残業時間を減らすための4つの方法・アイデア

仕事をしていると、なかなか仕事が終わらずに残業になってしまったり、進行の遅れや失敗によって時間内に終わらなくなってしまったりといろいろな問題が発生することがあります。しかし、会社によっては残業代がない会社などもありますし、できるだけ定時で帰れるようにしたいものですね。残業時間が増えすぎてしまうと場合によってはカウンセリングを受けなくてはいけない場合もあるので、毎日の仕事を効率よくし、残業時間を減らせるようにプランを考え直してみましょう。


①出社時にスケジュールを組み立てておく

スケジュールまずは第一に大切なこととして、会社に出社した際に、その日のスケジュールや業務内容をきちんと把握しましょう。今日自分がやらなくてはならない仕事内容や業務の締切、優先順位などを把握することで時間に無駄がなくなるので、作業効率を向上させることができます。

また、いつまでにやらなくてはならないのか、自分がどうしてもやらなくてはならない仕事なのか、といった部分まで考えられるとさらに仕事のスピードや効率がアップします。もしかしたら簡単で誰でも出来る余計な作業をわざわざこなしているという場合もありますので、そういった際には、誰かに頼んだり、協力をお願いする事も必要です。仕事は内容と時間と効率のバランスがとても重要です。まずはこのバランスをとれるように自分の仕事の内容をきちんと管理しましょう。


②無駄な時間は削り、集中できる時間を作ろう

集中仕事に集中できている時間は作業効率もよくはかどります。しかし、集中が切れてしまった場合にはミスが多くなったり、進行が遅れたりします。こうした時間はムダな時間になってしまう事もあります。もし集中できない状態になった場合には、少し休憩したり別の仕事に変えてみるとよいでしょう。

集中できないまま続けているよりも、少しの休憩などでリフレッシュして集中できるようになったほうが作業効率は良くなり、かかる時間も結果的には短くなります。また、休憩時間を自分で決めてとるようにすると、仕事と休憩時間のメリハリがつくのでダラダラ仕事をすることもなくなり、非常に効果的です。


③周りの人と協力して仕事を割り振ろう

仲間自分ひとりでこなす業務の場合は、自分のタイムスケジュールや段取りだけで進めることが出来ますが、複数人数で業務を行っている場合にはそうもいきません。自分の仕事は順調であっても、誰かがつまずいている状態では最終的にみんなでカバーしなくてはならなくなることがあります。こうした予想外の出来事で急な残業になってしまうことは多く、自分が原因ではない場合に不快な思いをしてしまう人もいます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…
  2. 無責任な上司に仕事を丸投げされたときの対処法

    上司に仕事を丸投げされたときの対処法

    仕事をしない無責任な上司は、苦手な業務や面倒な仕事を、平気で部下に丸投げします。部下に対して、適切に…
  3. トップ営業マンが実践している7つのポイント

    今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接時に荷物になってくるものと言えば自分の鞄の他、冬場ならコートなどがあげられます。鞄やコートを面接…
  2. 年収300万円とはサラリーマンで給料以外の所得がない場合、額面での年間給料が300万円という人が該当…
  3. 取引先を怒らせた営業マンの失敗談と4つの対処法
    「自身のミスが原因で取引先に迷惑をかけてしまった」 「激怒した取引先から本社に大クレームが…
  4. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
  5. 世の中のあらゆる物や現象・出来事にはメリットとデメリットの両方が存在しています。メリットしかない、デ…
  6. ビジネスシーンの中で、「ご尽力」「お力添え」という言葉を使うことがあります。「ご尽力」とは、「目標を…
ページ上部へ戻る