スーツの上着を脱いだり席にかけるときのビジネスマナー

ビジネスマナーを知らずにいると、自分の気が付かないところで失礼な振る舞いをしてしまい、それが原因でビジネスマンとしての評価を落としてしまうこともあります。ビジネスマンとして失礼のない振る舞いをするためにも、最低限のマナーを知っておくことは非常に大切です。服装に関する常識などもやはり知っておくべきマナーの1つで、例えばスーツの上着に関しては、脱いだり席にかけたりする際にどのようにすればいいのか知っておくべきマナーがあります。得意先への訪問時などに失礼な振る舞いをしないためにも、しっかりと覚えておくようにしましょう。


上着は基本的に脱がないもの

まず始めに知っておくべきこととして、スーツの上着は基本的に脱がないもの、という認識があります。脱がないものと言ってしまうと少し語弊があるかもしれません。得意先の人や上司に合うときなどは上着を着用することが基本的なマナーとなりますので、そう言った意味では正式な場ではほとんど上着を脱ぐことがないとも言えます。

元々シャツは下着として考えられていたことがあり、そうしたことから上着を脱いでシャツ姿で仕事をすることはマナー違反になると考えられていたことがこうしたマナーへと繋がっている現状があります。しかし時と場所によって柔軟に考えることも大切で、いついかなる時も脱いではいけないということではありません。社内では脱いでもいいと考えるのが一般的で、シャツ姿で仕事をすることが当たり前と感じる会社も多く、社内であっても上着を着用することが当たり前だと考える会社もあり、このあたりは会社によりけりだと言えます。


上着を脱ぐときのマナー

以上のことから、まず上着を脱ぐ時にはシチューエーションなどを意識することが大事であると言えることが分かります。会社内でも脱いで仕事することがおかしいと考えられているのではあれば着用することが望ましいですし、そうじゃない場合は堅く考える必要はないとも言えます。また取引先の相手と同席している場合などはやはり相手に合わせることも必要で、自分勝手に判断してしまうと失礼な振る舞いになってしまうこともあります。このようにまずはその場の雰囲気に合わせることも大事なのですが、その上で上着を脱ぐ際のマナーとして、知っておきたいポイントが3つあります。

1:タイミングに注意する

取引先など自社以外の場で上着を脱ぐ際には、相手側から声をかけてもらったタイミングに脱ぐのがベストだと言えます。基本的には自分から脱ぐのではなく声がかかったタイミングを合図に脱ぐなどタイミングに注意するようにします。声がかからない場合においては、自分から一言断って脱ぐようにしましょう。無言で脱いでしまうことのないように気を付けることが求められます。

2:季節柄も意識する

上着を脱ぐタイミングは、基本相手から声がかってから、とご説明しましたが、しかし一方で季節柄を意識することも大切です。例えば、冬場厚手のコートや上着を着ている際に、声が関わらないからと言っていつまでも厚手の上着を脱がずにいるのも不自然ですしやはりマナーとして考えても失礼にあたります。臨機応変な対応が必要となりますが、季節感を意識した行動を取ることが大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 久しぶりの相手に送るメールの書き方【例文】

    久しぶりの相手に送るメールの書き方【文例付き】

    日常でやりとりするプライベートのメールと違って、独特のルールがあるビジネスメール。冒頭の挨拶文と文末…
  2. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…
  3. 仕事辞めたい人の本音の転職理由と後悔しない6つの転職方法

    仕事を辞めたいと思ったことはありませんか?そんなことを言うと「甘え」や「逃げ」であると説教をされたこ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. コスト削減を進める企業の多くは、光熱費や事務用品の節約を行い、1円単位でムダを減らす取組を進めていま…
  2. 個人面接は得意だけど、グループ面接は苦手・・・という人が意外に多いものです。その理由は、グループ面接…
  3. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
  4. ビジネスメールを送る際に頭を悩ませる、冒頭の挨拶文。どんなことを書けばいいのかメールを送る際に毎回悩…
  5. 「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提…
  6. 会社の電話が鳴り、受話器を取って「もしもし」と言ってしまったことはありませんか?もしかしたらすでに怒…
ページ上部へ戻る