営業マンのネクタイの色・柄の選び方

営業マンにとって身だしなみが大切であることは言うまでもありませんが、中でも「第二の顔」と言われるネクタイの選択は商談の成否を左右するといって良いぐらい特に重要です。そこで今回は、営業マンがネクタイを選ぶ場合のポイントなどをお伝えすることにします。


①ネクタイ選びは色選び

「ネクタイ選びは色選び」と言われるほど、ネクタイを選びで特に大切なのが「色」です。色には人の印象を変える力があるからです。では、色がどのような印象を与えるのか簡単にご紹介します。

「赤色系」

赤は「パッション」即ち情熱的なイメージを与えます。意欲的、或いは元気なイメージを与える一方、攻撃的、或いは挑戦的なイメージを与える場合もあります。

「青色系」

知的で冷静なイメージを与えます。或いは落ち着きのあるイメージを与えるのも青色です。ただし水色など明るい色合いではない場合、冷たい印象を与えることもあります。

「黄色系」

赤同様元気な印象を与える色です。ただ、赤と異なり挑戦的といった印象ではなくユーモアを醸し出し、親しみやすい印象があります。そのため少しおちゃらけたイメージを与える可能性もあります。

「緑色系」

緑は自然の色であり、人が安心感を感じやすい色です。そのため「穏やかさ」といった印象を与えたい場合には適した色ですが、色合いによってはやや幼稚な印象を与える場合もあります。

このように、色にはそれぞれ一長一短があることをまず理解しておくことです。その上で、営業マンは「営業の場面」もしくは「自分に対する他人の印象」に応じてネクタイの色を使い分けることが大切になってきます。例えばいつも人から「見た目がこわい」といった印象を持たれがちなら、赤より黄色や緑色を選んだ方が良いでしょうし、ある程度商談が進み、最終的なプレゼンで決まるといった場合は赤色を選ぶといった具合です。


②営業マンは柄の選択にも気を使いたい

ネクタイ選びで色についで大切になるのが「柄」です。色同様、代表的な柄の特徴についてもご紹介しましょう。

「無地」

一言で言えば「無難な柄」と言えるのが無地です。選択する色にもよりますが、Yシャツやスーツとのコーディネートもしやすいので組み合わせで失敗するケースも少ないと言えます。反面、柄を通じて個性や印象を引き立たせることは難しいと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法

    人とのコミュニケーションは、人間関係を構築するための基本的な能力。相手との距離感や状況を理解して、適…
  2. 売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    営業成績が常に上位のセールスマンは、強い営業マインドを持って、日々お客様と接しています。成果がなかな…
  3. ミシュラン一つ星ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」が海外展開へ!

    ミシュラン一つ星ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」が海外展開へ!

    「ミシュランガイド東京2016」でラーメン店としては世界初の一つ星を獲得した「Japanese So…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職がキャリアップ上必須となっている米国などと異なり、日本はまだまだ終身雇用的な労働文化が根強い国で…
  2. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  3. インターンシップを実施する企業と参加する学生の数は、毎年右肩上がりで上昇している状況にあります。マイ…
  4. 当サイトですっかりお馴染みとなっています「非常に類似した用語の違いを説明する」シリーズとして、今回は…
  5. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
  6. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
ページ上部へ戻る