できない営業マンのダメな手帳の使い方

当サイトではトップ営業マンの手帳の使い方や選び方についてご紹介した記事がありますが、今回はその反対、即ちできない営業マンのダメな手帳の使い方を取り上げることにします。たかが手帳と思われるかも知れませんが、やはりできる営業マンとできない営業マンでは手帳の使い方一つとっても大きな差があります。では、できない営業マンの手帳の使い方の具体的にどのような点がいけないのか、早速ご紹介して参りましょう。


①「時間・場所・相手」等最低限の情報しか書かれていない

手帳だめな営業マンはほぼ例外なく手帳を上手く使いこなせていないのですが、その1つが「午後2時A社」と最低限の情報しか書き込まないという使い方です。「手帳は本人が使うもの。本人がわかっているのだから余計な情報を書き込む必要はない」というのが主な理由のようですが、手帳に予定を書き込むことを面倒に感じている面もあると考えて良いでしょう。

ではこうした手帳の使い方のどこがいけないのかということですが、午後2時A社では2時にA社に行くことはわかりますが、例えばA社との商談進行状況や当日の商談において留意すべきことだとかはこの情報だけではわかりませんし、そもそも午後2時にスタートした商談は何時頃終わるのかはっきりしません。そうした情報を自分の記憶だけに頼っていれば、例えばアポイントが込み合った場合に記憶が曖昧になったり混乱してしまったりする可能性があり、それが商談の精度を低め、契約率の低下にもつながります。

こと細かくあれこれ情報を書き込めば良いというものではありませんが、商談の段階や状況、大切な留意事項、終了予定時間等々、例えば自分なりの記号を考える等して簡潔に書き込む工夫を行えば「午後2時A社」の商談に臨むにあたっての必要な情報を手帳上で確認できますし、間違いも防げます。つまりできない営業マンはこうした工夫をしようとせず、手帳を使うことをただ面倒に感じてしまっている場合が大変多いのです。


②視覚的な工夫をしない

手帳に工夫できない営業マンは手帳を視覚的に使いやすくするといった工夫をほとんどしていません。①でお伝えしたような記号を使用して簡潔に情報を書き込む工夫は大切なことですが、それだけではまだ不十分です。手帳は通常各日付と曜日が均等な割合で区分けされていますので、それぞれの予定の文字量が同じ程度になってくるとどの予定が特に重要な仕事か等視覚的に把握することはできません。そのため、仕事の優先順位を確認するには一通り予定に全て目を通す必要が生じてしまい、手帳を確認する際の時間的なロスが生じます。

その点で、できる営業マンは自分なりの色使いのルール等を決めて例えば最重要の予定については赤罫線で囲む等、手帳をみれば瞬時に優先度がわかるような工夫をしています。つまり手帳は「書き込む」場面だけでなく、「見る」場面でも工夫を施すことが大切なのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 喫茶店やカフェで商談・打ち合わせをするときのマナー・注意点

    商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  2. 外回り営業マンのサボり方

    外回りの営業といえば、時間の使い方を自分で設計する仕事ともいえるのではないでしょうか。営業をしっかり…
  3. 嘘をつく人の8つの特徴

    嘘をつく人の特徴や心理から、嘘を見抜く方法・うまく付き合う対処法を解説!

    嘘をつかれて騙されたり、嫌な思いをした経験のある人は少なくないと思います。嘘ひとつで人間関係が壊れる…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 内定を複数の企業から獲得できた場合、本命企業が含まれているなら特に迷うことはありませんが、どの企業も…
  2. ニュースや新聞などでもよく聞く言葉「GDP」、GDPとはどんな意味なのか正しく説明することが出来ます…
  3. 誰しもが万が一のときや老後に備えて、少しでも貯金をしたいと思うものですが、実際に生活していると、急な…
  4. 貧困撲滅に取り組んでいる国際NGO「オックスファム」が驚くべき報告書を発表しました。それは2015年…
  5. 上司には様々なタイプがいると思いますが、その中でも怖い上司とはどう付き合っていくべきなのか、その関わ…
  6. 上品な人の10の特徴
    「上品な人」と一緒にいると、なんとなく心地よくて、自分も落ち着いた気持ちで、ワンランク上の振る舞いが…
ページ上部へ戻る