アウトプットが苦手な人の練習方法4選

ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どちらかというとアウトプットが苦手だと言う人は多いかもしれません。知識や情報を得るインプットは出来ていても、アウトプットが出来ていないがためにせっかくのインプットが活かすことが出来ていない人は少なくないはずです。そこでここではアウトプットが苦手な人の為の練習法を4つご紹介したいと思います。どう練習したらいいのかわからない、そんな方はここで紹介する方法を参考にしてみて下さい。


①伝えるべきポイントを明確にする

アウトプットが苦手な人の場合、得た情報や知識を全部伝えようとしてしまうケースが多く見られます。沢山のことを伝えようとしてしまうあまり、結果として何を言いたいのかわからない話になったりと伝えるべきことの焦点がぼやけてしまいます。

ポイントはどこなのか、まずはそのことを明確化してみましょう。一番に伝えたいことは何なのか、何を伝える必要があるのか、ポイントを明確にすることでアウトプットに必要な情報が精査されます。その結果必要な情報と不必要な情報が明確になりアウトプットもスムーズになります。アウトプットする際にはまずポイントを明確にすることを意識するようにしてみましょう。


②人に伝える前提でインプットする

インプットの段階から、誰か人に伝える前提で情報や知識を入れるようにしてみましょう。人に伝えようと意識することで、インプットの段階からアウトプットを意識出来るようになります。人に伝えようと思うと「何が大事なポイントなのか」「そう言えば伝わるか」などを自然と意識するようになります。

アウトプットが苦手な人の場合、自分の為、自分の中だけでのインプットになっていることが多く、結果としてなんとなくのインプットになっていることが多くあります。人に伝える前提でのインプットでは、①でも解説しましたが伝えるべきポイントを明確にしてインプットする必要があり、そうすることでアウトプットの質が向上します。


③書き出すなどして言語化する

アウトプットの質を上げるためには、インプットした内容を深く理解することが必要であり、そのためには得た情報を整理することも重要です。要点は何なのか、重要なポイントは何なのか、ただ知識として覚えただけの時点ではこうしたポイントが明確になっていないことが多くあります。

そうした情報を頭の中だけで整理することは簡単ではありませんので、例えば一度文字として書き出してみる、ドキュメントとしてパソコンなどで打ち出してみることがおすすめです。文字として書き出すことで思考が整理され理解が深まります。また得た情報や知識を文字などにして書き出してみることで自身の理解度も明確になります。理解が足りていないのか、十分に理解できているのか、そうした自分自身に気が付ける練習方法でもあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. しつこい電話営業の断り方【断り文句集】

    しつこい電話営業の断り方【断り文句集】

    毎日のようにしつこくかかってくる営業の電話、うんざりしていませんか。「社長さんはいらっしゃいませんか…
  2. 上司や顧客とエレベーターやタクシーに乗るときのマナー

    今回は顧客や上司と乗り物に乗って移動するときのマナーを解説していきます。仕事ではさまざまなシーンに応…
  3. トップ営業マンが実践している7つのポイント

    今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時間の関係で夜遅くで…
  2. 転職サイトを利用したことがある方、またはご覧になったことがある方なら重々ご承知かと存じますが、どの転…
  3. 日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回…
  4. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  5. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
  6. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
ページ上部へ戻る