20代女性に人気の4職種

自分の働き方を考える上で、「会社」だけではなく「職種」の選択がとても重要になってくることは言うまでもありません。とは言え、多数ある職種の中から自分に適した職種を発見することもなかなか難しいものです。そこで当編集部では特に20代の女性に人気が高い職種をリストアップし、皆さんへその職種内容をご紹介することに致します。人気があるということは、その職種が20代女性を惹きつける魅力を有している何かがあるということです。その「何か」を、記事を通じて探求し、ぜひ自身の職種選択にお役立てください。


①広報

広報とは会社の窓口なって自分の会社に関する情報を対外的に発信したり、自社のブランド価値やネームバリュー向上につながる客観的情報をメディア等へ提供するといった仕事を行います。よく「広告宣伝」と混同されがちですが、似ている部分はあるものの基本的には異なります。

広報は会社の事実情報を正確に客観的に伝えたり、メディアからの取材要求があれば会社の窓口となって対応したりする役割を担うことが主な仕事ですが、広告宣伝は自社や自社の商品を様々な広告媒体を活用して、即ち広告予算を活用し自社が訴求したいことを重視してピーアールすることが主な役割です。仮に新聞紙の紙面で分けるなら、その会社の「記事」となる部分を担当するのが広報、「広告」となる部分を担当するが広告宣伝と理解すればよいと言えます。そのため広報は会社の正確な情報発信の窓口として、メディアへの対応や折衝を会社の代表として行う等、やり甲斐の大きな仕事である点が女性の人気を集めているようです。


②コンサルタント

近年コンサルタントとして活躍する女性が多数台頭し、メディアでも取り上げられるようになったことで20代、30代の女性からの人気が高まっている職種がコンサルタントです。一言でコンサルタントといっても、専門とする職種や業界等によってその職務内容や要求される資質、知識は大きく異なってきます。

例えば「人事」を専門とするなら「人材育成ノウハウ」の他、社会保険や福利厚生に関する深い知識が必要となる場合もありますし、「IT」なら情報システムに関わる「ハード」「ソフト」両面において高度な専門的知識が求められます。

そうした高い専門性や知識が要求される職種ですが、どのような分野のコンサルタントであってもその使命は「クライアントの抱える課題の解決」と集約することができます。難度の高い仕事ではありますがそれだけ年収も高く、何より課題解決によってクライアントからとても感謝される仕事がコンサルタントと言えます。


③薬剤師

資格が必要な職種の中で特に20代の女性から人気が高いのが「薬剤師」です。薬剤師になるためのハードルは決して低くはありませんが業務独占の国家資格であり、資格は生涯有効となりますので、出産や子育てで一時的に職場をリタイアしてもまた復帰しやすい点が人気を集める大きな理由の一つです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…
  2. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…
  3. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職先が決まり、これで転職終了と考える方は多いかもしれません。しかし、転職は働き始めてからが本当の勝…
  2. 自己紹介は、新入社員の皆さんにとって最も緊張を強いられる最初の仕事であり、社会人として良いスタートを…
  3. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
  4. 住居や事務所などの家賃は消費税込みなのか、それとも別なのか、こうしたお金にまつわること税金にまつわる…
  5. 当記事で好評のヘッドハンティングシリーズ、今回はヘッドハンティングをメールで断る方法についてご紹介す…
  6. 効率的に仕事を進める改善方法と優先順位のつけ方
    他の人は定時に帰宅しているのに、自分だけ毎日遅くまで残業している 仕事が遅いといつも上司か…
ページ上部へ戻る