営業代行サービスを利用するメリット・デメリット

高い営業力の獲得や、コストの削減など、営業代行サービスへの期待は年々高まっており自社の営業活動のアウトソース先として利用するケースが増えています。営業代行を利用することで得られるメリットは多くあります。しかし当然ながらそこにはデメリットがあることも知っておかなくてはいけません。そこでここでは営業代行サービスを利用するメリット、デメリットについて両方の側面から見て行きたいと思います。どんなメリット・デメリットがあるのか知っておくようにしましょう。


営業代行を利用する5つのメリット

メリット

1:コストを変動費にできる

年間通して常時営業力が必要ではないケースでは、営業代行を利用するメリットはコスト面における大きなメリットとなります。自社で営業力を持つことで常時コストがかかるようになりますが、必要な時にだけ営業代行を利用すれば固定費だったコストを変動費にすることが出来ます。


2:クオリティを確保できる

営業代行を利用するメリットとして、クオリティの確保は大きなメリットです。営業代行会社の多くが高いノウハウや高度なセールスキルを持っています。自社に営業リソースが無い場合、セールス力に長けた人材の育成もままなりません。営業代行サービスを利用すれば、育成などの問題に頭を悩まされることなく、高い営業力を利用することが出来るようになります。


3:新規事業立ち上げのスピードを補える

新規事業などではスピード感が大切になりますが、営業力の育成は時間がかかるものでやはり多くの場合事業の立ち上げに間に合わせることは簡単ではありません。営業代行を利用することで、即事業に最適な高い営業力を用意することが出来ます。事業を進める上で重要になる、スピード感を補うことが可能となります。


4:成果報酬によるコスト削減

営業代行サービスを提供している企業の中には、費用形態に成果報酬などうぃ採用しているケースがあります。アポイントの獲得や契約の獲得など、成果による対価を支払う費用形態を活用することでコスト削減にも繋がるケースがあります。成果の出ない自社営業力に高いコストをかけている場合において、非常に有効的な解決策となります。


5:大量の営業力の確保

大規模なプロモーションや事業の立ち上げなどなどでは、大量の営業力が必要となることもあります。自社内で大量の営業力を賄う事が難しいケースにおいても、営業代行を利用すること短期間で大量の営業力が確保できます。短期間で大規模なプロモーションを行う場合など、時間の無い中でも営業力の用意が可能です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「思い」と「想い」の意味・違い

    「思い」と「想い」の意味・違い

    日本語には多くの同音異義語がありますが、一見同様に見える言葉にも、日本語には「微妙なニュアンス」の違…
  2. 営業のクロージング力を高めるテクニック7選

    営業のクロージング力を高めるテクニック7選

    みなさんはクロージングという言葉をご存知でしょうか。そもそも何の用語かもわからないといった方もいらっ…
  3. 仕事に自信がない人が自信をつけるための9つの改善方法

    性格の特性上からか、日本人は何事にも謙虚な姿勢で取り組む傾向があります。その一方で、現代の若者は自分…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業担当者にとって、商談が成立した瞬間はとても嬉しいものです。商談成立を目標にこれまで努力してきたの…
  2. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
  3. 負けず嫌いな性格の人の7つの特徴
    あなたの会社に、負けず嫌いな人はいるでしょうか。周囲の人よりも良い成績を出したいという強気でアグレッ…
  4. ピアスをつける、つけないというのは個人の自由です。しかし、企業面接時にピアスをつけていくというのはや…
  5. 憧れの素敵な上司に共通する8つの特徴
    「部下から尊敬される人になりたい」 「好かれたい」 「カッコいいところを見せたい」 「頼りにさ…
  6. 就職や転職などを考えるときに頭に入れておきたいのが、その企業や業界的に有利に働く資格も存在するという…
ページ上部へ戻る