社内政治に負けない方法

本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだと言えます。しかしながら、人間は複雑な感情を有しているからこそかも知れませんが、理想とは裏腹に仲間内でありながら対立してみたり、足を引っ張り合ったりといった、いわゆる社内政治的なきしみが程度の差こそあれ、生じるものです。

しかし、社内政治によって対立や勢力争い、足の引っ張り合い等が生じている現状を嘆いているだけでは始まりません。その現状に立ち向かい、勝利を収めることを目標としないまでも社内政治に負けないようにすることは大切だと言えます。そこで、社内政治に負けない方法を四つほどご紹介しますので、社内政治に悩まれている方はその解決の一助としてぜひ役立てて下さい。

①社内政治に負けないためには「正確な情報が不可欠」

社内政治に負けないために、まずもって重要になるのが「正確な情報」です。当然ですが、「噂」に振り回されるようなことがあっては、決してなりません。一にも二にも正確な情報を把握することが大切ですし、正確な情報こそが社内政治に対抗する上で重要な武器にもなってきます。

ではどのような情報をとれば良いかと言うことですが、 ・どのようなメンバー構成で政治的対立が生じているのか ・自分はどのような位置付けで見られているのか ・何が主な対立点になっているのか ・中立的な立場になっているのはどのような部署、もしくはどのような上役なのか 等について、特に正確な情報が必要と言えます。

勿論こうした社内政治にまつわる情報は、正確な情報を得ること事態が困難な場合もあります。ならば、得た情報の正確度や信頼度を序列化する等して、正確度や信頼度に劣る情報については前提にしない等の工夫はせめて必要なことと言えます。

②敵視されている、あるいは対立しているメンバーへの言動には特に注意を払う

社内政治による対立が生じている場合、時として相手方は大こちら側の立場を悪くしようと変陰湿な行為に及ぶ場合もあります。非難したくなる気持ちもわかりますが、それが正論であったとしても非難は相手方を利するだけです。

従って、皆さんを敵視している、あるいは対立しているグループがいたとするなら、それらグループに属する人物への言動には最大限注意を払い、決して言質をとられないよう留意することがとても大切です。

例えば、それらのグループは皆さんが非難を浴びるような言質を取ろうとわざと挑発的言動を行う場合があります。それに乗ってはならないということです。そこはどんなに気分を害するようなことをされてもぐっと堪えて、紳士淑女として大人の対応、冷静な対応に徹するべきです。

もっと言えば、相手側グループを好意的に評価したり、褒めたりと言ったことも時には必要だということです。そうすることによって、とにかく相手側に攻撃する材料を与えないことが社内政治に負けない上での鉄板の処世術と言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司に依頼・お願いメールの書き方【例文集】

    上司への依頼・お願いメールの書き方【例文集】

    会社で仕事をしていると、上司に頼みごとをお願いしたり、部下に依頼するなど、お互いを助け合うことは日常…
  2. 男性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイントとおすすめブランド

    新入社員として好スタートを切るために、自分の分身でもある名刺を交換する場面は特にスマートに決めたいも…
  3. 新規開拓営業で結果を残す4つのコツ・方法

    営業と言う仕事の中で、特に難度が高いと思われがちなのが「新規開拓営業」です。そんな新規開拓営業にも顧…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「転職先が決まったので、会社をやめたいと思っています。」 部下から突然、このように打ち明け…
  2. 営業マンは、新規開拓や商談、顧客フォローなどの営業活動を行う中で、様々なスキルが求められます。顧客の…
  3. 皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
  4. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
  5. 転職において第一関門となる書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書が重要になってくることは申し…
  6. 女性社員と会話する場合、特に男性社員が気をつけなければならないことがセクシャルハラスメント、いわゆる…
ページ上部へ戻る