MRの仕事内容・年収・離職率とは

MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について皆さんはご存知でしょうか。今回はMR職の仕事内容や平均的年収、離職率等について皆さんへ御紹介して参ります。


MRの仕事内容とは

MRとは、まず職種で言えば「営業職」にあたります。営業職であるMRの仕事内容を簡単に説明するなら、自社の薬品等を使用してもらえるよう、病院や診療所を訪問し医師や薬剤師に働きかけたり、医師や薬剤師等から自社薬品に対する相談や注文依頼があった場合にはそれらに応じたりすることと言えます。つまり主要な交渉相手は医師や薬剤師、特に医師となりますが、医療業界は日進月歩の勢いで日々新しい治療法や薬が開発されている状況にあり、医師はそうした新しい情報を常に求めています。

そこで、そうした医師の情報ニーズにも的確に応えることができるよう、MRも自社の薬品だけでなく学会等による医薬情報の発表等に目を光らせ、タイムリーに医療に関する最新情報を提供できるよう努力する必要もあります。また、医師はとても多忙であり、簡単に面会できるものではありません。そのため医師の診察の合間をぬって面会を求めた上で、自社の薬品等を簡潔に要領よく説明することが求められます。時間をたっぷりかけて相手を口説くスタイルの営業では通用しないのです。

一方、もし医師とゆっくり話ができる機会があるとすれば休日の接待ゴルフの機会といった場合です。従って、通常の営業活動と共に医師をゴルフ等でもてなす接待も、実はMRにとって重要な仕事だと言えます。


MRの年収

株式会社インテリジェンス社が運営している求人情報サイト「DODA」において発表されている「平均年収/生涯賃金データ」によると、MRの平均年収は703万円となっており、一般的サラリーマンの年収と比較した場合には高水準の年収であると言えます。ちなみに年代別にみた場合、20代が515万円、30代が711万円、40代が974万円となっています。30代で年収700万円を超える職種は少なく、収入面でみた場合、MRは大変魅力的な職種だと言って良いでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 課長になれる人となれない人の違いとは

    まじめにコツコツと頑張っていれば、部下を持たない係長まで昇進できる会社は比較的多いと思いますが、部下…
  2. 上司の家に招待されたときの手土産マナーまとめ

    上司の家に招待されたときの手土産マナーまとめ

    いつもお世話になっている上司宅に食事に招かれるという時、当然、手ぶらで伺うわけにはいきません。ですが…
  3. 営業ができる人とできない人の3つの違い

    営業マンの評価は「営業成績」で決まるといっても過言ではありません。 そのため、営業の世界は…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職において第一関門となる書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書が重要になってくることは申し…
  2. 営業マンの給与形態は大きく「フルコミッション」と「固定給」の二つに分けることができます。両者の給与形…
  3. お世話になっている取引先の事務所等が移転した場合、移転祝いのメールを送ることはマナーと言って良いでし…
  4. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  5. 今回はビジネスの基本、「拝啓」と「敬具」の意味や使い方について解説していきます。ビジネスマナーについ…
  6. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
ページ上部へ戻る