「おる・おられる」の正しい敬語表現・例文と使い方まとめ

「おる・おられる」の正しい敬語表現・例文と使い方まとめ

ビジネスの電話などで使われる「A社の○○と申します、いつもお世話になっております。××様はおられますか?」という敬語表現に、あなたは違和感を持っていませんか?「おられる」に違和感がある人は、どこが変だと思いますか?おそらくそれは「おられますか?」のフレーズが敬語として正しい使い方になっているのかどうかではないでしょうか。

今回は「おられる」「おる」について、ビジネスシーンで目上の方に話すときの敬語表現として正しい使い方について解説します。ビジネスでは頻出用語ですが、少し厄介な点がある言葉です。デキるビジネスパーソンになるために、キチンと理解するべき言葉ですので、ここでしっかり学んでくださいね。

「おる」は「いる」の謙譲語

「おる」を漢字で書くと「居る」となります。この字を読んだら一目瞭然、「おる」の意味は「いる」です。「そこにいる」「(会社に)在籍している」という意味となります。

そして「おる」は「いる」の謙譲語です。謙譲語とは、相手の立場を高めるために相対的に自分をへりくだって表現する敬語です。ということは、そもそも「おる」を用いるのは社外の人や上司などの相手に対して「いる」かどうかを表現するのには相応しくないことになります。

「おる」を使う場合は、自分あるいは身内に使うのが基本です。身内が「居る」ことを表すときに「おる」を使う場合、当然ながら社外の人に対して社内の人のことを説明するときに使うことになります。使い方の例文を下記に紹介します。

  • その日は終日待機しておりますので、いつでもご連絡ください
  • 〇〇(自社の人)は別フロアにおりますので、すぐに呼んで参ります

また、実際どこかの場所に「居る」ことを表す場合だけでなく、聞いている、見ている、知っているなどの状態を表すときにも使います。

  • その件でしたら承っております
  • お名前は存じ上げております

ご紹介した例文ではすべて「おります」を使っています。「ます」は言うまでもなく丁寧語です。敬語を使うべき相手ですから、語尾は丁寧語である「ます」になるのが自然な組み合わせですね。

「おる」の尊敬語は「いらっしゃる」

「いる」の謙譲表現は「おる」ですが、では相手を高めるために使う尊敬語はなんでしょう。それは「いらっしゃる」です。お店ではお客さんが来店したときに「いらっしゃいませ」「ようこそいらっしゃいました」と挨拶しますよね。お店の挨拶の場合は「来た」に対する尊敬語となりますが、「居る」に対する尊敬語も同じ「いらっしゃる」を使います。取引先に電話をかけて、相手を呼び出してもらう時には、「○○様はいらっしゃいますか」が正しい敬語なのです。

さらに、「おる」と同様、状態の尊敬語表現でも使います。

  • この件についてはお聞きになっていらっしゃいますか?
  • 〇〇様でいらっしゃいますか?

「おられる」は間違い敬語

さて、次は「おられる」についてみていきましょう。「おられる」を分解すると、「おる」+「られる」です。この「られる(れる)」は、相手の状態について伝える場合は尊敬表現となります。(自分に対して使う場合は受け身や可能)

ところが、前章でご紹介したように「おる」は謙譲語です。ですから「おられる」は、謙譲語と尊敬語がくっついた、何ともおかしな言い方で、敬語としては間違いです。ただ、一定数の人はこの「おられる」が間違った敬語だとは認識していません。これが冒頭で触れた「おる」ならではの厄介な部分なのです。ではなぜ「おられる」が正しい敬語だと勘違いされやすいのかを、次の章でご説明しましょう。

地方によっては「おる」=「いる」と認識されている

西日本の多くの地域では、存在していることを表す意味である「居る」ことを方言で「おる」と使います。「バス停に人が3人おる」「塀の上に猫がおる」などと用います。

この場合「おる」は謙譲語ではなく、普通の表現となります。それに尊敬語に使われる「られる」をつけて「おられる」にすれば、何ら違和感のない尊敬語のできあがりというわけです。

ですので、「居る=おる」と認識している人にとっては「おられる」は間違い敬語ではないことになります。これが「おる」「おられる」の敬語表現特有のやっかいなところ。しかし「いらっしゃる」という尊敬語がある以上、「居る=おる」が常識の地方でも「いらっしゃる」を使っておけば間違いありません。ですから、「居る」=「おる」が習慣になっている人は、ビジネス会話ではうっかりそれが出てしまわないように意識するようにしましょう。

ダブル尊敬語の「いらっしゃられる」も間違いではないが、少しまわりくどい

では、社外の人やお客様、目上の人に使う尊敬語をダブルで使った「いらっしゃられる」という言葉はどうでしょうか?結論から言うと間違いではありません。ですが、ビジネスパーソン同士のやりとりでしたら「いらっしゃる」で十分でしょう。消費者(顧客)に対して最上級の敬語を使うことが必要とされる業種では「いらっしゃられる」を使うと、より丁寧さを出すことができます。「いらっしゃる」の言い換えとしては「おいでになる」「お見えになる」も使えます。

「おる」は「いる」の謙譲語、「おられる」には要注意

いかがでしたか?「おる」と「おられる」について理解いただけましたか?特に「おる」=「いる」の認識がある人は、そうでない人もいることを考慮して、おかしな敬語を使っていると思われないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 一般事務職への就職・転職に有利な資格3選

    一般事務職への就職・転職を目指す場合、採用に有利な資格はあります。特に事務の実務経験がない方は、事務…
  2. 【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    ビジネスパーソンの必須アイテムともいえる名刺、会社の新人研修でもまず行われるのが名刺交換のお作法とい…
  3. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 新しい職場は誰しも緊張するもの、慣れるまでにはある程度の時間が必要になるかもしれません。新しい職場に…
  2. 会社説明会は面接の場ではありませんが、そこには皆さんの採用を左右する人事担当者の方が見えている訳です…
  3. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
  4. 周囲の人が、年収によってどのぐらいの貯蓄をしているかは、誰しもが興味のあることではありませんか?これ…
  5. 日本には上場している会社だけで約3500社もあり、会社の総数にいたっては何と約170万社もあります。…
  6. 「転職先が決まったので、会社をやめたいと思っています。」 部下から突然、このように打ち明け…
ページ上部へ戻る