スーツの上着を脱いだり席にかけるときのビジネスマナー

ビジネスマナーを知らずにいると、自分の気が付かないところで失礼な振る舞いをしてしまい、それが原因でビジネスマンとしての評価を落としてしまうこともあります。ビジネスマンとして失礼のない振る舞いをするためにも、最低限のマナーを知っておくことは非常に大切です。服装に関する常識などもやはり知っておくべきマナーの1つで、例えばスーツの上着に関しては、脱いだり席にかけたりする際にどのようにすればいいのか知っておくべきマナーがあります。得意先への訪問時などに失礼な振る舞いをしないためにも、しっかりと覚えておくようにしましょう。


上着は基本的に脱がないもの

まず始めに知っておくべきこととして、スーツの上着は基本的に脱がないもの、という認識があります。脱がないものと言ってしまうと少し語弊があるかもしれません。得意先の人や上司に合うときなどは上着を着用することが基本的なマナーとなりますので、そう言った意味では正式な場ではほとんど上着を脱ぐことがないとも言えます。

元々シャツは下着として考えられていたことがあり、そうしたことから上着を脱いでシャツ姿で仕事をすることはマナー違反になると考えられていたことがこうしたマナーへと繋がっている現状があります。しかし時と場所によって柔軟に考えることも大切で、いついかなる時も脱いではいけないということではありません。社内では脱いでもいいと考えるのが一般的で、シャツ姿で仕事をすることが当たり前と感じる会社も多く、社内であっても上着を着用することが当たり前だと考える会社もあり、このあたりは会社によりけりだと言えます。


上着を脱ぐときのマナー

以上のことから、まず上着を脱ぐ時にはシチューエーションなどを意識することが大事であると言えることが分かります。会社内でも脱いで仕事することがおかしいと考えられているのではあれば着用することが望ましいですし、そうじゃない場合は堅く考える必要はないとも言えます。また取引先の相手と同席している場合などはやはり相手に合わせることも必要で、自分勝手に判断してしまうと失礼な振る舞いになってしまうこともあります。このようにまずはその場の雰囲気に合わせることも大事なのですが、その上で上着を脱ぐ際のマナーとして、知っておきたいポイントが3つあります。

1:タイミングに注意する

取引先など自社以外の場で上着を脱ぐ際には、相手側から声をかけてもらったタイミングに脱ぐのがベストだと言えます。基本的には自分から脱ぐのではなく声がかかったタイミングを合図に脱ぐなどタイミングに注意するようにします。声がかからない場合においては、自分から一言断って脱ぐようにしましょう。無言で脱いでしまうことのないように気を付けることが求められます。

2:季節柄も意識する

上着を脱ぐタイミングは、基本相手から声がかってから、とご説明しましたが、しかし一方で季節柄を意識することも大切です。例えば、冬場厚手のコートや上着を着ている際に、声が関わらないからと言っていつまでも厚手の上着を脱がずにいるのも不自然ですしやはりマナーとして考えても失礼にあたります。臨機応変な対応が必要となりますが、季節感を意識した行動を取ることが大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司に評価されない部下、部下に評価されない上司の特徴

    上司に評価されない部下、部下に評価されない上司の特徴

    上司に対する不平不満に、部下の愚痴。夜の居酒屋に行けば、掃いて捨てるほど転がっている、上司と部下のす…
  2. 一次面接と二次面接の違い・特徴

    就職試験において行われる面接は皆さんもご存知のとおり、一次面接、二次面接があります。その次は最終面接…
  3. 女性社員に嫌われる男性社員の特徴7選

    仕事をスムーズに進める上で、社員間のコミュニケーションは必須です。相手が誰であったとしても、お互いが…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 大企業へ就職しても生涯安泰とは言えない時代になってきましたので、これからの成長の可能性等にかけてベン…
  2. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  3. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  4. ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではな…
  5. 無事志望する企業から内定を獲得し、後は大学を卒業するだけとなった時期、内定した企業によっては「入社前…
  6. 飛び込み営業に必要な5つのスキルとできないときの最終手段
    飛び込み営業は、一般的にはブラックなイメージが大きい仕事だと言えますが、うまく契約を取って稼ぐことが…
ページ上部へ戻る