内向的な性格の人の15の特徴

内向的な性格の人の15の特徴

内向的とは

「内向的」とか「外交的」といった言葉を聞くことがあります。「外交的」は文字通り外に出て活発に人と交際するというような社交的なイメージがありますが、「内向的」はいかがでしょうか。人見知り、恥ずかしがり屋、インドア派、人と話すことが苦手、一人でいるのが好きなどといったイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、これは単なるイメージに過ぎません。内向的とは心が内向性ということを示します。そもそも、この「内向性」という言葉はユングによる性格分析の一つです。自己の内面に関心を持つということの表れで、控えめではあるものの思慮深い、関心が内に向いている、自らの考えを表現するのが苦手などといった特性を持ちます。

内向的な性格の人の15の特徴

それでは内向的な性格の人の特徴を見ていきましょう。

1.よく考えてから話す

内向的な人は言葉を慎重に選びます。一言一言考えて話すことが多いため反応が悪いとか無口と思われることもしばしばです。しかし思慮深いことから、慎重な判断や決断ができる人でもあります。

2.想像力がある

内向的な人は空想することが大好きです。一人で考えていることが好きなので、空想の世界がどんどん膨らんでいきます。そうしたことからストーリーをつくりあげたり新たな考えを見つけたりする能力に優れているのです。文学作品や楽曲、そして絵画などの芸術、これらをつくりあげる人は内向的な性格の人が多いといわれています。内向的な人がいなかったらこの世にある多くの作品は生まれなかったかもしれません。

3.集中力がある

内向的な人は自分の好きな世界に没頭することができるため集中力も高いとされています。なにかに集中すると周りが見えなくなるという一面も持っています。

4.目が合うと視線をそらしてしまう

会話をしているときに目が合うと、ついつい視線をそらしてしまう。内向的な人に良くあるとされている特徴です。決して人と話すのが嫌いというわけではないのですが、得意というわけではないのです。その性格からか本当は楽しく話をしたいと思っていても会話が成り立たなくなってしまうことも多々あります。

5.自分の殻に閉じこもりがち

人と話すのが苦手なため他人と積極的にコミュニケーションをすることができません。そのため自分の殻に閉じこもってしまう傾向があります。しかし、実は仲良くしたいと思っていることが多いのです。

6.信頼される

コミュニケーション下手な内向的な人ではありますが、外交的な人よりも信頼は得やすいという特徴があります。心の内面で考えて行動するためしっかりとした結論をだすということがその所以かもしれません。

7.小さな刺激で脳が活性化

内向的な人はさほど大きな刺激がなくとも脳が活性化するといわれています。対して外交的な人は大きな刺激がなければ脳が活性化しないとも言われています。ある意味効率が良いのかもしれません。

8.自問自答する

内向的な人は思慮深いため、なにかにつけて自問自答する習慣があります、「これはこうだ」とか常に心の中で呟いているのです。

9.一人でも楽しく過ごせる

外交的な人はワイワイガヤガヤとした雰囲気が好きですが、内向的な人は落ち着いた場所を好む傾向があります。一人でも楽しく過ごすことができることから新たな刺激を求める必要がありません。

10.話を聞いてくれる

内向的な人は人の話を真面目に聞きます。きちんと話を聞いてくれているので、答えもきちんとしたものが返ってきます。仕事関係の付き合いでも友達同士でもそれは変わりません。また、SNSなどの発言にちゃんと答えてくれる人も内向的な人の方が多いのです。

11.ネット好き

内向的な人はリアルな世界よりもバーチャルな世界を好みます。SNSやゲームはもとより、ネット関連のビジネスなどを手掛ける人も多くいます。

12.見守ってくれる

内向的な人は自分の意見を押し通したり命令したりすることを好まないことから、良い上司となってくれる可能性も高い人です。また、部下の意見を尊重し部下の成長を見守ってくれる存在でもあります。

13.口下手

内向的な人は口下手な傾向にあります。話すことが苦手なためハキハキと話すことができません。しかし、逆に流ちょうに話す人よりも話が信用できるといわれています。

14.物事に慎重

内向的な人は物事に慎重です。さまざまなことを腰を据えて考えることから慎重に結論を導き出します。何事も軽く考えないことから時間はかかりますが、論理的に結論を導き出します。

15.感性が豊か

内向的というと、無表情とか無反応といったイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、実は顔に出さないだけで感情は豊かなのです。喜怒哀楽の表現に乏しいようにも見えますが、感性が豊かな人でもあります。ただ、ストレスを発散することが苦手なため注意が必要です。

内向的な人の特徴についてお伝えしました。少し地味なイメージがある内向的な人、実はさまざまな顔を持っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 責任転嫁する上司の対処法

    責任転嫁する上司の対処法

    あなたの会社には、ミスや失敗を責任転嫁する、無責任な上司はいないでしょうか?ミスが発覚すると「この問…
  2. 自責思考・他責思考の4つの違い

    自責思考・他責思考という考え方がビジネスシーンで注目されています。問題が起こった時に自らを変革するこ…
  3. 人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りは、できる営業マンから最もかけ離れたタイプの人……という印象を持っていないでしょうか。けれど…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか
    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…
  2. 日本語が難しく感じられる理由の一つに「同音異義語」があります。例えば「しこう」と言われただけでは「思…
  3. ボーナスを受け取っている皆さん方にとって、年2回のボーナスシーズンは大変心待ちどおしい時期だと言って…
  4. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
  5. ボーナスの使い道は会社員の人生設計においてとても重大なことであり、また悩ましいテーマでもあります。そ…
  6. 今回は経営コンサルタントを選ぶときの注意点を御紹介することにします。実は当編集部には現役の経営コンサ…
ページ上部へ戻る