義や…
  5. 皆さんは「無形商材」という言葉についてご存知でしょうか。「無形商材」とは文字通り形のない商品のことで…
  6. 商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
ページ上部へ戻る