職場の人間関係やストレスで仕事を辞めたいときの対処法

職場で働いていると、絶えず人間関係に悩まされたり、ストレスがたまったりするものです。そして、人間関係やストレスで悩まされるくらいであれば、こんな職場なんて辞めてしまおうと思う人も多いのではないでしょうか。

実際、総務省が発表している『労働力調査』によれば、何らかの理由で実際に転職をしている人は年間280万人~350万人いるとされています。また、転職を希望している様な『潜在的転職者』は実際に転職をした人の倍~3倍はいるのではないかとも言われています。しかし、転職したとしても、転職先でまた人間関係やストレスに悩まされる可能性もゼロだと言い切ることはできません。

ここでは、職場の人間関係やストレスに悩んで「辞めたい」と思った時の対処法7つについて見ていきます。

①悩んでいることとその原因を紙に書き出す

まずは、悩んでいることが何なのか、出来る限り具体的に紙に書き出してみましょう。頭の中で考えるのではなく、文字にして悩みを『見える化』することで、脳に『自分はこのことで悩んでいるのだ』とより強く認識させることができます。

また、悩んでいることに対して、その原因についても考えてみましょう。書いていくことで悩みとその原因との関連性が見えやすくなりますし、文字に書いているだけでスッキリすることもあります。

②職場関係外の友人に悩みとその原因について話してみる

職場の人間関係やストレスについて話をするなら、職場の同僚にした方がより詳しく内容が伝わりやすいというメリットがあります。一方で、職場の同僚の中にも口の軽い人・固い人・状況によって口の堅さが変わる人など様々いますので、自分の悩みが誇張されたり不正確に伝わったりする可能性があるというデメリットもあります。

悩んでいることとその原因との関連性について紙に書いて整理がついたら、職場とは繋がりがなく口の堅い友人に話をしてみるのも良いでしょう。職場に関してあまり詳しくないからこそ、第三者として客観的な感想や意見を言ってくれる可能性が高まります。「そういう考え方もあるのか」という目からウロコのような感想な意見も含まれていれば、人間関係やストレス解消に向けたヒントになるかもしれません。

③趣味に没頭してみる

仕事から頭の中や心を離すための方法として、趣味や勉強に没頭してみるのも良いでしょう。仕事とは違う他のことに没頭することで、今までにはなかったものの見方や考え方に気付くことができます。

また、体を動かすことでストレスが緩和されるという研究結果や、映画やドラマを見て涙を流すことでストレスが緩和されるという研究結果もありますから、趣味を行うことでストレスを上手く解消する方法を身につけることもできるでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 感受性が強い人の5つの特徴

    感受性が強い人の5つの特徴

    あなたは「感受性が強い」と言われたことがありますか?「感受性」を構成する漢字を見る限りでは、何かを感…
  2. 遅刻・早退・欠勤時に会社へ連絡する時のマナー

    遅刻・早退・欠勤は、社会人としては避けたい出来事です。しかし「電車が遅延しており、就業時間に間に合わ…
  3. 書類選考で落ちる書き方の9つの共通点

    書類選考を通過できないのは、二つの理由に分けられます。以下をご覧ください。 ◎書類選考で落…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. クールビズは夏場を代表する国民的運動として社会にすっかり定着してきましたが、このクールビズを行う期間…
  2. 朝早く起きることができず、ギリギリセーフのタイミングで職場に駆け込むことは誰でも一度や二度は経験があ…
  3. 法人間に限らず、個人間の社交の場面でもよく登場するものに「菓子折り」があります。この菓子折りの定義や…
  4. 「転職先が決まったので、会社をやめたいと思っています。」 部下から突然、このように打ち明け…
  5. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
  6. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
ページ上部へ戻る