【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

組織は定年退職の他、家庭の事情や都合等でやむを得ず社員が辞めてゆく場合は致し方ないとしても、そうしたやむを得ない事情ではなく、優秀な社員が自分の勤めている会社に見切りを付けて辞めていってしまうとしたなら、それは大変由々しきことであり、早急に解決策が必要と言えます。そこで、優秀な社員が辞めていってしまう会社の特徴例とそれら特徴に応じた望まれる基本的な対応策等を4つほどご紹介しますので、ぜひ参考にして頂きたいと存じます。

①仕事上のチャンスや立場、権限等を与えない会社

機会

「優秀な」という評価が付く社員とは向上心が旺盛で、失敗を畏れず新しいことにチャレンジする意欲が高い社員ではないでしょうか。にも関わらず、新しいことにチャレンジ出来る仕事に取り組めるチャンスや、ある程度の裁量権をふるって仕事に取り組めるような権限や立場を与えない会社は、優秀な人材が逃げ出してしまう典型的な会社と言えます。

優秀な人材なら、新人にもビッグプロジェクトの責任者にいきなり抜擢することを厭わない会社の方へ魅力を感じるでしょうし、またそうしたチャンスや立場を提供することで、優秀な人材を獲得し、成長を遂げている会社も決して少なくないのです。

「まだ経験が浅いから」「失敗するかも知れないから」「若いから」といった消極的理由でそうした優秀な社員にチャンスや立場、権限を与えることに消極的になってはいないでしょうか。勿論、優秀な社員だって失敗する可能性はあります。また、新しい取り組みはそもそも誰がトライしても上手くゆかないことだってある筈です。

つまり、会社には仮に社員が失敗して損失が生じても、社員を責めずにその損失を被る覚悟、つまり失敗すら折り込み済みで社員にチャンスを与える必要があるということです。会社そのものが失敗をおそれて社員にチャンスを与えることを躊躇しているようであれば、優秀な社員の流出は止まらないと言えます。

②意見を聞こうとしない、意見を聞いても取り入れない会社

意見

優秀な社員は、建設的な提案や良い意味で様々な意見を会社に対して発しているものです。そのような社員の意見に耳を貸そうとしない、或いは形だけ聞いたふりをしても、提案や意見を一向に取り入れようとしない会社も、優秀な社員がやる気を失い、去っていってしまう会社と言えます。

勿論、全ての提案や意見を採用しなければならないということではありません。が、多少荒削りであったり、完成度としてはまだ十分ではない点があったりしても、社員のやる気を引き出すために敢えて採用するぐらいの度量の広さが会社側に求められるのです。

また、仮に採用に至らなかった提案や意見に対しては、理由をちゃんと伝えた上でそうした建設的な姿勢や行為については認め、評価してあげることはせめて出来る筈です。そうした対応すら粗末にするようであれば、優秀な社員は定着しないと断言しても良いと言えます。

③評価基準が曖昧で、個人的な裁量等に評価が委ねられてしまっている会社

評価

評価基準が曖昧で、上司等の個人的私見や裁量のみで人材を評価している会社も優秀な人材が去ってゆく会社の特徴と言えます。但し、この会社の特徴を「優秀な人材を適切に評価出来ていないから」と理解してしまうのは早計です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    日頃からお世話になっている上司や目上の人が、病気やケガなど体調を崩して入院してしまった場合、部下から…
  2. 潔い人の10の特徴

    潔い人の10の特徴

    「なんて潔い人なんだろう」そう思える人、近くにいませんか。潔い人は傍目から見ても気持ちの良いものです…
  3. ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業で行われている実態の一つとして聞かれるようになった「自爆営業」。精神的な苦痛に加えて、経…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  2. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
  3. 「営業」という職種は自社の商品を販売するために活動するという点では共通していても、仕事のスタイルや活…
  4. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
  5. 集団面接、またはグループ面接と呼ばれる形式の面接は一次面接において実施される場合が多い面接形式と言え…
  6. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
ページ上部へ戻る