嘘をつく人の特徴や心理から、嘘を見抜く方法・うまく付き合う対処法を解説!

嘘をつく人の8つの特徴

嘘をつかれて騙されたり、嫌な思いをした経験のある人は少なくないと思います。嘘ひとつで人間関係が壊れることもあるくらい、人は嘘に対して敏感に反応します。嘘つきや虚言癖の人は、その人の性格に問題があり、実は本人自身も嘘をつく自分に悩んでいるケースも。今回は「嘘をつく人」の特徴や対応策についてお伝えしていきます。

嘘とは何か

嘘をつく人の心理とは

ここではまず「嘘」とはそもそもどのようなものかを考えてみたいと思います。「嘘」とは以下のような意味です。

1 事実でないこと。また、人をだますために言う、事実とは違う言葉。偽(いつわ)り。 2 正しくないこと。誤り。 3 適切でないこと。望ましくないこと。

嘘つきの人の中には、相手を騙す・陥れる目的で嘘をつく人もいれば、伝え方を間違って、相手に誤解を招いてしまい、結果として嘘つきのレッテルを貼られてしまう場合もあります。

今回はさまざまな理由で嘘をつく人の特徴や心理状況、対処法について、解説していきますね。

嘘つきは心が弱い人に多い

嘘をつく人の多くは、自分に自信がない、自分を認めて欲しいなどの、精神的に弱い人。「また嘘をついてしまった…」と悩みを抱えているケースも少なくありません。

嘘をつかれた人からすると、許せない気持ちや裏切られた思いになってしまうのも分かりますが、まずは嘘をつく人の心理を理解することも大切です。自己表現が下手な人もいるのです。

嘘をつく人の心理とは

嘘をつく人はどのような心理が働いているのでしょうか。心理状況をご紹介していきます。

相手に認められたい

相手に認められたい

相手に認められたい一心で、真実を嘘で塗り固めてしまい、本当の自分を大きく見せることによって、満足する心理状況です。相手に「◯◯さんって本当にすごいね!」と賞賛されたり、一目置かれることによって存在価値を見出すタイプのため、注意を引くことが快感になってしまい止められず、次第に嘘が大きくなっていき、最終的にコントロールできなくなって、あとでバレてしまうことも。

相手よりも優位に立ちたい気持ちが強く、また本当の自分に自信がないことから、嘘をついてしまいます。相手が羨むような有名人と知り合いだと言ったり、優秀な学歴や経歴と偽るなど、すぐにバレるような嘘でも、言葉巧みに伝えることで、事実と思い込ませるのです。

相手を陥れたい

相手に嘘を信じ込ませて、罠にはめる目的で嘘をつく人もいます。通常、嫌いな人や苦手な人とは一定の距離を置いて、極力付き合いを避ける方法を取るのですが、この手の人は、嫌いな人は徹底的に攻撃しないと気が済まないと考えます。

敢えて仲良くなるために近づき、自分の言動を信用してもらってから、根も葉もない噂を吹き込んで、人間関係を壊そうとするなど、非常に厄介な人です。

誰からも好かれる存在になりたい

誰からも好かれる存在になりたい

嘘をつく人の中には、八方美人のタイプの人もいます。人に嫌われることを嫌い、誰からも好かれたい欲求を持っていることから、敵対するグループや派閥争いに巻き込まれると、どちらに対しても良く思われたいと考えて、お互いに都合の良い嘘をついてしまいます。

「あなたはどっちの味方なの?」と聞かれた時、本心ではなくとも「もちろん、あなたの味方!」と答えてしまう癖があるため、その話が回ってしまい、結果として嘘がバレてしまうことも。

相手を傷つけたくない

事実を相手に伝えてしまえば、強いショックを受けてしまう、悲しませてしまうことを避けるために、嘘をつく人もいます。例えば、友人の彼氏の浮気現場を見てしまった場合、それを正直に伝えると、きっと友人は彼氏や浮気相手に対する憎しみがこみ上げると考え、何も見ていないことにして嘘をついてしまいます。

友人を思い遣る気持ちから出た嘘でも、事実がバレたときは、自分も共犯にされてしまう恐れもあるため、ずっと心の中にモヤモヤした気持ちを抱えてしまうのです。

怒られたくない

怒られたくない

本当のことを伝えてしまうと相手に怒られるため、意図して嘘をついてしまうパターンです。

このケースがよく起こるシーンの例を挙げると、仕事で引き起こしたミスや失敗を隠蔽して上司に業務報告をするとき。怒られたくない一心で、事実とは異なる内容を上司に伝えて、なんとかその場を乗り切ろうとしてしまいます。

嘘つきには4種類のパターンがある

嘘つきには4種類のパターンがある

上記で嘘をつく人の心理状況をお伝えしましたが、「嘘つき」には大きく分けて4つの種類が存在します。それは以下の通りです。

  1. 相手を騙す目的で、悪意を持って嘘をつくケース
  2. 自分を守る目的で、悪意のある嘘をつくケース
  3. 相手を傷つけたくない一心で、善意の嘘をつくケース
  4. 嘘をつくつもりはなかったものの、認識違いから結果として嘘をつくケース

上記のうち、「1.相手を騙す目的で、悪意を持って嘘をつくケース」「2.自分を守る目的で、悪意のある嘘をつくケース」は、タチの悪い嘘つきです。このなかには、虚言癖のある人やサイコパスも含まれることから、関わりを持つと痛い目にあう可能性があるため、適度に距離感を保つことが大切です。

「3.相手を傷つけたくない一心で、善意の嘘をつくケース」は、嘘をつく状況によって捉え方は異なるとはいえ、相手を思い遣った上で嘘をつく判断をした人や、事実を伝える度胸がない人が中心です。善意の嘘でも、お互い包み隠さず付き合っていきたい人にとっては「嘘をつかれた」という事実だけで、辛く感じることもあるでしょう。

「4.嘘をつくつもりはなかったものの、認識違いから結果として嘘をつくケース」は、嘘をつかれたことは間違いなくても、悪意があるとは言えません。しかしながら情報自体の信頼性が低いため、このようなタイプの「嘘」には、ある種、聞き手としてのリテラシーが問われます。

悪意のない嘘は意外と多い

例えば「明日雨が降る」と天気予報の情報をもとにAさんが周囲に伝えたものの、天気予報が外れてしまい、次の日が晴天だったとします。この場合、「Aさんは嘘つき」ということになってしまいますが、予報自体も間違っていたために、悪意があったとは一概には言えません。

このような誤解を生まないよう、Aさんはどのように伝えるべきだったのでしょうか?

一つには「明日雨が降る、と天気予報で言われていた」という伝え方を徹底することです。これは、天気予報が伝えていたことは事実であるため、嘘になりません。また、天気予報自体が正確かどうかについては言及していませんし、また百発百中の精度を誇る天気予報は、現状ではまだ技術的に不可能です。

もう一つは「明日雨が降る可能性があるようだ」という言い方です。これは可能性について言っていて確定していないため、嘘にはなりません。余計な誤解を与えてしまって、自分の評価を下げたくない、または相手を困らせたくない人は、省略表現には気を付けましょう。

嘘をつく人の9つの特徴

以上の観点から改めて嘘をつく人の特徴を考えてみましょう。

1.情報を鵜呑みにしやすい

情報を鵜呑みにしやすい

情報を鵜呑みにしやすい人は、その情報源の信頼性の有無は考えずに、周囲に話を広めてしまいます。世の中に出回る情報の多くが、根拠のない話や確証のない情報ですが、その誤った情報を信じ込んでしまい、安易に口にしてしまうことから、結果的に誤解を招いたり、嘘をついていることになってしまいます。

本人としては、その場を盛り上げるつもりで、話題提供の一環で話すことも少なくないため、嘘に対する重みもあまり感じず、それよりもお喋りのテーマを探すことに力を注ぎます。

2.他人との距離が近い

他人との距離が近い人は「省略表現」を信頼関係が構築されていないうちから多用する可能性があります。省略表現とは、天気予報のように可能性でしか予測できないことを、事実として伝えてしまうケースです。

その場合にはあなた自身がその性質を先回りして事前に理解しておくか、発言者に確実なことかどうか確認する必要があります。大抵の場合には「あなたのことを信頼していません」とは直接言いにくいので、自分自身で翻訳することで適応する必要が出てきてしまうでしょう。

3.性格が大雑把

性格が大雑把

大雑把な人も、事実を確かめずに発言することが多いため、結果として嘘をついてしまいます。一方で、意図的についた嘘は、話の内容が曖昧だったり、話の筋道の組み立てがめちゃくちゃなことから、すぐに見抜けてしまいます。発言者の性格を理解しておき、曖昧な表現には質問を入れて具体化するなどして、真偽を正確に把握することが必要です。

4.夢見がちでコンプレックスを抱えている

このタイプの人は現実と幻想の境目が付いておらず、夢を現実かのように語る傾向があります。コンプレックスを人に知られないようにするため、憧れている存在と自分との境界線を無くして、意図的に相手に伝えてしまうことも。弱さを認めず、虚勢をはることで自分の存在を維持したいのです。

上述したように、相手の性格から事実を正確に把握する対処法もありますが、どうしても聞くに耐えない場合には、あまり関わらないほうがいいでしょう。特に、全てを自分の都合よく解釈する傾向があり、責任を人に押し付けるタイプの人だと、あなたが何かをした時に、周囲に対して事実に基づかない悪口を吹聴されてしまう危険性があるため、付き合いを避けるのが賢明と言えます。

5.自己顕示欲が強い

自己顕示欲が強い

自分の存在意義を確かめたいと思う気持ちが強く、また他人に認められたい欲求が強い人は、嘘をついて自分を大きく見せようとしてしまいます。自己顕示欲が強い人は、普段から努力をかかさず頑張っている勉強熱心なタイプや、知識が豊富な人に多く、プライドが高い傾向があります。

そのため、本当はできない、無理なことでも、周囲の期待に応えたい思いや、褒められたい気持ちが先行してしまい、結果として虚偽を述べてしまいます。

6.自分に自信がない

自分に自信をもてない人は、周囲に対して自分を大きく見せる手段として、嘘をつく傾向があります。他人に対する劣等感を埋めるために、嘘をついてその場を乗り切ろうとしてしまうのです。知ったかぶりや詐称など、嘘の程度は違えど、信頼関係が根底に必要な仕事のやりとりをする場合にも平気で嘘をついてしまう人もいます。

7.夢に向かって地道に努力できない

夢に向かって地道に努力できない

通常、夢や目標がある人は、そこに到達できるよう、弛まぬ努力を積み重ねるもの。しかし、理想と現実のギャップの大きさに気づき、挑戦を途中で諦めてしまった人の中には、目標を成し遂げた空想上の自分を作り上げて、周囲にばら撒いて話してしまう人もいます。

虚像の姿を周囲から評価されるその瞬間は良くても、本当の自分とは異なることから後で虚しくなり、それを埋めるために更に嘘をついてしまいます。虚言で自分を塗り固めてしまうため、後で身動きが取れなくなってしまうことも。

8.頭の回転が速い

頭の回転が速い人は、話の前後の辻褄が合うように話を組み立てるのが上手い。そのため、嘘が相手にバレないよう、自然に話を展開することができます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 頭の回転が速い人の特徴

    頭の回転が速い人の8つの特徴

    頭の回転が速い人は、ビジネスシーンや日常生活などの様々な場面で一目置かれ、周囲から頼りにされます。特…
  2. 飲み会で上司におごってもらったときのお礼メールの書き方【例文付き】

    飲み会で上司におごってもらったときのお礼メールの書き方【例文付き】

    上司と飲みに行ったり、会社の飲み会に参加すると、新人や若手社員の場合はおごってもらう機会も多いのでは…
  3. ベンチャー企業に就職するメリット・デメリット

    一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  2. お世話になっている取引先の事務所等が移転した場合、移転祝いのメールを送ることはマナーと言って良いでし…
  3. 会社の部下や新入社員が退職を切り出してきた時、上司としてどう引き止めるかは難しい問題です。特に優秀な…
  4. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
  5. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  6. ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要…
ページ上部へ戻る