アウトプットが苦手な人の練習方法4選

ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どちらかというとアウトプットが苦手だと言う人は多いかもしれません。知識や情報を得るインプットは出来ていても、アウトプットが出来ていないがためにせっかくのインプットが活かすことが出来ていない人は少なくないはずです。そこでここではアウトプットが苦手な人の為の練習法を4つご紹介したいと思います。どう練習したらいいのかわからない、そんな方はここで紹介する方法を参考にしてみて下さい。


①伝えるべきポイントを明確にする

アウトプットが苦手な人の場合、得た情報や知識を全部伝えようとしてしまうケースが多く見られます。沢山のことを伝えようとしてしまうあまり、結果として何を言いたいのかわからない話になったりと伝えるべきことの焦点がぼやけてしまいます。

ポイントはどこなのか、まずはそのことを明確化してみましょう。一番に伝えたいことは何なのか、何を伝える必要があるのか、ポイントを明確にすることでアウトプットに必要な情報が精査されます。その結果必要な情報と不必要な情報が明確になりアウトプットもスムーズになります。アウトプットする際にはまずポイントを明確にすることを意識するようにしてみましょう。


②人に伝える前提でインプットする

インプットの段階から、誰か人に伝える前提で情報や知識を入れるようにしてみましょう。人に伝えようと意識することで、インプットの段階からアウトプットを意識出来るようになります。人に伝えようと思うと「何が大事なポイントなのか」「そう言えば伝わるか」などを自然と意識するようになります。

アウトプットが苦手な人の場合、自分の為、自分の中だけでのインプットになっていることが多く、結果としてなんとなくのインプットになっていることが多くあります。人に伝える前提でのインプットでは、①でも解説しましたが伝えるべきポイントを明確にしてインプットする必要があり、そうすることでアウトプットの質が向上します。


③書き出すなどして言語化する

アウトプットの質を上げるためには、インプットした内容を深く理解することが必要であり、そのためには得た情報を整理することも重要です。要点は何なのか、重要なポイントは何なのか、ただ知識として覚えただけの時点ではこうしたポイントが明確になっていないことが多くあります。

そうした情報を頭の中だけで整理することは簡単ではありませんので、例えば一度文字として書き出してみる、ドキュメントとしてパソコンなどで打ち出してみることがおすすめです。文字として書き出すことで思考が整理され理解が深まります。また得た情報や知識を文字などにして書き出してみることで自身の理解度も明確になります。理解が足りていないのか、十分に理解できているのか、そうした自分自身に気が付ける練習方法でもあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 働きがいのある会社の条件7つ

    入社してから定年までを1つの会社で勤め上げる終身雇用制度から、より良い職場を求めて転職を行う働き方へ…
  2. 日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人でありながら日本語を間違って使用していることは実はそんなに少なくありません。今回紹介する言葉の…
  3. 営業を辞めたい7つの理由

    営業職はどの会社でも必要とされるものでありながら、人間関係やノルマ、勤務時間などでストレスが高い職種…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  2. 課長は個人の仕事だけでなく、「課」に求められている結果を実現する役割を負っています。その役割を果たす…
  3. 法人間に限らず、個人間の社交の場面でもよく登場するものに「菓子折り」があります。この菓子折りの定義や…
  4. 社員のモチベーションが高く職場の雰囲気が良い状態だと、自然と会社の売上も上がるといわれますが、おおむ…
  5. 高品質な仕事をやりとげるには頭や体をフル回転させる必要がありますが、人間である以上24時間仕事ができ…
  6. 女性社員と会話する場合、特に男性社員が気をつけなければならないことがセクシャルハラスメント、いわゆる…
ページ上部へ戻る