社内ニートになる原因・特徴・脱出方法まとめ

社内ニートの4つの特徴

社内ニートの4つの特徴社内ニートが生み出される原因は必ずしも本人だけが原因とはいえない場合もありますが、次のような特徴を備えている人物は社内ニートになりやすい、もしくは既に社内ニートとなっている人物の共通的特徴と言えます。

(1)生産性や仕事の品質が低い

仕事を依頼すれば抜けやケアレスミスが目立ち、その上時間ばかりを要して納期どおりに仕事が上がらないという人には仕事を回すことが難しくなってしまいます。

そうなれば必然的に仕事をこなす機会が減りますし、経験を積めないことで益々生産性や仕事の要領を得られなくなることでニート化しやすくなります。

(2)上司の目を盗んで「サボる」ことばかりを考える

上司の目を盗んでは、仕事をサボることばかりを考える社員も社内ニートになりやすい特徴を備えています。

例えば、上司が営業先から会社に戻ってきた時にパソコンで調べ物をしているふりをしてネットサーフィンに興じている人や、上司が席の後ろを通るときにパソコンの画面を切り替えて仕事をしているかのように見せる場合です。

(3)納期を自分都合で伸ばしたがる

納期どおりに仕事を終えることができなくとも、やる気があるならまだマシなのですが、社内ニートは数時間あれば容易に終了させることができるような仕事でも、平気で数日程度の納期を要求するタイプが多いと言えます。

つまり、自分が楽をすることと、その仕事にかかりっきりという建前の元に遊んだり、サボったりする時間を作りたいがために納期を要求するのですが、こうしたタイプは社内ニートになる可能性が高いと言えます。

(4)社内での付き合いに対して消極的・無関心

社内ニートの特徴は他社員との交流やコミュニケーションに対して消極的であったり、無関心であったりするタイプが多いと言えます。交流や付き合いを避けたがるため、自ずと孤立しやすいのですが、そうした状況になってもあまり気にならないというのも社内ニートに見られる共通した特徴です。

社内ニートの3つの脱出方法

社内ニートの3つの脱出方法

(1)仕事の進め方や段取りを周囲から学ぶことから始める

社内ニートは長期間仕事をせずにサボっているため、脱出を図ろうとしても上手く仕事に取り組めなければ結局また社内ニートに戻ってしまうことになりかねません。

そのため、社内ニートから脱出するには、豊富な時間を活かして仕事の進め方が上手な上司を観察するなどして、要領の良い仕事の進め方や段取りを周囲から学び取ることから始めましょう。

(2)「社内ニート」に陥っている現状を周囲に知らせる

社内ニートは本人が社内ニートになっている自覚はあっても、周囲が意外に気付きにくい面があります。そのため周囲からの救援は得にくい傾向があります。そうした状況を本人が放置すればいつまで経っても社内ニートから脱出できなくなります。

そこで一番の方法は自分が社内ニートに陥っている状況を素直に周囲へ知らせ、サポートしてもらうことです。

今まで仕事をサボっていたため、周囲の反応は冷たくなることは十分考えられます。そのためプライドが傷つくこともあるかもしれませんが、ある程度の苦痛を乗り越える覚悟が社内ニート脱出において必要だとも言えます。

(3)転職する

社内ニートを宣言して周囲に協力を求めても上手くいかない場合は、心機一転、転職するという最終手段もあります。しかし最初から転職を目指すのではなく「社内での脱出」に最大限努力することを優先してください。

それでも変われない場合は、思い切って環境を変えるしか方法がありません。その決断は決してマイナスではありません。充実した日々を過ごすために前向きな選択なのです。

社内ニートを脱出するのはあなたの気持ち次第

現在、あなた自身が社内ニートに近い状況になっていたり、すでに社内ニートに陥っている自覚がある場合、自身をもう一度省みて、現状に甘んじることなく、自分を本気で変えるつもりで現状から脱出を図ることを真剣に考えましょう。つまり「本気になること」が社内ニート脱出の第一歩です。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    営業の本質的な役割は、顧客が抱える悩みを解決すること。 今では常識的なこの考えも、これまでの営業の…
  2. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…
  3. JTが電気タバコ「プルーム・テック」を発売!アイコスを追随

    電気タバコ「プルーム・テック」をJTが全国発売!アイコス追随なるか

    日本たばこ産業(JT)は2017年から電気たばこ「プルーム・テック」の販売を全国で開始することが発表…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 書類の電子化普及に伴ってボールペンを使用する機会は減少傾向にありますが、顧客と直接会って商談を行って…
  2. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
  3. インターンシップを実施する企業と参加する学生の数は、毎年右肩上がりで上昇している状況にあります。マイ…
  4. 日本は時代のグローバル化と共に欧米先進国に見習って、オフィスや公共施設等を中心に禁煙化を進めてきたこ…
  5. 会社説明会に参加する場合の服装はリクルートスーツで臨むことが基本であり、マナーと言えます。しかしなが…
  6. ビジネスマンの方なら「内部統制」という言葉は御存知でしょうが、その正確な定義について説明を求められた…
ページ上部へ戻る