マイペースな人の12の特徴

マイペースな人の12の特徴

人付き合いをしていれば、あなたの周りにも一人くらいはマイペースな人がいるのではないでしょうか。マイペースという言葉は、他人に左右されることなく、自分の方法や進度を崩さない人に用いられます。決して悪い意味で使用される言葉ではありませんが、人付き合いをするのは難しいと考える方もいるでしょう。ここではマイペースな人の特徴をご紹介しますので、人付き合いをする際の参考にしていただければと思います。

1.常に冷静で、行動が落ち着いている

マイペースな人というのは、周囲がどれだけ慌ただしく動いていたとしても、その姿を見て同じように焦ったりはしません。周囲の環境に左右されることがなく、現状をしっかりと見定めて、じっくりと腰を据えて作業に集中することができます。

自分をしっかりと保つ心強い一面も持っているのですが、状況によっては「危機感がない」「周囲に合わせない」などとマイナスの印象を与える場合もあります。

2.感情的にならない

マイペースな人は冷静沈着です。周りに流されることなく自分のペースで物事を進めるため、余程のことがない限り、感情に身を任せることはありません。人によっては喜怒哀楽が薄いと感じることも。ゆったりとした時間のなかで過ごすことが一般的であり、性格も大らかのため、大きな声を出したりすることがないのです。自身にもゆったりとした雰囲気が漂っているため、周囲を和ませ、落ち着いた行動をすることができます。

3.落ち着いた丁寧な口調で会話する

落ち着いた丁寧な口調で会話する

マイペースな人は、言葉を選びながら丁寧に話す傾向があるため、多種多様な人に平等に接するという特徴があります。また、相手の立場に関係なく、全ての人に対して同じように接するため、自分の気持ちが伝わりづらい、理解されにくい場合もありますが、人間的に非常に優しい傾向があります。

4.自分に対する自信から堂々としている

マイペースな人は、自分の行動や言動に対して確固たる自信を持っています。そのため、周囲の影響を受けて心が乱れることがありません。しかし、それが裏目に出てしまう場合もあります。本来であれば、聞き入れるべき意見であったとしても、自分が正しいと思い込んだり、意見を曲げない頑固さも持ち合わせているため、揺るぎない手強い相手だと思われてしまう傾向にあります。チームで行動するときは欠点と見なされてしまう場合もあるため、要注意です。

5.何かを決断する場合は、徹底的に考えぬく

今後の方針や物事を決定する際、安易に決定を下せない傾向がマイペースの人にはあります。納得できるまで考えなければ行動することがありませんので、答えが出ず、最終的に時間がなくなってしまうということもあります。そのため、マイペースの人に仕事を依頼する場合は、時間的な余裕があるときに依頼を出しましょう。

6.自分の信念やポリシーを大切にする

自分の信念やポリシーを大切にする

マイペースな人というのは、一般的に協調性がないように思われがちです。しかし、本人にとっては、自分の考え方やポリシーを大切にしているだけで、相手に合わせないように行動しているわけでも、困らせたいと思っているわけでもありません。そのため、自分と共通点や方向性が同じであれば進んで取り組みますし、違う考えの場合は、納得できるまで話し合いをして妥協点を見出したいのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 働きがいのある会社の条件7つ

    入社してから定年までを1つの会社で勤め上げる終身雇用制度から、より良い職場を求めて転職を行う働き方へ…
  2. モンスター上司の5つの特徴

    モンスター上司の5つの特徴と対処法

    仕事のプレッシャーが原因でストレスを感じるならまだしも、直属の上司が、理不尽極まりない「モンスター上…
  3. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 係長だった上司が課長に、課長だった上司が部長に昇進した等々自分の上司が昇進した場合、皆さんならどのよ…
  2. 接待を受けた場合、社会人のマナーとしてお礼の言葉を伝える必要がありますがメールで行う場合にはどのよう…
  3. 毎年春になると初々しいスーツに身を包んだ新入社員が皆さんの部署に配属されることになりますが、新入社員…
  4. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  5. 商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  6. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
ページ上部へ戻る