【日経新聞はなぜ読むべきなのか】読まない人が仕事で苦労する理由

皆さんは日経新聞を読んでいますか。ネット社会の発展によって、社会における様々なニュースは「無料」で数多く得られるようになってきました。「日経新聞を読まなくともニュースや経済情報はたっぷり得られるのだから、わざわざ読む必要はないのでは」と考える方が増えたとしても不思議ではありません。しかし、日経新聞には特にビジネスマンにおいて、ネットのニュース情報では得られない優れたメリットがあり、逆に読んでいなければそうした恩恵が得られず仕事で苦労することにもなります。ではなぜ日経新聞を読まないと仕事で苦労することになるのか。ネットニュースとの比較等も交えながら、ホワイトカラーのビジネスマンなら日経新聞を読んだ方が良いと言われるその理由について御紹介することにします。

ネットニュースは記事を選んで読むため、情報の偏りが生じやすい

ネットニュースは画面に並んだヘッドラインをクリックしないと記事内容を読むことができません。その結果、知らず知らずの内に「自分が気になるニュース」「関心のあるヘッドライン」だけをチョイスして読むようになってしまいます。しかも多くのニュースサイトが分単位や時間単位で次々と記事が更新するため、パソコン画面やスマホを開いたタイミング次第では存在自体に気付かないまま「過去の記事」となってしまう記事も少なくありません。

つまりネット上のニュースだけでは「今日起きた様々な出来事」ではなく、「今日起きた様々な出来事の中で、自分がスマホを開いたタイミングで関心を持った出来事」ばかりを選択し、読んでしまいがちになり、その結果、本人が無自覚なまま「情報の偏り」が生じてしまいます。こうした情報の偏りは、特にホワイトカラーのビジネスマンにとってはボディーブローのように少しずつ仕事の生産性や円滑なコミュニケーションを蝕むことになります。その点で、日経新聞に限らず紙媒体の新聞に共通して言えることですが、新聞紙は捨てない限り「今日の記事」がどこかに追いやられる心配がありません。

また新聞紙は政治、経済、スポーツ、社会等々様々なジャンルの記事がヘッドラインだけでなく記事内容と共に紙面ごとに紹介されています。それにより、新聞の紙面を開けば関心の度合いが少々低くい記事内容でも拾い読み程度ならすぐにできますので関心が薄いテーマでも情報を得る機会が必然的に増え、情報の偏りがかなり軽減されることになります。

社会的関心事や重大性の高い記事をすぐに把握できる

ネットニュースでも記事に対するアクセス数のランキング等は表示されているものの、記事内容によって例えば画面サイズが視覚的に大きく変わるといったことはまずありません。どのような記事も基本的には同じ画面サイズのもと同じような情報量で紹介されるため、記事ごとの社会的影響度や重要性等を視覚的に掴むことが難しいというデメリットがあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    営業の本質的な役割は、顧客が抱える悩みを解決すること。 今では常識的なこの考えも、これまでの営業の…
  2. 「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」のそれぞれの意味と違い

    お客様や上司から何らかのリクエストや指示などを貰った際に、それを引き受ける場合に皆さんは「了解しまし…
  3. 新卒営業マンの不安と解消方法

    新卒営業マンの不安と解消方法

    ほとんどの新卒社員にとって、人生初めての「営業」は不安でしょう。顧客や見込客に商品やサービスを紹介し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 自分の働き方を考える上で、「会社」だけではなく「職種」の選択がとても重要になってくることは言うまでも…
  2. 面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  3. 昨今、各転職サイトがこぞって力を入れてアピールしているのが「非公開求人」です。確かに「当サイトだけの…
  4. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  5. ビジネスマナーを知らずにいると、自分の気が付かないところで失礼な振る舞いをしてしまい、それが原因でビ…
  6. 年末年始の挨拶を「メール」で行うケースは増えており、インターネットの利用率の高まりなどを背景に今後さ…
ページ上部へ戻る