【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

勿論自分に対する評価が適切でなければ不満を感じるものですが、それだけでなく、優秀な社員は会社の人事的な評価方法全体をシビアに見ているものです。つまり、自分さえ評価されていれば良いといった利己的な社員に優秀な社員はいない筈なのです。

従って、優秀な社員は自分が評価されていたとしも、人事的な評価が大変曖昧で公平さや正確性或いは客観性に欠けていることを見抜いてしまったら、会社へのロイヤルティーが大幅に低下しやがて去ってしまう場合もあると言うことです。

「アイツだけは高く評価していたのになぜ辞めたんだ」というのはこうした理由が考えられるのです。従って、社員を評価する場合に恣意的になっていないか、個人的裁量に任されているため評価基準がばらばらで、客観性が欠けていないか等絶えず検証することが大切だと言えます。

④我慢ばかり強いて社員の労苦に報いようとしない会社

苦労

会社の業績が悪いときは、給与やボーナスが下がったり、多少社員へ過重労働を強いてしまったりといった場面は起こり得るものです。そうした場面に直面すれば、苦痛からある程度の脱落者が出てしまうのも致し方ないと言えるでしょう。

しかし、それは仕方ないとしても、会社の業績が回復した、もしくは危機を脱したにも関わらず、そうした我慢や労苦だけを強いた社員に対して何ら報いようとしない会社も優秀な社員から見切りを付けられやすい会社と言えます。

この点について、経営者側の立場では「昨今の不透明な経済環境を考えれば危機を脱したと言ってもまたいつ何時環境が変化し、危機が訪れるかも知れない。そのためにはまずは経営的な体力をもっと蓄えておく必要がある」という、もっともらしく聞こえる抗弁があるかも知れません。

しかし、そうした姿勢は優秀な社員にとっては「自分が会社に対してどれだけ貢献しても評価してくれない会社だ」という評価につながるリスクがあるのです。一言で言えば、社員を大切にしていないと感じさせる会社に優秀な社員は留まってくれないということです。

従って、会社が不調な時に我慢や労苦を強いたなら、それに耐えて頑張ってくれた社員に対して労いと感謝の言葉をちゃんと伝えると共に、例えば給与のベースアップや福利厚生の充実等、細かな具体策はともかくも、何らかの形にして社員に還元する努力をすることが優秀な社員を逃さないという意味でもとても大切なことだと言えます。

さいごに

さて、4つほど優秀な社員が去ってしまう会社の特徴をご紹介しましたが、これらを通じてお気付きになったことがあると思います。それは優秀な社員だけを特別に厚遇することが、優秀な社員を引き留める決定打にはならないということです。

優秀な社員とは、自分のことだけでなく、社員全体に対する会社側の取り組みや対応等を客観的に尚かつシビアに見ているものです。そうした会社全体への視点といった面からも信頼を勝ち得ることが、優秀な人材を逃さない上で不可欠だと言えます。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下に嫌われる前に理解すべきボスとリーダーの7つの違い

    部下を持つ上司の皆さん、皆さんは皆さんの部下にとって「ボス」なのか「リーダー」なのかと問われた場合、…
  2. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  3. 上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    長い会社勤めの中では、上司の身内の方に不幸があり、訃報の連絡を受けることもあるでしょう。上司の身内に…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社とは組織で連携しながら仕事を行う場ですから、社員間の円滑で良好な人間関係は潤滑油として不可欠です…
  2. 年収300万円とはサラリーマンで給料以外の所得がない場合、額面での年間給料が300万円という人が該当…
  3. 女性社員と会話する場合、特に男性社員が気をつけなければならないことがセクシャルハラスメント、いわゆる…
  4. ブロードバンドの普及により、ネット専門の証券会社が多数台頭するなど証券業界は大きく変化した業界の一つ…
  5. どんなに優れたプレゼン資料、或いは提案の中身であったとしても、プレゼンでの話し方や話しぶりが悪ければ…
  6. 面接の際に「入社可能時期はいつですか?」と質問される場合、採用を前提とした確認をされていると捉えても…
ページ上部へ戻る