過去の記事一覧

  • 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」がその基本項目に該当しますが、その中でも、年齢や経歴の割に転職回数が多い人の場合、「転職回数の多さを指摘する質問」をされ…
  • 転職を成功させるためにやっておくべき自己分析の方法

    転職活動をする上で最初に行うことが自己分析です。自分自身がどのようなキャラクターあるかということを理解することで、「転職を通じて自分がどうなりたいのか」「譲れないことは何か」という点が明らかになるものです。そして、自己分…
  • 30代の転職で年収アップするために必要な6つの条件

    政策の影響もあり、景気が右肩上がりだと言われる一方、実態生活では右肩上がりの景気を感じる機会が乏しい中、転職業界の中では年収アップが実現する転職は難しいという印象を受けがちです。 しかし、このような印象に反し、…
  • 遅刻を繰り返す部下を正しく指導する方法

    「あれ、そろそろ就業時間なのに、あいつまだ出社してないな。」 「まさか、また遅刻…!?」 給料をもらって働いている以上、決められた時間に出社し、指示された仕事をスタートさせなければならないのは当たり前なことです。し…
  • 自分の糧にできる嫌いな上司との付き合い方7選

    仕事をしていると、職場内で嫌いな人や苦手な人が1人や2人はいるものです。そして、そんな嫌いな人に限って、自分の上司になることもあるものです。他の部署にいる嫌いな人であれば、視界に入らないようにする・休憩時間が一緒にならな…
  • 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事態に気付きトラブルを未然に防止することが可能となったり、上司が正しい情報に基づいて判断できるなど、報連相がもたらす影響は…
  • 【部下を育てる手法】コーチングとは

    会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、あるいはやらされているだけでは、育成の成果は表れません。教育された人間が自発的に行動し、成長することで、初めて成果があったと…
  • 課長になれる人となれない人の違いとは

    まじめにコツコツと頑張っていれば、部下を持たない係長まで昇進できる会社は比較的多いと思いますが、部下を持ち、管理者である課長に昇格するとなると、誰でもなれるわけではありません。課長職はどの会社でも、ヒトの上に立つのに相応…
  • 課長職になったら必要な7つのスキル・能力

    課長は個人の仕事だけでなく、「課」に求められている結果を実現する役割を負っています。その役割を果たすためには、個人単位で仕事をしていたときとは違う、別のスキルが要求されます。そのため、課長になってから苦労する人はとても多…
  • 課長と係長の役割の違い

    どの会社にも、いくつかの肩書が存在します。最近でこそ、マネジャーやリーダーなどのカタカナ語の肩書も見られるようになりましたが、通常は、主任、係長、課長、(次長)、部長という順番での肩書が、一般的ではないでしょうか。当然、…

ピックアップ記事

  1. 転勤の挨拶で取引先に伺うときの訪問アポの取り方とマナーまとめ
    人事異動が正式に発表されて転勤が決まった際に、取引先に対して転勤の挨拶をメールでお知らせすることは一…
  2. 飛び込み営業に必要な5つのスキルとできないときの最終手段
    飛び込み営業は、一般的にはブラックなイメージが大きい仕事だと言えますが、うまく契約を取って稼ぐことが…
  3. 忙しい人に話しかける9つのコツ・タイミング
    相手が忙しい時に話しかけてしまい、見るからに嫌そうな顔をした。一体どのタイミングで声をかければ良いの…
  4. 効率的に仕事を進める改善方法と優先順位のつけ方
    他の人は定時に帰宅しているのに、自分だけ毎日遅くまで残業している 仕事が遅いといつも上司か…
  5. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか
    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…

ピックアップ記事

  1. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
  2. 営業マンにとって大事な数字、「営業成績」。売上が悪い月などはノルマが達成出来ず気が重くなることもしば…
  3. 「営業」という職種は自社の商品を販売するために活動するという点では共通していても、仕事のスタイルや活…
  4. 今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご…
  5. お世話になっている取引先の事務所等が移転した場合、移転祝いのメールを送ることはマナーと言って良いでし…
  6. 「100年後も生き残る日本企業はどこか」と問われたら、皆さんはどの日本企業を選ぶでしょうか。一般的に…
ページ上部へ戻る