【ノーネクタイは失礼?】クールビズで客先訪問するときのマナーまとめ

近年、夏が近づくとノーネクタイで取引先へ向かうサラリーマンの方を目にする機会が増えました。クールビズはかなり浸透してきましたが、歴史としてはまだまだ浅い習慣です。政府も推奨するエコに関連した事柄であることから、初対面のお客様とノーネクタイで会うことが相手に失礼な印象を与えるという意識はなく、むしろ暑い季節に適したビジネスマナーを率先して取り入れているという気持ちの方も少なからず存在します。

しかし、相手によってはその感覚は全く通用せず、対人関係に摩擦を生んでしまうこともあるので、全ての人に受け入れられる習慣だと思い込まないように注意すべきです。取引先に訪問する際、クールビズの軽装は失礼だという意識も年々薄れています。こうした思い込みが会社関係における不信感を招くこともあるため要注意。ここでは、クールビズで客先へ訪問する際のマナーについて解説します。

客先ではネクタイ着用・スーツ着用が基本

客先ではネクタイ着用・スーツ着用が基本

客先が新規顧客の場合

営業マンであれば、新規顧客を求めて飛び込み営業をすることもあるでしょう。この場合はネクタイを着用するのが鉄則です。

相手企業がクールビズを推奨しているのか、そうでないかが不透明なうちは、ネクタイを締めてスーツジャケットを羽織ってから訪問しましょう。スーツを着用していれば、先方がクールビズであってなくても失礼になることはありません。営業は常に相手目線で物事を考えるべき。「暑いから」といって、自分にとって楽な服装を選ぶのはマナー違反です。

客先が付き合いの長い取引先の場合

社外の人と会うとき、基本はスーツ・ネクタイ着用をすべきです。特に、あなたの会社が仕事を受けている側(お金を受け取る側)の場合は厳守しましょう。ただし、昔から継続的に取引のある会社に訪問し、担当者のみならず社員の方々と親しい間柄であり、尚且つ先方の会社もクールビズを推奨しているのであれば、相手に断りを入れたうえでジャケットやネクタイを外しましょう。くれぐれも「相手の会社がクールビズだから私も」と勝手に判断しないように注意が必要です。

客先でのクールビズの注意点

客先でのクールビズの注意点

客先の担当者がクールビズなら脱げば良いだけ

予めスーツを着用していれば、相手がクールビズなら上着を脱いで対応することもできます。反対に、初めからクールビズに準じた服装で訪問した場合、相手の服装を見て「しまった!」と思い、慌ててスーツを着用するのは不自然です。

2回目以降の服装は相手に合わせる

初回の接点で相手のことを知り、2回目以降は相手の習慣に合わせることができれば、余計な心配をすることなく付き合いを深めていくことができるでしょう。仕事着を決める際、一番大切なのは相手に対して敬意ある服装かどうか。清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

クールビズかどうか曖昧な場合は聞いてみる

相手の会社がクールビズを推奨しているのか曖昧な場合は、話の流れの中で自然に聞いてみてはいかがでしょうか。自社がクールビズを推奨している旨をさりげなく伝え、次回以降の訪問時はクールビズでも問題ないことを確認しておけば安心できます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【効率良く質の高い意見を引き出す】良い会議の進め方

    会議は社員の意見をまとめて会社の方向性を定めたり、意思決定を行う大事な役割を果たしています。ですが会…
  2. 仕事がつまらない7つの原因とその対処法

    入社当初は、仕事を覚える楽しさや新しいことに挑戦する刺激を感じていたのに、時が経てば仕事に対する情熱…
  3. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要…
  2. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
  3. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  4. 事務系の仕事に限らず、ビジネスマンが様々なビジネスシーンで活用している表計算ソフトと言えばマイクロソ…
  5. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
  6. 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時間の関係で夜遅くで…
ページ上部へ戻る