アウトプットとインプットの意味

ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。社会人として、ビジネスマンとして成長していくためにはインプットやアウトプットをどれだけできるか、またその質を高められるかどうかはビジネスマンの成長にとって重要な要因となります。

しかしそもそも「インプット」と「アウトプット」のその正しい言葉の意味について、自信を持って説明することが出来ますでしょうか。もちろん知っている、説明できる、と思った方も多いかもしれませんが、広義に使われることも多いキーワードでもありますのでビジネス的な意味での使い方など誤解のないようしっかりと理解しておきましょう。

インプットとは

広義に使われることの多いこの言葉ですが、ビジネス的観点での「インプット」は「仕事を通して得た知識や経験」などのことを言います。これは学習などでも同じ使い方をすると思います。そこから得たもののことをインプットと呼びます。仕事では様々な知識が必要になる場面が多いはずです。そうした場面で必要となる情報を知識として吸収する、こうした活動のことをインプットと呼びます。

また、情報や知識を得ることの方かにも、その仕事を通じて経験すること、これもインプットです。それまでに経験したことのない事柄を経験することで新しく知識を得ることになるわけですから、これもインプットだと言えます。英語でインプットは「入力」を意味しますが、知識や経験を自分自身に入力すること・得ることをビジネスでのインプットと呼びます。

アウトプットとは

インプットが「入力」であれば、アウトプットは「出力」です。インプットで得たものを出すこと、ビジネスにおいては「成果・実績」を意味します。インプットで得た情報や知識もとに行動、その結果として出るものが成果や実績となるわけです。

アウトプットと聞くと「人に教えること」などのように捉えている人がいますが、ビジネスキーワードとしてのアウトプットは成果や実績のことを意味します。インプットしたものを元にした結果がアウトプットというわけです。インプットの質が高ければ当然アウトプットの質も高くなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…
  2. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…
  3. 営業職に有利な資格【IT・不動産・金融機関】

    営業職に有利な資格【IT・不動産・金融機関】

    毎日、営業職として働いており、今以上にキャリアアップを目指し幅広い仕事ができるようになりたいと考えて…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
  2. 部下との何気ない会話の中で、自分としては全くそうした認識がなかったのに「パワハラ発言」となってしまっ…
  3. 書類選考という第一関門を突破する上で、履歴書の出来栄えがいかに大切であるかは改めて申し上げるまでもな…
  4. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
  5. 語学関連の資格は、特に国際的な事業に取り組んでいる企業への就職を考える場合、就活で有利になると言うよ…
  6. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
ページ上部へ戻る