アウトプットとインプットの意味

ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。社会人として、ビジネスマンとして成長していくためにはインプットやアウトプットをどれだけできるか、またその質を高められるかどうかはビジネスマンの成長にとって重要な要因となります。

しかしそもそも「インプット」と「アウトプット」のその正しい言葉の意味について、自信を持って説明することが出来ますでしょうか。もちろん知っている、説明できる、と思った方も多いかもしれませんが、広義に使われることも多いキーワードでもありますのでビジネス的な意味での使い方など誤解のないようしっかりと理解しておきましょう。

インプットとは

広義に使われることの多いこの言葉ですが、ビジネス的観点での「インプット」は「仕事を通して得た知識や経験」などのことを言います。これは学習などでも同じ使い方をすると思います。そこから得たもののことをインプットと呼びます。仕事では様々な知識が必要になる場面が多いはずです。そうした場面で必要となる情報を知識として吸収する、こうした活動のことをインプットと呼びます。

また、情報や知識を得ることの方かにも、その仕事を通じて経験すること、これもインプットです。それまでに経験したことのない事柄を経験することで新しく知識を得ることになるわけですから、これもインプットだと言えます。英語でインプットは「入力」を意味しますが、知識や経験を自分自身に入力すること・得ることをビジネスでのインプットと呼びます。

アウトプットとは

インプットが「入力」であれば、アウトプットは「出力」です。インプットで得たものを出すこと、ビジネスにおいては「成果・実績」を意味します。インプットで得た情報や知識もとに行動、その結果として出るものが成果や実績となるわけです。

アウトプットと聞くと「人に教えること」などのように捉えている人がいますが、ビジネスキーワードとしてのアウトプットは成果や実績のことを意味します。インプットしたものを元にした結果がアウトプットというわけです。インプットの質が高ければ当然アウトプットの質も高くなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…
  2. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…
  3. 喫茶店やカフェで商談・打ち合わせをするときのマナー・注意点

    商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 国税庁の調べによりますと、男性サラリーマンの平均年収は平成25年実績で約510万円となっていますので…
  2. 販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在し…
  3. 学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけです…
  4. 領収証はその字のとおり「領収を証する書類」ですので、正確でなければならない書類です。そのため本来ミス…
  5. 今回は、ビジネス英語で使われる部署名と役職名を一覧にしてご紹介します。英語表記の名刺を見たときに、相…
  6. 法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
ページ上部へ戻る