【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

勿論自分に対する評価が適切でなければ不満を感じるものですが、それだけでなく、優秀な社員は会社の人事的な評価方法全体をシビアに見ているものです。つまり、自分さえ評価されていれば良いといった利己的な社員に優秀な社員はいない筈なのです。

従って、優秀な社員は自分が評価されていたとしも、人事的な評価が大変曖昧で公平さや正確性或いは客観性に欠けていることを見抜いてしまったら、会社へのロイヤルティーが大幅に低下しやがて去ってしまう場合もあると言うことです。

「アイツだけは高く評価していたのになぜ辞めたんだ」というのはこうした理由が考えられるのです。従って、社員を評価する場合に恣意的になっていないか、個人的裁量に任されているため評価基準がばらばらで、客観性が欠けていないか等絶えず検証することが大切だと言えます。

④我慢ばかり強いて社員の労苦に報いようとしない会社

苦労

会社の業績が悪いときは、給与やボーナスが下がったり、多少社員へ過重労働を強いてしまったりといった場面は起こり得るものです。そうした場面に直面すれば、苦痛からある程度の脱落者が出てしまうのも致し方ないと言えるでしょう。

しかし、それは仕方ないとしても、会社の業績が回復した、もしくは危機を脱したにも関わらず、そうした我慢や労苦だけを強いた社員に対して何ら報いようとしない会社も優秀な社員から見切りを付けられやすい会社と言えます。

この点について、経営者側の立場では「昨今の不透明な経済環境を考えれば危機を脱したと言ってもまたいつ何時環境が変化し、危機が訪れるかも知れない。そのためにはまずは経営的な体力をもっと蓄えておく必要がある」という、もっともらしく聞こえる抗弁があるかも知れません。

しかし、そうした姿勢は優秀な社員にとっては「自分が会社に対してどれだけ貢献しても評価してくれない会社だ」という評価につながるリスクがあるのです。一言で言えば、社員を大切にしていないと感じさせる会社に優秀な社員は留まってくれないということです。

従って、会社が不調な時に我慢や労苦を強いたなら、それに耐えて頑張ってくれた社員に対して労いと感謝の言葉をちゃんと伝えると共に、例えば給与のベースアップや福利厚生の充実等、細かな具体策はともかくも、何らかの形にして社員に還元する努力をすることが優秀な社員を逃さないという意味でもとても大切なことだと言えます。

さいごに

さて、4つほど優秀な社員が去ってしまう会社の特徴をご紹介しましたが、これらを通じてお気付きになったことがあると思います。それは優秀な社員だけを特別に厚遇することが、優秀な社員を引き留める決定打にはならないということです。

優秀な社員とは、自分のことだけでなく、社員全体に対する会社側の取り組みや対応等を客観的に尚かつシビアに見ているものです。そうした会社全体への視点といった面からも信頼を勝ち得ることが、優秀な人材を逃さない上で不可欠だと言えます。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…
  2. 女性社員に嫌われる男性社員の特徴7選

    仕事をスムーズに進める上で、社員間のコミュニケーションは必須です。相手が誰であったとしても、お互いが…
  3. 仕事のやりがいがない人に共通する10の特徴

    仕事に対してやりがいを感じれないという人がいますが、皆さんは如何でしょうか。もし仕事に対してやりがい…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ある民間企業の調査によると会社員は1日あたり平均100件前後、中堅以上の企業の役員クラスとなると30…
  2. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
  3. 出張の多いビジネスパーソンにとって、持って行く旅行アイテムのチョイスは非常に重要です。出張時の仕事面…
  4. 大企業へ就職しても生涯安泰とは言えない時代になってきましたので、これからの成長の可能性等にかけてベン…
  5. 営業マンが外回りの営業活動を行う場合に携帯していると便利で重宝するアイテムを挙げるとしたら、皆さんは…
  6. 米国の経済誌「フォーブス」は毎年世界の大富豪をランキングで紹介していますが、その長者番付に日本人も数…
ページ上部へ戻る