仕事を辞めて海外に渡航して成功する人の特徴・準備4選

日本での仕事を捨てて海外に行き成功を収めたいと考えるなら、生半可な気持ちや準備で臨むことは許されません。事前に学ぶべきこと、やらなければならないことは多々あります。中でも海外で実際に成功している日本人について学ぶことは、必須の学習事項と言って良いでしょう。

そこで今回は、海外に渡り現地で成功をおさめている日本人にはどのような特徴があるのか、また海外へ渡航して現地で成功することを目標とした場合にどのような「準備」が必要か解説致します。海外渡航を考えている方は必見ですのでぜひご覧下さい。


特徴①:ハンディを乗り越える強いメンタリティがある

海外は言葉の問題だけでなく、文化や慣習、働き方への考え方等実に様々な点で異なります。また、日本人であること、つまり渡航した国では外国人であることがハンディとなる場合は多々あります。差別をされる場合もあるし、外国人であることを理由に不利なビジネス契約を要求されるといったことも珍しくありません。このことは日本にいる外国人の立場になってみればよくわかりますが、日本にいる外国人に対して日本人は一切差別していないでしょうか。日本人同様の信頼を外国人に対して寄せるでしょうか。

例えば日本人の保証人がいない外国人は、日本で賃貸アパート借りることすら容易ではないのです。しかし、そうしたハンディを乗り越えて日本で成功している外国人は多数います。従って、必ず受けると言ってよい差別やハンディを感じる場面に出くわした際、「自分は外国人だから仕方がない」といって早々とあきらめたり、或いはその度落ち込んだりしているようであれば、海外での成功は困難になるでしょう。

海外で成功している日本人はそんなハンディがあっても全く気にしない、むしろそうしたハンディがあるからこそ余計に気持ちが燃えるといったタイプの方々ばかりであることは、よく心得ておいてください。


特徴②:語学力の有無に関係なく「コミュニケーション」を大切にできる

語学力は高いことに越したことはありません。しかし、海外に渡航して成功している日本人がみな抜群の語学力を有していた方ばかりかというとそうではないのです。むしろ「語学に自信はなかった」と語る方は少なくありません。

その一方、海外で成功している人は現地の方との「コミュニケーション」はとても大切にしており、現地に多くの知人や友人を持ち、現地の方々からも慕われています。このことからわかることとは、現地の方とコミュニケーションを深めるために高い語学力は必須要件ではないということです。

語学力が不要とまでは言えませんが、片言であっても、少々発音がおかしくても、身振り手振りを交えて現地の人々へ自分の意志を伝えようとすること、言葉がわからなくとも相手が伝えようとしようとしていることを何とか理解しようとする積極的な気持ちの方が大切だということです。つまり、語学力が低い人が海外で成功できないのではなく、語学力が低いことを理由に現地の人々とコミュニケーションを図ろうとしない人が成功できないのです。

従って、現状語学力に自信がないという方は、語学力を高める努力は必要であるもののそれを理由にあきらめる必要はありませんが、言葉の壁を乗り越えて現地の人々とコミュニケーションを図ろうとする強い意志が求められることは忘れてはならないと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…
  2. 部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    仕事帰りに「ちょっと一杯飲みに行くか!」と部下を連れて飲みに行くのはよくある光景です。部下や後輩との…
  3. コンセンサスの意味と正しい使い方【例文付き】

    多様化の時代と言われる中で「コンセンサス」(合意)の意味が変わってきている。過去には共有された単一文…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 人材派遣で働く、アウトソーシングで働く、どちらも同じような意味で、同じような働き方じゃないの?と感じ…
  2. テレアポによってどんなにアポイントが成立したとしても、契約がとれなければ売上には結びつきません。営業…
  3. 身内に突然の不幸があり、葬儀に出席、もしくは準備をする場合は忌引き休暇として会社を休むことが出来ます…
  4. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
  5. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
  6. 営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくあり…
ページ上部へ戻る