【ノーネクタイは失礼?】クールビズで客先訪問するときのマナーまとめ

近年、夏が近づくとノーネクタイで取引先へ向かうサラリーマンの方を目にする機会が増えました。クールビズはかなり浸透してきましたが、歴史としてはまだまだ浅い習慣です。政府も推奨するエコに関連した事柄であることから、初対面のお客様とノーネクタイで会うことが相手に失礼な印象を与えるという意識はなく、むしろ暑い季節に適したビジネスマナーを率先して取り入れているという気持ちの方も少なからず存在します。

しかし、相手によってはその感覚は全く通用せず、対人関係に摩擦を生んでしまうこともあるので、全ての人に受け入れられる習慣だと思い込まないように注意すべきです。取引先に訪問する際、クールビズの軽装は失礼だという意識も年々薄れています。こうした思い込みが会社関係における不信感を招くこともあるため要注意。ここでは、クールビズで客先へ訪問する際のマナーについて解説します。

客先ではネクタイ着用・スーツ着用が基本

客先ではネクタイ着用・スーツ着用が基本

客先が新規顧客の場合

営業マンであれば、新規顧客を求めて飛び込み営業をすることもあるでしょう。この場合はネクタイを着用するのが鉄則です。

相手企業がクールビズを推奨しているのか、そうでないかが不透明なうちは、ネクタイを締めてスーツジャケットを羽織ってから訪問しましょう。スーツを着用していれば、先方がクールビズであってなくても失礼になることはありません。営業は常に相手目線で物事を考えるべき。「暑いから」といって、自分にとって楽な服装を選ぶのはマナー違反です。

客先が付き合いの長い取引先の場合

社外の人と会うとき、基本はスーツ・ネクタイ着用をすべきです。特に、あなたの会社が仕事を受けている側(お金を受け取る側)の場合は厳守しましょう。ただし、昔から継続的に取引のある会社に訪問し、担当者のみならず社員の方々と親しい間柄であり、尚且つ先方の会社もクールビズを推奨しているのであれば、相手に断りを入れたうえでジャケットやネクタイを外しましょう。くれぐれも「相手の会社がクールビズだから私も」と勝手に判断しないように注意が必要です。

客先でのクールビズの注意点

客先でのクールビズの注意点

客先の担当者がクールビズなら脱げば良いだけ

予めスーツを着用していれば、相手がクールビズなら上着を脱いで対応することもできます。反対に、初めからクールビズに準じた服装で訪問した場合、相手の服装を見て「しまった!」と思い、慌ててスーツを着用するのは不自然です。

2回目以降の服装は相手に合わせる

初回の接点で相手のことを知り、2回目以降は相手の習慣に合わせることができれば、余計な心配をすることなく付き合いを深めていくことができるでしょう。仕事着を決める際、一番大切なのは相手に対して敬意ある服装かどうか。清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

クールビズかどうか曖昧な場合は聞いてみる

相手の会社がクールビズを推奨しているのか曖昧な場合は、話の流れの中で自然に聞いてみてはいかがでしょうか。自社がクールビズを推奨している旨をさりげなく伝え、次回以降の訪問時はクールビズでも問題ないことを確認しておけば安心できます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司・先輩・同僚の違い

    社会人になると、職場に上司・先輩・同僚などの立場の人と上手く付き合っていく必要があります。しかし、役…
  2. 上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    仕事が終わって帰り支度をしていたら、上司から「このあと飲みに行かないか」と誘われた経験、ありませんか…
  3. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社の説明会において一通り会社側の説明が終わった後、通常実施されるのが学生側からの質問受付です。では…
  2. ビジネスなどの場でメールをいただいたときに、その最後に「返信不要」と書いてあることがしばしばあるかと…
  3. 領収書を受け取る際、正式な社名を伝えず「宛名は上様でお願いします」と依頼すること等があると思われます…
  4. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  5. 契約書の作成や送付はビジネスマンにとって重要な業務であり、社会人にとって最低限のビジネスマナーだと言…
  6. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
ページ上部へ戻る