営業代行サービスを利用するメリット・デメリット

高い営業力の獲得や、コストの削減など、営業代行サービスへの期待は年々高まっており自社の営業活動のアウトソース先として利用するケースが増えています。営業代行を利用することで得られるメリットは多くあります。しかし当然ながらそこにはデメリットがあることも知っておかなくてはいけません。そこでここでは営業代行サービスを利用するメリット、デメリットについて両方の側面から見て行きたいと思います。どんなメリット・デメリットがあるのか知っておくようにしましょう。


営業代行を利用する5つのメリット

メリット

1:コストを変動費にできる

年間通して常時営業力が必要ではないケースでは、営業代行を利用するメリットはコスト面における大きなメリットとなります。自社で営業力を持つことで常時コストがかかるようになりますが、必要な時にだけ営業代行を利用すれば固定費だったコストを変動費にすることが出来ます。


2:クオリティを確保できる

営業代行を利用するメリットとして、クオリティの確保は大きなメリットです。営業代行会社の多くが高いノウハウや高度なセールスキルを持っています。自社に営業リソースが無い場合、セールス力に長けた人材の育成もままなりません。営業代行サービスを利用すれば、育成などの問題に頭を悩まされることなく、高い営業力を利用することが出来るようになります。


3:新規事業立ち上げのスピードを補える

新規事業などではスピード感が大切になりますが、営業力の育成は時間がかかるものでやはり多くの場合事業の立ち上げに間に合わせることは簡単ではありません。営業代行を利用することで、即事業に最適な高い営業力を用意することが出来ます。事業を進める上で重要になる、スピード感を補うことが可能となります。


4:成果報酬によるコスト削減

営業代行サービスを提供している企業の中には、費用形態に成果報酬などうぃ採用しているケースがあります。アポイントの獲得や契約の獲得など、成果による対価を支払う費用形態を活用することでコスト削減にも繋がるケースがあります。成果の出ない自社営業力に高いコストをかけている場合において、非常に有効的な解決策となります。


5:大量の営業力の確保

大規模なプロモーションや事業の立ち上げなどなどでは、大量の営業力が必要となることもあります。自社内で大量の営業力を賄う事が難しいケースにおいても、営業代行を利用すること短期間で大量の営業力が確保できます。短期間で大規模なプロモーションを行う場合など、時間の無い中でも営業力の用意が可能です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 成功する営業マンが職場で厳守している7つの「ルールとマナー」

    「成功している営業マン」がビジネス専門サイトや、ビジネス情報誌において取り上げられる場合、主には商談…
  2. 女性社員に嫌われる男性社員の特徴7選

    仕事をスムーズに進める上で、社員間のコミュニケーションは必須です。相手が誰であったとしても、お互いが…
  3. 「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

    世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、 「元旦」と「元…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の際に「入社可能時期はいつですか?」と質問される場合、採用を前提とした確認をされていると捉えても…
  2. 会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、ある…
  3. 人材派遣で働く、アウトソーシングで働く、どちらも同じような意味で、同じような働き方じゃないの?と感じ…
  4. 昨今転職は「ブーム」と呼ばれ、誰もが従前より気軽に転職を考えるようになってきましたが、転職は自分の収…
  5. 第二新卒として転職活動を行う際には、新卒時と比べ有利になる点もあれば不利になる点などもあります。今度…
  6. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
ページ上部へ戻る