残業時間を減らすための4つの方法・アイデア

仕事をしていると、なかなか仕事が終わらずに残業になってしまったり、進行の遅れや失敗によって時間内に終わらなくなってしまったりといろいろな問題が発生することがあります。しかし、会社によっては残業代がない会社などもありますし、できるだけ定時で帰れるようにしたいものですね。残業時間が増えすぎてしまうと場合によってはカウンセリングを受けなくてはいけない場合もあるので、毎日の仕事を効率よくし、残業時間を減らせるようにプランを考え直してみましょう。


①出社時にスケジュールを組み立てておく

スケジュールまずは第一に大切なこととして、会社に出社した際に、その日のスケジュールや業務内容をきちんと把握しましょう。今日自分がやらなくてはならない仕事内容や業務の締切、優先順位などを把握することで時間に無駄がなくなるので、作業効率を向上させることができます。

また、いつまでにやらなくてはならないのか、自分がどうしてもやらなくてはならない仕事なのか、といった部分まで考えられるとさらに仕事のスピードや効率がアップします。もしかしたら簡単で誰でも出来る余計な作業をわざわざこなしているという場合もありますので、そういった際には、誰かに頼んだり、協力をお願いする事も必要です。仕事は内容と時間と効率のバランスがとても重要です。まずはこのバランスをとれるように自分の仕事の内容をきちんと管理しましょう。


②無駄な時間は削り、集中できる時間を作ろう

集中仕事に集中できている時間は作業効率もよくはかどります。しかし、集中が切れてしまった場合にはミスが多くなったり、進行が遅れたりします。こうした時間はムダな時間になってしまう事もあります。もし集中できない状態になった場合には、少し休憩したり別の仕事に変えてみるとよいでしょう。

集中できないまま続けているよりも、少しの休憩などでリフレッシュして集中できるようになったほうが作業効率は良くなり、かかる時間も結果的には短くなります。また、休憩時間を自分で決めてとるようにすると、仕事と休憩時間のメリハリがつくのでダラダラ仕事をすることもなくなり、非常に効果的です。


③周りの人と協力して仕事を割り振ろう

仲間自分ひとりでこなす業務の場合は、自分のタイムスケジュールや段取りだけで進めることが出来ますが、複数人数で業務を行っている場合にはそうもいきません。自分の仕事は順調であっても、誰かがつまずいている状態では最終的にみんなでカバーしなくてはならなくなることがあります。こうした予想外の出来事で急な残業になってしまうことは多く、自分が原因ではない場合に不快な思いをしてしまう人もいます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【効率良く質の高い意見を引き出す】良い会議の進め方

    会議は社員の意見をまとめて会社の方向性を定めたり、意思決定を行う大事な役割を果たしています。ですが会…
  2. 転職の面接で気を付けるべき9の項目

    面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…
  3. 日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人でありながら日本語を間違って使用していることは実はそんなに少なくありません。今回紹介する言葉の…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 既卒者の就活は新卒者の就活より不利である・・・就活においてこのことは常識のように言われています。しか…
  2. 求人情報と言えばかつて求人誌に求人広告を掲載し、広く求人を求める方法、即ち「公開求人」が一般的でした…
  3. 企業の中で所属する課やチームのリーダーになることを「苦手」だと感じる人は多いかもしれません。リーダー…
  4. 営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意…
  5. 机の上は、仕事を効率的に進められるかを左右する最も大事なスペースです。会社の机が散らかっていると、大…
  6. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
ページ上部へ戻る