営業マンの「あるあるネタ」「職業病」まとめ

営業マンあるある・職業病まとめ

お客様に自社商品を購入してもらうために、あちこちを駆け回る営業職。営業はとても大変な仕事ですが、今回はそんな営業マンの「あるあるネタ」や職業病について解説していきます。

営業マンあるある・職業病

仕事編

営業マンあるある・職業病(仕事編)

(1)上司に報告するとき、見込み顧客を盛る

上司に怒られたり、詰められるのが嫌で、本当は案件が無いのに、あるように見せて報告したことはありませんか?特に、月末が近づいてくると上司の機嫌も悪くなるため、雷が落ちてくるのを避けるために嘘をついてしまうようです。そもそも「無い」案件のため、次の月に入るといつのまにか案件一覧から神隠しのように消え去るのが特徴です。

(2)喫茶店でさぼっていた上司や同僚に遭遇する

さぼろうと思って喫茶店に入ると、見慣れた顔の同僚や上司が雑誌を見ているのを目撃。今更店を出れないため、話しかけるも相手が上司ならとても気まずい空気になってしまう、そんな経験はありませんか。今後さぼるときは、その喫茶店を利用することは二度とないのは、言うまでもありません。

(3)会社周辺の休憩ポイントがたくさんある

外回りの営業で移動中に見かける公園や喫茶店、マンガ喫茶などは、体を休める大事な休憩ポイント。特に夏場は適度に休憩しないと熱中症になってしまいます。そのため営業マンは、見込み客を見つけることと同じくらい休憩場所のチェックに力が入ります。

(4)さぼったことがバレないように工夫する

外回りをしている営業マンは、夏はサボったらすぐにバレてしまいます。汗だくで帰社してもおかしくない季節に、涼しい顔で戻ると疑われてもおかしくありません。そのため、営業先からダッシュで帰って汗をかいたり、冬は凍えている演技をして帰社するなどの工夫を凝らします。

(5)社用携帯に着信があるとドキッとする

別にサボっている訳でもないし、怒られるような仕事をしている訳でもないけれど、外回りの最中に会社から着信があると、なぜか動揺してしまう営業マンがいます。上司の気に触るようなことを何かしてしまったかな?と考えてしまいます。

(6)ランチを奢ってくれるお客様を確保している

外回りの営業マンは基本、外食です。ですが外食は金額が高くなってしまう傾向があるため、営業マンの悩みの種。そこでランチを奢ってくれる気前の良いお客様のところに、フォローという名目で昼食前に訪問して、食事をご一緒させていただく作戦に出るのです。

(7)昼寝スポットがある

前日にたくさんお酒を飲んでしまって二日酔いの日や、夜更かしをしてしまってどうしても眠たい日は、外回りに出て、そのままお昼寝スポットで深い眠りにつくことも。場所によっては、落ち着いて寝れないところもありますが、「寝る用」や「サボる用」など、休憩場所の使い分けもきっちりできています。

(8)アポがあると言って外出したことがある

社内の空気に耐えれないときに、アポがあると嘘をついて外出してしまう営業マンもいます。夕方の遅い時間に出て行くときは、そのまま直帰するのも営業マンなら経験があるのではないでしょうか。

プライベート編

営業マンあるある・職業病(プライベート編)

(1)車を運転していると急ぐ必要がない時でもつい急いでしまう

営業マンがアポイントの時間に遅刻してしまえば、最悪の場合、商談を断られてしまうといった命取りの事態になりかねません。そのため、車を移動手段として利用している営業マンは遅刻しまいと急いで目的地へ向かうことが多くなる、というより、それが当たり前になっています。

その結果、プライベートでのんびりと気楽にドライブを楽しむことができなくなっている営業マンが少なくありません。目的地を定めずドライブ自体を楽しむはずが、ハンドルを持っている間は常に急ごうとしている自分にはっと気付くことが多くなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 課長になれる人となれない人の違いとは

    まじめにコツコツと頑張っていれば、部下を持たない係長まで昇進できる会社は比較的多いと思いますが、部下…
  2. 売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    営業成績が常に上位のセールスマンは、強い営業マインドを持って、日々お客様と接しています。成果がなかな…
  3. 営業のヒアリング力を向上する2つの方法

    商品が売れなくて困っている営業マンと毎月何千万も受注している営業マンの違いはなんでしょうか。ビジネス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
  2. 営業マンの給与形態は大きく「フルコミッション」と「固定給」の二つに分けることができます。両者の給与形…
  3. 部下をやる気にさせる特効薬と言えば「褒める」ことに尽きると言って良いでしょう。しかしただ褒めれば良い…
  4. ビジネスマナーを知らずにいると、自分の気が付かないところで失礼な振る舞いをしてしまい、それが原因でビ…
  5. 就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…
  6. 「ご愁傷様(です)」は、身内等が亡くなった遺族の方に対しお悔やみの気持ちを伝えるというデリケートな場…
ページ上部へ戻る